その美しさ4K並!シャープの新らしいアクオス クアトロン プロ【XL10シリーズ】

ライター/岡安学

RIMG0079

今やテレビの話題と言ったら4Kと言うのが
相場ですが、
ただ、価格的な面やコンテンツの少なさから
フルHDがまだまだ主流と言ったところでしょうか。

今回発表したアクオスは
そんな時代背景にピッタリな一台。
フルHDでありながら4Kに迫る高画質を実現しているのだ

アクオス クアトロン プロは
クアトロンの名の通り、光の三原色(赤、緑、青)に加え、 
黄色を加え、発色を向上させた
アクオスのハイエンドクラスのテレビだ。
さらにプロは
1画素内を分割して明暗を付けられる「超解像 分割駆動エンジン」が搭載され
これまで以上の鮮明な画像を表現できるのだ。

まぁ、なんていうか
フルHD以上、4K未満っと言った感じでしょうか。
 


RIMG0068
ちょっと写真ではわかりにくいが
フルHDでは線が潰れてしまっている場所でも
クアトロン プロなら、しっかり線が4本あるのがわかる。
4Kになると、それがさらに鮮明に見える感じだ。

RIMG0074
パネルはモスアイパネルを使用。
映り込みが少ないので、映像の邪魔にならない。

RIMG0072
最大出力35Wの3ウェイ5スピーカー「2.1chフロントサラウンド音声システム」を搭載。
映像に負けない、高出力で高品質な音声が楽しめる。

RIMG0081
スマートフォンの画面をワイヤレスで表示できる「Miracast」や
放送とインターネットを同時に表示する「ハイブリッドキャスト」
クラウド型のゲームサービス「G-cluster」
映画やドラマなど借りに行かなくても観られる「Hulu」など
先進の機能も豊富に搭載。
 
画面サイズは80V型、70V型、60V型、52V型、46V型の5サイズ。
80V型と70V型が12月10日、 
60V型、52V型、46V型 が11月30日に発売される。

消費税がアップする前に
冬のボーナスで思い切って買ってしまうのも
アリなんではないでしょうか。

アクオス クアトロン プロ商品詳細
シャープホームページ
 

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグから探す

MonoMax Webを購読する

Twitterでフォロー

@MonoMaxWEB

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読