MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

最新号のご案内

MonoMax 11月号

10月8日(金)
890円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

個人間なのに会わずにカーシェア!? エニカが安心かつ便利に進化しました

一般のオーナーが所有するクルマに乗ることができるため、気分やシチュエーションに合わせて幅広いバリエーションのクルマを自由に選ぶことができるエニカ。

実際にクルマを持つとなると、本体のお値段だけではなく維持費など諸経費の出費がなかなか痛いもの。
購入を考えていたとしても、試乗はすることができるものの好きなだけ乗ってから購入するということも難しいです。
そのうえ、クルマを持っていたとしても、いろいろなクルマに乗ってみたい、という欲を満たすことはなかなか難しい……。

そんな多くの人々のお悩みを解決してくれる、ということで現在エニカが大注目されています!
2021年4月には会員数が45万人を突破しており、データからも安全な移動手段としてニーズが急増していることがわかりますね。

この度、そんなエニカが安全かつより便利に進化したのでその2大ポイントをご紹介いたします!

①個人間なのに無人受け渡しができる! エニカキー

エニカキーを導入しているクルマであれば、非対面でカーシェアをすることができるようになりました!
オーナーと直接会ってシェアすると、新たな繋がりが生まれたり安心感があったりとメリットが多数ある反面、現在の情勢上は少し不安を感じる方もいらっしゃったのではないでしょうか。

エニカキーが導入されたことで、

・非対面で受け取り・返却が可能
・深夜・早朝でも受け取りしやすい
・家の近くで乗りたい車種に最適

など、新たなメリットが盛りだくさん。

もちろんエニカのアプリ上でエニカキーを導入しているクルマが簡単に検索できるため、ご予約も簡単。
予約ができればあとは予約時間に駐車場へ行ってスマホからエニカキー(アプリ)を起動、ロック解除ボタンを押すことで、クルマを解錠することができます。

②個人間カーシェア専用保険「カーシェアプロテクト」がスタート!

カーシェアプロテクトは、エニカと損保ジャパンが共同で開発した個人間カーシェア専用の保険。
事前にクルマに適した補償プランをオーナーが設定し、ドライバーはその保険を契約することで設定された補償と共により安心安全なカーシェアを楽しむことができるようになります。

オーナーは、希望の補償内容を設定でき、
ドライバーは、オーナーが認めた保険に加入することで安心して運転することができる、
という双方にとってうれしい保険です!

新たに加わった主な補償内容は以下の通り。

【車両補償金額最大1000万円】
これまで限度額 300 万円だった車両補償金額に、新たに 600 万円、1,000 万円の選択肢が用意されます。
【運転中以外の事故や盗難も補償範囲に】
シェアしているクルマの使用中、または管理中の盗難・衝突・接触や偶発的な事故も補償の範囲とされます。
【詐欺・横領も補償範囲に】
詐欺・横領などの万が一のトラブルによってクルマに損害が生じた場合に、設定保険金額を限度に保険金が支払われます。

また、万が一の事故時のサポート体制充実のため、365日24時間対応可能な事故受け付け専用カスタマーサポートも開設。
連絡後、専任スタッフが迅速に事故時の初動対応をサポートしてくれます。

この保険は7/21から適用されますが、すでにアプリから7/21以降の予約も可能!

今なら表参道にあるR番地で、7/11(日)まで「RAIZIN meets Anyca」のコラボイベントを開催中。エニカ新規登録の方に向けて、特別クーポンも配布しているので、近くの方は立ち寄ってみるのもおすすめです。

 

いかがでしたか?
より便利に、より安心安全に進化したエニカをこの機会にぜひ利用してみてください!

 

お問い合わせ
エニカ公式HP https://anyca.net/

 

 

 

 

 

 

 

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

この記事のタグ

今月のモノマックス特別付録

monomax,モノマックス,付録,特別付録,豪華付録,ジムニー,ミニチュア,収納ボックス

【特別付録】タイヤ付きでコロコロ動かせる!あのSUZUKI …