これは本物!と膝を打った、コラボバッグが販売中!【ハンティング・ワールド×ナリフリ】

2016/09/27

アメリカンカジュアルの洗礼をうけたMonoMax世代にとって、金字塔の名に相応しいブランドはじつに様々ありますよね。けれど、その憧れが幅広い世代をのみこんで“時代を象徴する”とまでに謳われたブランドって、本当に少ないわけです。で、ここに紹介する<ハンティング ワールド>が、まさにそれ。1970年代生まれの先輩方、お待たせいたしました! <ハンティング ワールド>のニュープロジェクト「KEEP THE ADVENTURE ALIVE® -冒険に生きる-」から<ナリフリ>とタッグを組んだ、コラボバッグが新着です!

<ハンティング ワールド>と<ナリフリ>。一見して意外に思われる方は少なくないかも知れませんが、何はともあれ、まずはプロダクトのご賞味を。
160601_hunting-world-00015_final
キャリーオール 185,000円、バックパック 238,000円 各2色展開/ともにバチュー サーパス by ナリフリ

ラインナップするのは、上の2型。<ハンティング ワールド>の#3902をベースにしたキャリーオール、そして<ナリフリ>定番モデルをベースにしたバックパックです。どちらも主素材にバチュー・クロスを構え、互いのアイコンバッグにブランドらしいアプローチを重ねあわせているんですね。なので、キャリーオールをご覧いただくとわかる通り、フォルムは逆台形にアレンジされ、間口を広くとった形状は<ナリフリ>贔屓のメッセンジャーバッグさながら。
dsc0455
ほかにも、天部に当たるフラップにファスナーを走らせ、荷物の取出しをスムーズに。
dsc0679
羽根の角度を変えたストラップにはクロスストラップを装備してバッグの密着度を向上させ、自転車乗りに最適化されているんです。
arifuri_dsc0302
一方のバックパックはというと、サイドアクセスをはじめ、本来のユーティリティを残しながら、フルベジタブルタンニンレザー&ギボシ留めを採用。<ハンティング ワールド>流にスパイスを効かせて、グッとラグジュアリーにアレンジしているんですね!

しかも、ともにバチュー・クロスを採用していますから、たっぷりと容量をとったバッグでも、すこぶる軽量! 化繊ながら経年変化を楽しめるっていう点も、これから味わいを深める大人の所有物としてうってつけでしょ?

アラサーの視点からすれば新鮮だし、先輩や上司にドンズバな素材感ですからね。これが見合う年になるまで熟成させておくのも、ひとつの手だと思いませんか? <ハンティング ワールド>×<ナリフリ>。アーバンアウトドアのカテゴリーにおいて、これほど好相性の組み合わせはないんじゃないか、と感嘆する出来映えですよ、本当に。

<情報のおさらい>
バチュー サーパス by ナリフリ

#6010 キャリーオール (W36×H27×D9cm)185,000円
#6011 バックパック (W28×H47×D14cm)238,000円
問い合わせ/ハンティング ワールド ジャパン 03-6380-9077

関連記事

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグから探す

MonoMax Webを購読する

Twitterでフォロー

@MonoMaxWEB

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読