MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

【待ち遠しいホンダのSUV】新型「ZR-V」はCR-Vとヴェゼルの“空白”に投入された新カテゴリー

執筆者:

ホンダ ZR-V 走行イメージ

「気軽に乗れる人気のファンバイク」ホンダ“モンキー125”に新色仲間入り、今年のカラーリングはシンプル&スタイリッシュ!

ホンダから新しいSUV「ZR-V(ゼットアールブイ)」が登場した。ホンダにはすでにCR-Vとヴェゼルという人気SUVがあるが、ユーザーニーズの多様化もあって、ふたつのモデルの間には「空白」があった。それはボディサイズや価格だけでなく、コンセプトや個性の違いといったものも含まれる。ZR-Vはその「空白」に投入されたというわけだ。では「ZR-V」とはどんなSUVなのだろうか。

北米市場では「HR-V」、日本市場では「ZR-V」

ホンダ ZR-V 走行イメージ

ホンダZR-Vは新型シビックをベースに開発されたスポーティなSUV。北米市場では新型「HR-V」として販売される。北米市場ではこれまでヴェゼルをHR-Vとして販売してきたが、今後北米市場ではこのモデルが「HR-V」を名乗ることになる。つまり北米市場の「HR-V」は少し大型化したことになる。(北米市場ではフィットベースでは小さかったかもしれない)

一方日本市場では、1990年代にHR-Vという車名のスタイリッシュSUVを発売していたことから、「HR-V」という車名は混乱を招きかねないため断念、日本市場では「ZR-V」というまったく新しいモデル名となった。

CR-Vとヴェゼルの間にある新しいカテゴリー

新型ZR-VはCR-Vとヴェゼルの間にある新しいカテゴリーのモデル。それゆえ、デザインを見ても、ふたつのモデルとは大きく異なっている。

エクステリアはボリューム豊かで、フロントまわりはバーチカル(垂直)グリルと横長でシャープなヘッドランプが特徴的。リアまわりはボディ下側にボリュームを持たせて、ワイドトレッドを強調した造形となっている。

ホンダ ZR-V 外観

ホンダ ZR-V 外観リヤ

インテリアは伸びやかに広がる開放的なデザインとしながら、適度なパーソナル感のある上質な室内空間を目指した。カジュアル過ぎず、高級過ぎないポジションだ。

ホンダ ZR-V インパネ

ホンダ ZR-V センターコンソール

ホンダ ZR-V テールゲート開口部

この記事のタグ

この記事を書いた人

近藤暁史

ライター近藤暁史

男だてらにお堅く学習院大学文学部国文学科卒。ファッション誌から一気に転身して、自動車専門誌の編集部へ。独立後は国内外の各媒体で編集・執筆、動画製作なども。新車、雑ネタを中心に、タイヤが付いているものならなんでも守備範囲。AJAJ(日本自動車ジャーナリスト協会)会員。自身のYouTubeチャンネル「こんどう自動車部」では、洗車・自動車のメンテナンスなどを中心に、クルマに関わる裏技を紹介中!

執筆記事一覧


Website:https://monomax.jp/

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

「気軽に乗れる人気のファンバイク」ホンダ“モンキー125”に新色仲間入り、今年のカラーリングはシンプル&スタイリッシュ!

「最新世代のガソリンエンジン採用」電動化、運転支援、デジタル化の領域でさらに進化!フォルクスワーゲン“ゴルフ”8.5世代に注目必至

「9月の注文開始に向けて先行公開」フォルクスワーゲン パサートが激進化、ボディタイプはヴァリアントに一本化

「220台が日本上陸」史上最もタフで、最も走破性が高く、最もラグジュアリーな究極のディフェンダー“オクタ(OCTA)”がワールドデビュー!

「この出っ張り、いったい何?」ドアミラーの付け根…ほか “トヨタ車にほぼ付いている”小さな突起の効果を自動車ライターが解説

「車が高すぎて買えない…」物価高騰の奥の手となる“衝撃コスパSUV”に驚き!ホンダの新型WR-Vを自動車ジャーナリストが徹底解説『小沢コージの遊べるクルマ』

「メンズシャンプーシェア15年連続No.1!」皮ふ医学に基づいた知見が生きる“スカルプDのスカルプシャンプー”で夏の頭皮環境を整えよう!

【世界が認めたプレミアムシューケアブランド】ジェイソンマークが毎日の生活を豊かにしてくれる!

これぞTシャツコーデの男の作法! グンゼ「in.T(インティー)」があれば気分よくキマる!

今月のモノマックス特別付録

「豪華すぎる2点セット付録」チャムスのマルチツール&ブリキケースは日常、アウトドア、防災グッズとして超使える!

「豪華すぎる2点セット付録」チャムスのマルチツール&ブリキケースは日常、アウトドア、防災グッズとして超使える!