【集中連載】今語りたい名車 Car No.25 トヨタ プリウス

「グランツーリスモ」シリーズのプロデューサー、山内一典さんが毎号1台のクルマを取り上げてその魅力を語るMonoMax連載「山内一典が選ぶ今語りたい名車、未来も語りたい名車」。
このたび、当連載がめでたく25回を迎えます。
記念すべき第25回を飾るのは、現在話題沸騰中、日本を代表する1台である
トヨタ
プリウス
です。

成熟から成長へと転じ
さらに未来を見据えるプリウス

ike_4872_01

昨年の12月に発売開始となった、4代目プリウス。

ike_4882_01
その特徴的なスタイリング・デザインは賛否が大きく分かれ、話題となったが、実は中身のほうも大幅に進化していた。
まずプラットフォームが、商品力向上と原価低減を根幹にするトヨタのTNGAという新しいコンセプトで設計されたものとなり、乗り心地や走行性能が飛躍的に向上している。

ike_4877_01
同時に低重心化が図られているため、車高が低くなったにも関わらず居住性も高まった。
メカニカルな部分では、一部のグレードを除く全車にリチウムイオン電池が採用となり、バッテリー交換が不要になったほか、エンジンの改良やハイブリッド・システムの小型軽量化や高効率化が図られたおかげで、燃費も最高でJC08モード40.9km/Lへと向上。

プリウス初の電気式4WDモデルもラインナップされている。
価格は242万9018円から339万4145円となっている。

●ここにも注目!
エンジン+モーターのハイブリッド・システムは、トータルで170psに31.1kgmと充分な値。

ike_4907_01
実際に走らせてみても活発といえるレベルにある。
インテリアのデザインもエクステリア同様に特徴的だが、シートが改良されたことなども効いて快適性は大幅に向上している。

ike_4892_01

取材・文/嶋田智之 撮影/池之平昌信
(本文の内容は2016年本誌掲載時点のもの)

■関連記事
大注目!ナノ・ユニバースのBIGボストンバッグは、まさにプレミアムな仕上がりです!【MonoMax10月8日発売号特別付録】
15109_eyecon

発売前から話題沸騰!これまでに見たことのないインパクトの雑誌付録が登場します!【MonoMax11月号特別付録】
10152

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグから探す

MonoMax Webを購読する

Twitterでフォロー

@MonoMaxWEB

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読