MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

(画像一覧)「プレデターか!」ってツッコミたくなるBMWの新顔、『M 1000 RR』の恐ろしいまでの実力とは?

【プレデターか!】ってツッコミたくなるBMWの新型、「M 1000 RR」の恐ろしいまでの実力!

【プレデターか!】ってツッコミたくなるBMWの新型、「M 1000 RR」の恐ろしいまでの実力!

最高速度は314km/hに達する「BMW M 1000 RR」

最高速度は314km/hに達する「BMW M 1000 RR」

怪物級「BMW M 1000 RR」のエンジンは、最高出力 156 kW(212 PS)/14,500rpm、最大トルク113Nm/11,000rpmを発揮

怪物級「BMW M 1000 RR」のエンジンは、最高出力 156 kW(212 PS)/14,500rpm、最大トルク113Nm/11,000rpmを発揮

「M 1000 RR」のエアロダイナミクスは最高速度を大幅に向上させ、コーナーでのバンク時にもダウンフォースを大幅に増加

「M 1000 RR」のエアロダイナミクスは最高速度を大幅に向上させ、コーナーでのバンク時にもダウンフォースを大幅に増加

エアロダイナミクスの開発に重点を置き、風洞実験とロードテストに多くの時間を費やした「BMW M 1000 RR」

エアロダイナミクスの開発に重点を置き、風洞実験とロードテストに多くの時間を費やした「BMW M 1000 RR」

フェアリングの横に張り出した「BMW M 1000 RR」の独特な形状のエラがエアロダイナミクスに貢献

フェアリングの横に張り出した「BMW M 1000 RR」の独特な形状のエラがエアロダイナミクスに貢献

フェアリングの横に張り出した「BMW M 1000 RR」の独特な形状のエラがエアロダイナミクスに貢献

フェアリングの横に張り出した「BMW M 1000 RR」の独特な形状のエラがエアロダイナミクスに貢献

「BMW M 1000 RR」はさまざまなパーツで軽量・高強度なカーボン・ファイバー製品を多用

「BMW M 1000 RR」はさまざまなパーツで軽量・高強度なカーボン・ファイバー製品を多用

量産市販車で初めて採用となったMブレーキ・ダクトはブレーキ・キャリパーの温度を低下させる重要なパーツ

量産市販車で初めて採用となったMブレーキ・ダクトはブレーキ・キャリパーの温度を低下させる重要なパーツ

「BMW M 1000 RR」は最高のラップ・タイムを達成させるため、足回りを最適化

「BMW M 1000 RR」は最高のラップ・タイムを達成させるため、足回りを最適化

「BMW M 1000 RR」の日本への導入は2023年夏頃と発表されている

「BMW M 1000 RR」の日本への導入は2023年夏頃と発表されている

記事に戻る

  • 【プレデターか!】ってツッコミたくなるBMWの新型、「M 1000 RR」の恐ろしいまでの実力!
  • 最高速度は314km/hに達する「BMW M 1000 RR」
  • 怪物級「BMW M 1000 RR」のエンジンは、最高出力 156 kW(212 PS)/14,500rpm、最大トルク113Nm/11,000rpmを発揮
  • 「M 1000 RR」のエアロダイナミクスは最高速度を大幅に向上させ、コーナーでのバンク時にもダウンフォースを大幅に増加
  • エアロダイナミクスの開発に重点を置き、風洞実験とロードテストに多くの時間を費やした「BMW M 1000 RR」
  • フェアリングの横に張り出した「BMW M 1000 RR」の独特な形状のエラがエアロダイナミクスに貢献
  • フェアリングの横に張り出した「BMW M 1000 RR」の独特な形状のエラがエアロダイナミクスに貢献
  • 「BMW M 1000 RR」はさまざまなパーツで軽量・高強度なカーボン・ファイバー製品を多用
  • 量産市販車で初めて採用となったMブレーキ・ダクトはブレーキ・キャリパーの温度を低下させる重要なパーツ
  • 「BMW M 1000 RR」は最高のラップ・タイムを達成させるため、足回りを最適化
  • 「BMW M 1000 RR」の日本への導入は2023年夏頃と発表されている

記事に戻る

この記事のタグ

モノマックスの記事をシェアする

今月のモノマックス特別付録

「豪華すぎる2点セット付録」チャムスのマルチツール&ブリキケースは日常、アウトドア、防災グッズとして超使える!

「豪華すぎる2点セット付録」チャムスのマルチツール&ブリキケースは日常、アウトドア、防災グッズとして超使える!