MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

    2021/06/04 20:00

    ペヤングの”ねぎだく”な新作2品が思った以上にねぎだった!【食べてみた】

    まるか食品のペヤングシリーズから、「ペヤング ねぎ塩マヨやきそば」と「ペヤング ねぎラー油やきそば」が発売されました。ねぎがたっぷりと入っているだけでなく、お湯を切った後に入れる、後入れスタイルを採用することで、ねぎのザクザク感が強調されています。

    「ペヤング ねぎ塩マヨやきそば」と「ペヤング ねぎラー油やきそば」

    「ペヤングねぎ塩マヨやきそば」はコクのある風味が好きな人に!

    「ペヤングねぎ塩マヨやきそば」は、ねぎの風味と旨味が凝縮されている味にプラスして、さっぱりとした塩ベースのソースに別添のマヨネーズを加えて、コク深く仕上げる一品。

    早速作ってみました!

    「ペヤング ねぎ塩マヨやきそば」と「ペヤング ねぎラー油やきそば」

    お湯を入れて3分待ち、お湯を切ってソースをかけて、後入れねぎとマヨネーズを加えた状態。塩ベースのソースは麺にほぼ色がつきません。

    「ペヤング ねぎ塩マヨやきそば」と「ペヤング ねぎラー油やきそば」

    まぜると、ねぎの風味が強く香り、食欲をそそります!

    「ペヤング ねぎ塩マヨやきそば」と「ペヤング ねぎラー油やきそば」

    ある程度混ぜても、ねぎのザクザク感がおとろえず、心地よい歯ごたえ。塩ベースのソースは控えめな味付けで、まろやかなしょっぱさ。マヨネーズの甘味と麺の甘味をうまく引き立てている印象です。

     

    「ペヤングねぎラー油やきそば」はパンチのある味が好きな人に!

    「ペヤングねぎラー油やきそば」は、ねぎの風味と旨味は同じですが、醤油ベースにラー油とガーリックの旨味をプラスしたピリ辛ソースを採用。

    「ペヤング ねぎ塩マヨやきそば」と「ペヤング ねぎラー油やきそば」

    刺激的ながら、後を引く味わいとなっています。

    「ペヤング ねぎ塩マヨやきそば」と「ペヤング ねぎラー油やきそば」

    お湯を切るまでは、ねぎ塩マヨと同じ。ラー油ソースをかけて、後入れねぎをのせます。ねぎ塩まよもそうでしたが、今回はねぎが大量!

    「ペヤング ねぎ塩マヨやきそば」と「ペヤング ねぎラー油やきそば」

    まぜるとラー油の香りがたちのぼります。ねぎの風味はあまりない印象。

    「ペヤング ねぎ塩マヨやきそば」と「ペヤング ねぎラー油やきそば」

    ラー油の香りばかり目立っていましたが、口に入れてみると、ちゃんとねぎの風味とザクザク食感が楽しめます。ラー油ソースのピリ辛味は麺とねぎに中和され、刺激は抑えめ。辛い味が苦手な人でも楽しんで食べられそう。個人的にはラー油のほうが好きかも。

     

    ペヤングねぎ塩マヨやきそば
    ペヤングねぎラー油やきそば
    各¥213(税込み)
    発売日:2021年5月24日

     

    文・撮影/金山 靖

     

    モノマックスの記事をシェアする

    関連記事

    この記事のタグ

    今月のモノマックス特別付録

    【付録】毎日これ一つでお出かけ可能! 機能もデザイン性も抜群な「スマホショルダーバッグ」が1090円で付いてくる!

    【付録】毎日これ一つでお出かけ可能! 機能もデザイン性も抜群…