MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

    2022/12/11 10:00

    【待ち遠しいホンダのSUV】新型「ZR-V」はCR-Vとヴェゼルの“空白”に投入された新カテゴリー

    ホンダ ZR-V 走行イメージ

    ホンダから新しいSUV「ZR-V(ゼットアールブイ)」が登場した。ホンダにはすでにCR-Vとヴェゼルという人気SUVがあるが、ユーザーニーズの多様化もあって、ふたつのモデルの間には「空白」があった。それはボディサイズや価格だけでなく、コンセプトや個性の違いといったものも含まれる。ZR-Vはその「空白」に投入されたというわけだ。では「ZR-V」とはどんなSUVなのだろうか。

    北米市場では「HR-V」、日本市場では「ZR-V」

    ホンダ ZR-V 走行イメージ

    ホンダZR-Vは新型シビックをベースに開発されたスポーティなSUV。北米市場では新型「HR-V」として販売される。北米市場ではこれまでヴェゼルをHR-Vとして販売してきたが、今後北米市場ではこのモデルが「HR-V」を名乗ることになる。つまり北米市場の「HR-V」は少し大型化したことになる。(北米市場ではフィットベースでは小さかったかもしれない)

    一方日本市場では、1990年代にHR-Vという車名のスタイリッシュSUVを発売していたことから、「HR-V」という車名は混乱を招きかねないため断念、日本市場では「ZR-V」というまったく新しいモデル名となった。

    CR-Vとヴェゼルの間にある新しいカテゴリー

    新型ZR-VはCR-Vとヴェゼルの間にある新しいカテゴリーのモデル。それゆえ、デザインを見ても、ふたつのモデルとは大きく異なっている。

    エクステリアはボリューム豊かで、フロントまわりはバーチカル(垂直)グリルと横長でシャープなヘッドランプが特徴的。リアまわりはボディ下側にボリュームを持たせて、ワイドトレッドを強調した造形となっている。

    ホンダ ZR-V 外観

    ホンダ ZR-V 外観リヤ

    インテリアは伸びやかに広がる開放的なデザインとしながら、適度なパーソナル感のある上質な室内空間を目指した。カジュアル過ぎず、高級過ぎないポジションだ。

    ホンダ ZR-V インパネ

    ホンダ ZR-V センターコンソール

    ホンダ ZR-V テールゲート開口部

    モノマックスの記事をシェアする

    関連記事

    この記事のタグ

    今月のモノマックス特別付録

    【付録】毎日これ一つでお出かけ可能! 機能もデザイン性も抜群な「スマホショルダーバッグ」が1090円で付いてくる!

    【付録】毎日これ一つでお出かけ可能! 機能もデザイン性も抜群…