MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

    【進め電動化!】MINIクロスオーバーPHEVに「アルバートブリッジ」が登場

    MINIクロスオーバー アルバートブリッジエディション & アルバートブリッジ

    イギリス発祥の伝統的ブランド「MINI」にあって、MINIクロスオーバーはゆとりのある居住性で高い人気を誇るモデル。車高を上げ、無塗装樹脂のフェンダーアーチを装備して、SUVテイストも加えている。そんなMINIクロスオーバーには時折特別仕様車が登場して話題になるが、今回は、MINIクーパーSE クロスオーバーALL4をベースにハイグレードな仕様を施した特別仕様車「アルバートブリッジエディションPHEV」が設定されて注目を集めている。

    テムズ川にかかる「ロンドンの橋」がモチーフ

    MINIクロスオーバーは伝統的ブランド「MINI」にあって、ブランドで初となる4WDを設定したり、プラグインハイブリッドモデル(PHEV)を真っ先にラインナップするなど、とくに先進的なモデルでもある。

    今回登場した特別仕様車「アルバートブリッジエディションPHEV」は、PHEVのMINIクーパーSE クロスオーバーALL4をベースに仕上げられたもので、「アルバートブリッジ」というモデル名はテムズ川にかかる「ロンドンの橋」の名前に由来する。

    今回、PHEVモデルの特別仕様車にその名称が与えられたことには、MINIブランドの強い意志が込められているという。MINIは2030年代に電気自動車にすることを目指しているが、PHEVモデルに「アルバートブリッジ エディション」の名称をつけることで、近い将来の電気自動車への架け橋と位置づけているのだ。

    ボディカラーはシックな色調の「ルーフトップ グレー」

    MINIクロスオーバー アルバートブリッジエディション

    MINIクロスオーバー アルバートブリッジエディション 外観リヤ

    ボディカラーには「アルバートブリッジ」をイメージして、MINI 3ドア/5ドア/コンバーチブルで人気のある「ルーフトップ グレー」を採用。ブラックルーフ、ブラックミラーキャップ、ピアノブラックエクステリアとのコンビネーションで、シックな印象としている。

    インテリアも凝っていて、MINIクラブマン専用シートとして人気を博したレザーチェスターインディゴブルーを特別装備。深く美しいブルーがドアトリムやダッシュボードのアクセントストリップとうまくマッチしている。

    MINIクロスオーバー アルバートブリッジエディション インパネ

    MINIクロスオーバー アルバートブリッジエディション フロントシート

    MINIクロスオーバー アルバートブリッジエディション リヤシート

    MINI Yoursのインテリアスタイル シェーデッドシルバー イルミネーテッドも特別装備し、ダッシュボードをイルミネーションが幻想的に彩ってもくれる。

    特別仕様車ならでは装備としては、専用バッジを施したフロアマットやエンブレム入りのドアシル、「ALBERT BRIDGE EDITION」のロゴが入ったナッパレザーを用いたステアリングホイールもセットされる。

    MINIクロスオーバー アルバートブリッジエディション ステアリングホイール

    MINIクロスオーバー アルバートブリッジエディション ホイールアップ

    MINIクロスオーバー アルバートブリッジエディション リヤランプ

    パワートレーンは1.5Lの直3ガソリンターボエンジン+プラグインハイブリッド+6速ATで、4輪を駆動する。ハンドル位置は右のみで、車両価格は559万円となる。

    モノマックスの記事をシェアする

    関連記事

    この記事のタグ

    今月のモノマックス特別付録

    【付録】1090円で使えすぎる! ビーン・ブーツ風トートバッグは絶対買い!

    【付録】1090円で使えすぎる! ビーン・ブーツ風トートバッ…