録画したテレビがどこでも見られるREGZA Tablet

ライター/岡安学

AT501_右フリ

家庭内LANに接続してある液晶テレビ「REGZA」や
BDレコーダー「REGZAブルーレイ」などと連携して
放送中の番組や録画した番組をどこでも観られてしまう
REGZAタブレット AT501が
2月15日より発売を開始!

キッチンはもちろん、寝室やトイレなど
どこでもテレビを観れてしまうので
家中持ち歩いてしまいますね。


さらに専用アプリを使って
録画番組をタブレットにダビングすれば
外出先に持ち出すこともできてしまう。

10.1型の大画面で
液晶テレビでも使われているIPS液晶を搭載。
視野角が広いので数人同時で観ても
キレイな画質で楽しむことができる。

持ち運ぶとなると
気になるのが重さと薄さ。
重さ625g、薄さ約10.5mmと
10型クラスのタブレットとしては
軽量薄型となっているので持ち運びはラクラクだ。

AT501_インターフェース_上側面
 約1cmの薄さはスマートフォン並。 

タブレットとしての機能も十分。
CPUはクアッドコアを使用し
OSは最新のAndroid4.1。
駆動時間10時間と1日持ち歩いても
十分なバッテリー容量を誇る。

REGZAサーバーでたくさん番組を
録りためたはいいけど、
リビングでじっくり観ているヒマがない!
なんて人にはオススメですよ。

東芝ホームページ
REGZAタブレット AT501製品情報

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグから探す

MonoMax Webを購読する

Twitterでフォロー

@MonoMaxWEB

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読