フリーマンズ スポーティング クラブとループウィラーの共同製作! 日本でしか作れない「吊り裏毛」のスウェットとは……!?

12

ライター/河原井

 

ここ数年続くスポーツのトレンド。それは今季も継続しています。

流行に敏感でなくても、スニーカーやスウェットをすでに購入されたハズ!

 

 

でもよ~く考えてください。

 

みんな「同じもの」を持っている。

 

それじゃ男が立たないってことで、私はこのスウェットをオススメします。

 

手掛けるのはフリーマンズ スポーティング クラブとループウィラー。

 

 

まず、このふたつのブランドについての予備知識を

==================================

 

2005年にニューヨークにオープンしたフリーマンズ スポーティング クラブ。

“MADE LOCAL,BUY LOCAL.”をコンセプトを掲げ、普遍的なデザインと高い品質を持った

現代を生きる男性のための豊富なワードローブを提供しています。

 

対して、ループウィラーは1999年に誕生。

職人の技術を製品に落とし込んでいます。

例えば、日本でしか作ることができない「吊り裏毛」。

これを使って、1時間に約1メートルしか生産できない吊り編み機で

ゆっくりとテンションを掛けずに編んでいます。

 

==================================

 

ここまでで、何か共通点が見えるでしょうか?

両ブランドとも自国ならではの生産技術を大切にしているんです。

 

 

大量生産のアイテムとは一線を画した

特別な仕上がりを実感できると思いますよ!

 

 

さて、前置きが長くなりましたが、気になるアイテムについて紹介します。

 

 

今回特別にループウィラーのアイコンとも言える

左袖のブランドタグをネイビー×ネイビーにしています。

FSC_LOOPWHEELER_-PO_PARKA_e

 

また、首元と両脇にはガゼットを。

4 5

 

これが、フリーマンズ スポーティング クラブらしい

スポーティなデザインに格上げしているんです。

この機会にこだわりの強い大人のための1枚を

手に取ってみてもいいと思いますよ!

 

 

フリーマンズ スポーティング クラブ×ループウィラー

スウェット/パーカ

¥14,000(税別)/¥17,000(税別)

フリーマンズ スポーティング クラブ 東京 ☎03-6805-0490

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグから探す

MonoMax Webを購読する

Twitterでフォロー

@MonoMaxWEB

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読