ランティス祭りでハイレゾが聴き放題!【ランティス祭り・いい音ユニオン】

ライター/岡安学

P9140526

9月13~15日に東京お台場の潮風公園にてアニソンフェス「ランティス祭り」が開催されました。
中日である14日に遊びに行ってきましたが
音楽フェスの中でもトップクラスの大盛況ぶりと言った感じで
アニソン、アニメの人気の高さに圧倒されました。

目的はランティス祭りそのものだけでなく、
AVメーカー8社が共同出展した「いい音ユニオン」のブースを見学すること。
いい音ユニオンは圧縮音源以外のより良い音で
音楽を聴こうと提案するメーカーの垣根を超えたユニオンとのこと。
ハイレゾはもちろん、CD音源など、圧縮音源では味わえないいい音を聞いてもらうのが目的。

やはりいい音を理解してもらうには実際に聴いてもらうのが一番!ということで
各社からいい音が聴ける自慢の機材を持ち寄り、体感できるようになっていました。

もちろん、はじめてハイレゾや高音質音源を聴く人のために
わかりやすく、かつあまり高すぎない商品を用意。

音楽フェスやライブ会場で
AVメーカーが共同でブースを出すのは
異例のこと。
来場者にとってはいい音を体感できる良い機会となったので
今後もいろいろなイベントで出展して
いい音を広めて欲しい感じです。

 タイミング良くブースを訪れていたランティス宣伝本部の関根さんにお話も聞けました。
「紅白に出場した水樹奈々さんの存在やアニメ自体が一般層に受け入れられたことで
アニソンのヒットの上限も上がってきています。
アニソンはハイレゾに意欲的で、多くの楽曲をハイレゾで配信しています。
アニメファンは作品愛が強いので、良い音で聴きたくなるんでしょうね。
制作側としても、収録時とできあがった作品との音のギャップが少なくなっており、
届けたいものが届けられるようになった感じです」

ランティス制作宣伝本部関根氏。今回は女性比率が高く、親子連れも多かったと語る。アニソンが多くの人に受け入れられたのを感じたとのこと。

ランティス制作宣伝本部関根氏。今回は女性比率が高く、親子連れも多かったと語る。アニソンが多くの人に受け入れられたのを感じたとのこと。

 

アユートのコーナー。AK10のラブライブエディション、AK240、AK120Ⅱ、AK100Ⅱを展示。

アユートのコーナー。AK10のラブライブエディション、AK240、AK120Ⅱ、AK100Ⅱを展示。

 

SAECのコーナー。DM008Pを展示。

SAECのコーナー。DM008Pを展示。

 

DRBのコーナー。JADE NEXT fhánaモデル、JADE Soleil、JADE case DSD、JADE caseを展示。

ORBのコーナー。JADE NEXT fhánaモデル、JADE Soleil、JADE case DSD、JADE caseを展示。

 

FOSTEXのコーナー。HP-A4、TH-7Wを展示。

FOSTEXのコーナー。HP-A4、TH-7Wを展示。

 

KORGのコーナー。DAC-100/100m、AudioGate3を展示。

KORGのコーナー。DAC-100/100m、AudioGate3を展示。

 

TEAKとONKYOのコーナー。共同開発したHA-P50(TEAK)とDAC-HA200を展示。

TEAKとONKYOのコーナー。共同開発したHA-P50(TEAK)とDAC-HA200を展示。

 

FitEarのコーナー。オーダーメードイヤホンのカスタムイヤーを展示。

FitEarのコーナー。オーダーメードイヤホンのカスタムイヤーを展示。

 

ブースには来場者がひっきりなしに訪れた。

ブースには来場者がひっきりなしに訪れた。

 

もちろん、ランティス祭り自体も大盛り上がり。会場でも、ブースでもいい音があふれていた一日となった。

 

 

アユートホームページ

SAECホームページ

ORBホームページ

FOSTEXホームページ

KORGホームページ

TEACホームページ

ONKYOホームページ

FitEarホームページ

ランティスホームページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグから探す

MonoMax Webを購読する

Twitterでフォロー

@MonoMaxWEB

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読