【MonoMax限定】オンオフに使える!機能もデザインも満足な高コスパバッグの決定版!

機能・おしゃれさ・コスパの三拍子そろったビジネスバッグ!

先日、速報でお伝えしたMonoMax別注トランスコンチネンツの最新アイテム。

今回は、トートライクなビジネスバッグをフューチャー。

・ビジネスの即戦力になるほどの「機能的」。

・男の魅力を底上げしてくれるような「おしゃれ」さ。

・そして「高コスパ」で満足感が得られる。

という、三拍子がそろっている理由を解き明かします。

トランスコンチネンツ「ビジネスバッグ」¥13,000(税抜) W46×H37.5×D2/15cm 問ドウシシャ03-6408-5572

 

【機能】マチ幅アレンジで容量が増える!

最大の特徴は、マチ幅が可変するギミックを搭載していることです。

底マチにホックボタンがついており、それを開け閉めすることで、マチ幅を変えることができます。

ホックボタンを留めたフラットスタイルでは、厚さはわずか2cm。筆記用具などの小物類と、あとはほんの少しの書類やノートPCだけ、というミニマムなビジネスモデルを実践している人には、こちらがピッタリでしょう。

ホックボタンを外すと、厚さは一挙15cmまでに拡大。より多くの荷物を収納できるので、持参すべき道具が多い商談時や、買い物を楽しむときのオフシーンなどで活躍します。

内装はこちら。スマホや手帳などを仕分けられる2つのオープンポケットのほか、対面にはファスナーポケットも装備。天ファスナー仕様で、不意に荷物が転落したり、周囲から中身をのぞかれたりといった心配がありません。

便利なのが、大型のフロントポケット。文庫本やペンケースなも、スイスイ入れておけます。マグネット留ストラップ仕様なので、開閉にもストレスがありません。

 

【おしゃれ】厳選素材から大人びた気品が漂う!

本体素材には潤沢な光沢を湛えたナイロンを起用。さらに落ち着きのあるレザーをハンドルやパイピングに付属させることで、大人びた気品を漂わせています。

持ち手は、伝統的な形をした丸ハンドル。乱れのないステッチワークからも、出来のよさが伝わります。

格調の高さが求められるビジネスシーンでは、シルクのように光沢するナイロンが洒脱なアクセントに。一方、落ち着きのあるレザーやハンドルなどのクラシックなディテールが、スーツスタイルにふさわしいクラス感を与えます。

カジュアルシーンでも違和感なくマッチ。レザーの台座の上にパッチされたブランドロゴも印象的です。

 

【高コスパ】これだけのクオリティで¥13,000!

これほど確かなクオリティを誇るビジネスバッグですが、価格はなんと¥13,000(税抜)。紛うことなき、高コスパアイテムです。

    

さらにMonoMax限定モデルには、オリジナルのペンホルダーが付属します。ペン先が出ており、ノック式ならそのまま使用することも可能なスグレモノです。写真のようにハンドルに巻きつけ、普段はカバンの中やフロントポケットに収納しておけば、いざというときにサッと書けて便利です。

 

カラーは、ここまでに紹介したベージュとネイビーの他、レッドとブラックを展開。色によってイメージもだいぶ変わりますので、自分好みのものを選びましょう。

 

数量に限りがありますので、気になる方は、ぜひこちらのサイトをチェックしてみてください。

 

宝島社STORE
http://store.tkj.jp/

 

取材・文/横山博之 撮影/村本祥一(BYTHEWAY)

関連記事

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグから探す

MonoMax Webを購読する

Twitterでフォロー

@MonoMaxWEB

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読