スマホの「目」、開くもつむるもあなた次第。インカメラの装備2選!

日進月歩で性能が向上していくスマホのカメラですが、ちょっとした装備でもっと写真映えを良くすることや、逆に目隠しすることも。インカメラとうまくつきあえるようになるオススメグッズを2つ紹介します。

 

さらに使い勝手を良くしたいインカメラ開眼派に!

物理的シャッターが可能になるiPhoneケース「SNAP!7」や、インカメラ用外付けレンズbitplayシリーズを開発したコペックジャパンから、便利なクリップが登場。

コペック「CLIP」¥1,890(税込) ポーチ付属

それがこちら、その名もズバリ「CLIP」です。

使い方はとてもシンプル。クリップのふたを上げたら、目印に沿ってiPhoneを挟み込むだけで装着完了。クリップの内側に施されたシリコン素材が、優しくしっかりとiPhoneを固定します。

これでbitplayの全てのレンズが、容易に着脱できるようになります。

bitplayのレンズは、一眼レフカメラのように広角、マクロ、魚眼、望遠、偏光と様々なラインナップを揃えています。シーンに合わせて、レンズを取り替えるのも、このクリップがあれば苦ではありません。

大がかりなカメラがなくても、iPhoneとこの小さなレンズたちがあれば、ハイクオリティな写真が撮れるようになります。

クリップは、メインカメラだけでなく、フロントカメラにも装着可能なので、自撮りの集合写真でも全員収めることができます。(HDワイドアングルレンズを使用の場合)

記憶はいつか色褪せてしまうから、せめて写真だけは鮮やかに残しておきたいもの。iPhoneのインカメラでもレンズを変えるだけで、今までの世界がもっと鮮やかになります。さらにこの CLIPを使えば、装着時のもたつきが解消され、きっと感動の瞬間も逃すことなく撮影できるでしょう。

 

コペックジャパン
https://superkopek.stores.jp/

 

 

セキュリティ的にインカメラを眠らせたい派に!

スマホやパソコンのインカメラは情報を発信する道具でもありますが、同時に外から内に入り込む窓でもあります。外部からの不正なアクセスを受けたり、ちょっとした操作ミスで、知らず知らずのうちに盗撮されているかも……?といった不安を感じる人もいるでしょう。

サンワサプライ「セキュリティシール SL-6H-3」¥1,180(3枚組・税抜)。

「プライベートや社外秘の情報を守るためには、カメラを物理的に遮断すればいいのだ!」という発想で誕生したのがサンワサプライのセキュリティシールです。

 

カメラを使いたいときは、ふたをスライドさせれば、OKです。

装着方法は、シールをはがして貼り付ける、以上。工具は一切必要としません。

シールを貼るだけだから、スマホだけでなくパソコンにも使えます。

このシールで外部から侵入を防ぐことができれば、自分の機器が情報漏洩の窓になることはありません。あらぬ疑いをかけられる前に、「李下に冠を正さず、インカメラに光を与えず」の心構えが必要かもしれません。

 

サンワサプライ
http://sanwa.jp/pr/SL-6H-3

 

 

取材・文/横山博之 写真提供/コペックジャパン、サンワサプライ

関連記事

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグから探す

MonoMax Webを購読する

Twitterでフォロー

@MonoMaxWEB

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読