長谷川等伯をしっているか?

編集部/金成

1539年、現在の石川県に誕生。
染物屋に養子にだされ、養祖父、養父に絵の手ほどきをうける。
その後、日蓮宗寺院に関わる仏画を中心に描き続け、

1571年、30代という決して若くはない年齢で、
新たな夢を求めて京都に上洛。

以降、50代まで消息不明。

その後、豊臣秀吉、千利休に寵愛され
数々の寺院の障壁画を手掛ける……

これだけでも興味をそそられますが、
(特に20年間消息不明のくだり)
等伯にまつわるエピソードがまたスゴイ!

等伯51歳の時、
大徳寺というお寺の襖に絵を描かせてくれといった
等伯に対し、住職は許可を与えなかったらしいのですが、
どうしても描きたかった等伯は、

住職の留守中に無断で部屋に駆け上がり、
一気に見事な山水図を書き上げたんだとか。

強引! 強気! 素敵!!

そんな長谷川等伯の展覧会が開かれているらしいです。
http://www.tohaku400th.jp/

開催期間が短いので、早めのチェックをおススメします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグから探す

MonoMax Webを購読する

Twitterでフォロー

@MonoMaxWEB

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読