MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

最新号のご案内

MonoMax 10月号

9月9日(木)
890円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

すべて2万円以下! 価格以上の価値を誇るファッションアイテム4選

日常生活において何かと大変なことが山積みなのに、満足にリフレッシュすることがなかなかできない今日このごろ。

そんなときこそショッピングでストレス発散してみてはいかがでしょうか。

ちょっと現実逃避したい、けれどそこまで贅沢はできない......。
そんな方におすすめしたい、すべて2万円以下で、価格以上の価値を誇るファッショアイテムをご紹介いたします!

エースから登場! ブレジャーに着目したバッグ

みなさん「ブレジャー」とはなにかご存じですか。
プレジャーとは、ビジネス+レジャーとのこと。オフィス感染を防ぐためテレワークは普及し、日本ではなじみの薄かったものの近年静かに広がりを見せているそう。

そんなブレジャーに着目したバッグがace.(エース)から登場しました。
その名もオンオフ兼用ビジネスカジュアルバッグシリーズ「ミルヒューズ」。

右から「ミルヒューズ トート横」1万8700円/W51×H34×D17cm(15.6inchPC対応)、「同リュック大」1万9800円/W31×H47×D18cm(15.6inchPC対応)、「同ボディバッグ」1万4300円/W35×H23×D9cm(11inch タブレット)

「ミルヒューズ」の開発のポイントは以下の2つ。

1)【ニューノーマル】多様化する働き方にフィットするデザイン
オンオフ兼用できるカジュアルデザインです。テープなどのディティールを取り入れミリタリーライクな印象に仕上げました。荷物が少ない日のショルダーバッグから、自転車乗車時に便利なボディバッグ、ワーケーションに使える大容量リュックまで、幅広いアイテムを取り揃えています。本体素材にコーデュラ® バリスティックナイロンを使用し、ミルスペックに準拠した耐久性を兼ね備えています。

2)オンオフ兼用】休日~ビジネスまでを快適にする機能
細々としたアイテムを収納できる「オーガナイザーポケット」、スーツケースに差し込んで固定できる「セットアップベルト」、「モバイル収納部」といった、オンオフ兼用できる機能を搭載しました。※型によって搭載されている機能が異なります。

上記3つのほかにも、ショルダー縦(9900円)、ショルダー横(1万2100円)、トート縦(1万7600円)、リュック小(1万8700円)を含めた全7型をラインナップする予定とのこと。
9月上旬発売予定とのことなので、いまのうちからチェックされておくことをオススメします!

真夏の足元にピッタリ! キーンのユニーク

次にご紹介するのは「キーン」の「ユニーク」のコラボレーションモデル。
鮮やかなデザインが真夏の足元を彩ってくれること間違いなしです。

ユニーク KEEN × GARCIA ¥ 16,500(税込)

2本のポリエステルコードを編み込んでアッパーを構成する「インターロッキングコードシステム」によって、伸縮性のある2本のコードが足全体をソフトに包み込み、激しい動きにもしっかりと対応してくれる、まさにサンダルとスニーカーの中間的シューズと言えます。

この度登場したコラボレーションモデルは、アメリカのロックバンド「Grateful Dead」の創設メンバーである「ジェリー・ガルシア」とのもの。
ユニークをベースに、ジェリー・ガルシアが生前に残した数多くのアートワークの中から「NEW YORK AT NIGHT」という作品をフィーチャーした柄で、鮮やかに彩っています!

伸縮性のある2本のコードが足全体をソフトに包み込み、激しい動きにもしっかりと対応しながら、優れた通気性も提供してくれます。
オシャレかつ、夏の暑い日にもうれしい構造!

真夏を乗り切るためにも、ぜひチェックをしてみてください。

大人の余裕が溢れる ブリティッシュメイドのオリジナルシャツ

次にご紹介するのは、人気セレクトショップBRITISH MADE(ブリティッシュメイド)のシャツ。モダンブリティッシュをテーマにしたオリジナルシャツの第3弾「ロンドン」です。

第1弾、第2弾と布陣は変わらず、デザイン監修はクラシックメンズウエア業界でNo.1の人気を博するスタイリスト・四方章敬氏、生産は日本随一のシャツメーカーとして知られる鎌倉シャツ。

“ドレスシャツを、あえてカジュアルに着る”というコンセプトを立て“ヒネリの一着”としてデザインした第2弾「ブライトン」に対し、「ロンドン」はあくまで“正統派のドレスシャツ”として考案したモデルだそう。

ヴィンテージのアメリカンシャツを参考にしたシルエットは、背中のボックスプリーツとゆったりしたフィッティングが特徴的。シャツをパンツにタックインしたとき、しっかりブラウジング(裾がウエスト部分で溜まること)するくらいのゆとりがあるクラシックなフィッティングにまとめています。

ストリート感溢れる! 新しいワークウエア

最後にご紹介するのは、総合作業服メーカー大川被服より登場したワークパンツです。

本アイテムは、多彩なジャンルでワールドワイドに活躍するペインター/アーティストMHAK(マーク)氏とコラボレーションし、ペインターやストリートに向けた新しいワークウエアシリーズのファーストモデル「MHAKワークパンツ ファーストモデル」。

MHAKワークパンツ ファーストモデル」1万4850円

抽象表現にこだわった独自の創作スタイルを追求し、壁画制作をはじめ、公共空間や国内外の有名企業、グローバルブランドとのアートワーク制作など多彩なジャンルでワールドワイドに活躍しているMHAK as MASAHIRO AKUTAGAWA氏のスタイルや想いに共感。
ともに新しいワークウェアを共創したいという願いから本プロジェクトがスタートしました。

高品質なストレッチ素材や動きやすい立体的なパターンによってMHAK氏がアートワーク制作等の際に着用したいと想う理想のワークパンツの機能性やデザインを追求。縫製等は岡山県倉敷市児島の総合作業服メーカーである大川被服の本工場で一本一本丹念に気持ちを込めて仕上げたこだわりの逸品とのことです!

いかがでしたか?
ワクワクするアイテム探しのお手伝いができていれば幸いです!

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

今月のモノマックス特別付録

ロゴスが本誌付録に初登場! いろんな場所に吊り下げられる10…