• MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

最新号のご案内

MonoMax 7月号

6月9日(水)
980円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

あの「G-SHOCK」が遂にスマート化! 5月15日よりマルチスポーツ対応G-SQUAD PROを発売

カシオ計算機は、耐衝撃ウオッチ「G-SHOCK」のスポーツライン“G-SQUAD”の新製品として、マルチスポーツ対応の機能・仕様を備えたWear OS by Google™搭載スマートウオッチ“G-SQUAD PRO”『GSW-H1000』を5月15日に発売します。

“G-SQUAD PRO”は、スポーツに特化した“G-SQUAD”シリーズの最上位モデル。耐衝撃性や20気圧防水といった“G-SHOCK”ならではのタフネス性能を備えながらWear OS by Googleを初搭載したことで、Google アシスタントや、メール・電話着信などの各種通知に対応。Google Fit™、Google マップ™をはじめとした多彩なGoogleアプリサービスを通して、ランニングや屋内ワークアウト、ロードバイク、水泳から、サーフィンやスノーボードなどのエクストリームスポーツまで、幅広いシーンで活躍します。

本体には、心拍計測が可能な光学式センサーに加え、方位・高度/気圧・加速度・ジャイロセンサーやGPS、さらにマイクや充電端子を装備。20気圧防水に耐えるガラスの厚みを保ちながら、スムーズな画面のタッチ操作を可能にしています。

GPS衛星から位置情報を取得することで、走行ルートや距離、速度など幅広いスポーツをサポートするデータの計測が可能に。カシオ独自のアプリを使えば、15種のアクティビティと24種の屋内ワークアウト※1に対応しています。※1 24種目に加えて、最大8種目までオリジナルの屋内ワークアウト種目を追加可能。

「GSW-H1000-1(ブラック×ブルー)」

「GSW-H1000-1A(ブラック)」

「GSW-H1000-1A4(レッド)」
いずれも価格は88,000円(税込み)。5月15日発売予定。

さらに、スマートフォンの専用アプリ「G-SHOCK MOVE」でデータを管理することで、アクティビティの履歴や分析、進捗確認 など、トレーニングに役立つ様々なログをアプリ上で簡単に管理。 アプリの新機能「センサーオーバーレイ」でアクティビティ計測中に撮影した動画・静止画と計測情報を重ねたビジュアルを作成し、SNSでシェアすることも可能です。

また、別売りのモーションセンサー「CMT-S20R-AS」(別売)と接続すれば、ランニング時のフォームチェックも可能。走行中、モーションセンサーで解析したランニング指標をリアルタイムに表示でき、モーションセンサーで計測したデータをスマートフォンの専用アプリ「Runmetrix」※2に転送することでフォームを分析。ひとりひとりにあった改善点の把握やトレーニングの質を高めるのに役立ちます。
※2 Wear OS by Google用アプリ「Runmetrix」は、2021年6月提供開始予定。

表示部は、用途によって表示する情報を上中下の3段でカスタマイズできるカラーディスプレイ式のインターフェイス。視認性が高く、複数の情報を手元で簡単に把握することができます。柔軟性と耐久性を両立したソフトウレタンバンドに加え、バンドとケースの間にも装着感を高めるパーツを採用するなど、使いやすさも追求しています。

=詳しい情報はココをチェック!=
G-SQUAD PRO『GSW-H1000』
https://gshock.casio.com/jp/products/g-squad/gsw-h1000/

「Runmetrix」
https://runmetrix.casio.com/jp/

構成/編集部

この記事をシェアする

関連記事

この記事のタグ

今月の特別付録

monomax,モノマックス,付録,特別付録,エーグル,aigle,トートバッグ,豪華付録,

はっ水、充実のポケット……特別付録は、‟10大機能を備えた″…