MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

最新号のご案内

MonoMax 10月号

9月9日(木)
890円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

これは買いです! OCGのキャンプや車中泊で役に立つギア3選!

いきなりですが、読者の皆さんは車をお持ちでしょうか?
海外車・国産車など、いまや車メーカーも数多く存在し、お気に入りの車を見つけて乗りこなすなんてことも楽しいですよね。
ただ、お気に入りの車は見つけても、それを彩るカーグッズはいいものが少ない気がします。
そんな悩みをお持ちの方に是非とも読んでいただきたいのが、今回の企画です。
車業界に携わって50年以上の歴史を持つエーモンが手掛ける新ブランド“OGC(OUTDOOR GEAR for CAR)”がかなり良かったので、キャンプや車中泊で役に立つギア3選をテーマに、実際に使って試してみました!

1 ミリタリーなデザインに惚れます!どこにおいても絵になる凄いギアなんです!

キャンプ

では早速いきましょう!
まず1つ目がこちら“マルチバケット”です。
ミリタリーグリーンが自然によく馴染むカラーリングですよね。
本体素材にはEVAを採用し、軽量で水に強いのが特徴です。
さらに汚れても簡単に拭き取れる素材なので、靴などを入れて運んでも問題ありません。

キャンプ

持ち手にはDカンが付いており、カラビナなどを取付けられます。

キャンプ

水を溜めれるのもこのバケットのいいところで、キャンプで使った食器などをそのまま入れて食器用のバケツとして使うなんてこともできちゃいます。
容量も約16Lあるので、デュオキャンプくらいなら大活躍しそうです。

キャンプ

未使用時には折りたたんでコンパクトに収納できます。
別売りのストラップ等で固定すれば広がってこないのでオススメです。
1つあると重宝するバケットでした。

モデル名:マルチバケット
サイズ:約W35×H23×D23cm
素材:EVA(本体)・ポリエステル(持ち手)・POM(Dカン)
容量:約16L
参考価格¥3,300前後

2 デジタルツールのバッテリー問題を解決してくれるチャージャーです!

キャンプ

次は1つは必ず持っておきたいチャージャーを紹介します。
夏のキャンプや車中泊に欠かせないものといえば、スマホやランタン、タブレットや扇風機などなど。
意外と多いのがデジタルツールですよね。
バッテリーは持っているけど、充電口が足りない。。。
なんてことのない様に、1つは持っておきたいのがこのチャージャー!

キャンプ

使い方も簡単で、シガーソケットにつないでエンジンを掛ければOK。
USB Type-A 2.4A×2口、USB Type-A 1A×4口と計6口あるのでかなり使いやすいです。
Type-A専用なのでType-Cの方はご注意を。

キャンプ

もう1つの特徴として、車内の好きな場所で使えます。
粘着剤付きのマジックテープⓇがセットで付属されているので、空いてるスペースに固定することができます。
デジタルツールをよく使う方にこそ、オススメしたいのがこのチャージャーです。
付ける場所はよく確認して安全なスペースに取り付けましょう!

モデル名:USB チャージャー
サイズ:約W7.7×H9.5×D4cm
その他主な特徴:入力DC12V電源専用、出力USB Type-A 2.4A×2口/1A×4口 合計6口
、最大合計出力42W、使用可能温度範囲-10〜60℃、急速充電対応12W、コードの長さ約90cm(プラグ部分含む)、製品重量約190gなど
参考価格¥4,400前後

3 インでもアウトでも使えるユーティリティなライトです!

キャンプ

最後はこちらのライトを。
車中泊でもキャンプでも必須なのがライトなどの明かりです。
周囲に明かりがなければ、真っ暗すぎて何もできないなんてこともあるので、2つ以上光源は持っておきましょう!
中でもこのスクエアライトは色々なシーンで使えたのでオススメです。
まずは吊るして使うシーン。
車にある樹脂製フックに別売りのコードをかけて、ケースを通す。
すると天井からの明かりが確保できるので、照明のような使い方もできます。

キャンプ

次に卓上で使うケース。
専用ケースを外して、卓上でも活躍するのがこのライトのいいところ。
白色・暖色・白色+暖色の3パターンの点灯モードもあるので、好みの明かりに調整できます。

キャンプ

サイドのPUSHボタンを押しながらバーを回せば、4段階の角度調整もできます。
向きを微調整できるのって結構嬉しいです。

キャンプ

思わずスゴイ!と感心してしまったのが、専用ケースと本体のボタン位置です。
写真だとわかりにくいですが、専用ケースに収納した時に本体のボタン位置とピッタリ重なるので、ケースに入れたまま電源を入れたり、明るさの調整ができるんです!
こういう細かい作りの良さが日本ブランドのいいところなのではないでしょうか。
実はこのライトにはモバイルバッテリー機能も搭載しており、咄嗟の充電器としても活躍してくれるという機能付き。
まさに最強ライトでした。

モデル名:スクエアライト
サイズ:W11.6×H12×D4.3cm
充電時間:約7時間 ※電池の状況により異なります
使用光源:LED色温度・白色5500〜6000K・暖色3000〜3200K
明るさ:最大1000ルーメン ※当社実測値
連続点灯時間目安:100% 約10時間・60%約17時間・30%約35時間・3%約185時間・SOS約42時間 ※当社実測値
その他主な特徴:入力DC5V最大2.0A、出力USB Type-A 5V/2A、使用バッテリーリチウムイオンバッテリー18650、バッテリー容量10000mAh 2500mAh×4本、使用環境温度範囲0〜40℃、防水性能IPX2相当
参考価格¥8,800前後

車とアウトドアをつなぐ”をコンセプトにするOGCから
キャンプや車中泊に役に立つギア」を3つ紹介させていただきました。
無骨で男らしいデザインと、機能性の高さが特徴的なブランドでした。
今回紹介したギア以外にも、まだまだ良品が隠されていますので気になった方は是非ともチェックしてみてください。

[問い合わせ先]
エーモン
TEL:0790-22-6262
URL:https://www.amon.jp/

 

文/スタイリスト 小林 知典

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

今月のモノマックス特別付録

ロゴスが本誌付録に初登場! いろんな場所に吊り下げられる10…