MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

最新号のご案内

MonoMax 11月号

10月8日(金)
890円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

マツダMX-30は世界トップレベルのデザインとドライビングプレジャーを両立したEV!【今語りたい名車 Car No.47】

「素直にかっこいい」と思わせるスタイリングデザイン!

MAZDA マツダ モノマックス EV 山内一典 グランツーリスモ

「グランツーリスモ」シリーズのプロデューサー、山内一典さんが1台のクルマを取り上げてその魅力を語るMonoMax連載「山内一典が選ぶ今語りたい名車、未来も語りたい名車」。

本ブログでは、これまで当連載で扱ってきた名車を1台ずつ紹介しています。
第47回の名車はマツダMX-30です。
山内さんが、
「世界でもトップの領域にあるのがマツダのデザイン」
「走り出してすぐに“いいクルマだな”と感じられました」
と絶賛するMX-30とは、果たしてどんなクルマなのか?

MAZDA マツダ モノマックス EV 山内一典 グランツーリスモ

MX-30はマツダ初の量産のEV(電気自動車)として企画されたモデルで、2019年に世界に公開されました。

国内では、2020年秋に2L直4エンジンに24Vマイルドハイブリッドを組み合わせたモデルが発表され、2021年に入ってからピュアEVモデルが追加となっています。

プラットフォームなど基本的な部分をCX-30と同じくしながら、Dピラーが大きく寝かされたクーペ・デザインを採用。

MAZDA マツダ モノマックス EV 山内一典 グランツーリスモ

リアシートへの乗降性を確保するため、車両の両側に観音開きのフリースタイルドアを採用しています。

これは、マツダがかつて生産したスポーツカーRX-8以来となります。

スタイリングにこだわったデザインは高い評価を受け、日本カー・オブ・ザ・イヤー2020-2021のデザイン・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞!

MAZDA マツダ モノマックス EV 山内一典 グランツーリスモ

インテリアの素材や構成も含めて、全身がデザインコンシャスな作りとされているのがMX-30の最大の特徴といえます。

MAZDA マツダ モノマックス EV 山内一典 グランツーリスモ

ガソリン+マイルドハイブリッドにはFFと4WDがラインナップされていて、価格はFFが242万円~、4WDが265.65万円~。

ちなみにピュアEVはFFのみで451万円~用意されています。

取材・文/嶋田智之
(本文の内容は2021年本誌掲載時点のもの)

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

この記事のタグ

今月のモノマックス特別付録

monomax,モノマックス,付録,特別付録,豪華付録,ジムニー,ミニチュア,収納ボックス

【特別付録】タイヤ付きでコロコロ動かせる!あのSUZUKI …