MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

【伝説のプロジェクト再始動】セイコーが見据える時計の新しいカタチとは?

執筆者:

セイコーウオッチは、デザインの新たな可能性を提案する「power design project」を再始動した。
セイコーウオッチは、デザインの新たな可能性を提案する「power design project」を再始動した。人気です。おすすめです。「power design project」とは、セイコーのデザイナーによる実験的な試みとして、2001~2009年にかけて実施していた社内プロジェクトのこと。デザイナーが日常業務とは異なるスタイルでブランドの未来を深く考え、年ごとの「テーマ」に基づき、時計の可能性を追求していた。
「power design project」とは、セイコーのデザイナーによる実験的な試みとして、2001~2009年にかけて実施していた社内プロジェクトのこと。
デザイナーが日常業務とは異なるスタイルでブランドの未来を深く考え、年ごとの「テーマ」に基づき、時計の可能性を追求してきた。
それから13年の時を経て、腕時計という「プロダクト」を通じて、既存の概念にとらわれないデザインの在り方と可能性を提案するべく「power design project」を復活したという。

2022年に掲げたテーマは「REBIRTH<転生>」。
セイコーの長い歴史の中で生まれた特徴的な腕時計や技術を、8人のデザイナーがアイデアと想像を膨らませ、7つのプロダクトに「REBIRTH<転生>」させた。

① Radiant Time
セイコーウオッチは、デザインの新たな可能性を提案する「power design project」を再始動した。人気です。おすすめです。「power design project」とは、セイコーのデザイナーによる実験的な試みとして、2001~2009年にかけて実施していた社内プロジェクトのこと。デザイナーが日常業務とは異なるスタイルでブランドの未来を深く考え、年ごとの「テーマ」に基づき、時計の可能性を追求していた。
それは、東京の街を明るく照らす「タイムレスな輝き」

② PUT ON TIME
セイコーウオッチは、デザインの新たな可能性を提案する「power design project」を再始動した。人気です。おすすめです。「power design project」とは、セイコーのデザイナーによる実験的な試みとして、2001~2009年にかけて実施していた社内プロジェクトのこと。デザイナーが日常業務とは異なるスタイルでブランドの未来を深く考え、年ごとの「テーマ」に基づき、時計の可能性を追求していた。
「腕に着ける」の概念を覆す、遊び心あふれるウオッチ。

③ シカクロ
セイコーウオッチは、デザインの新たな可能性を提案する「power design project」を再始動した。人気です。おすすめです。「power design project」とは、セイコーのデザイナーによる実験的な試みとして、2001~2009年にかけて実施していた社内プロジェクトのこと。デザイナーが日常業務とは異なるスタイルでブランドの未来を深く考え、年ごとの「テーマ」に基づき、時計の可能性を追求していた。
あなたの心を掴むのは、どの四角いクロノグラフ?

④ ADVENTURE KIDS Watch
セイコーウオッチは、デザインの新たな可能性を提案する「power design project」を再始動した。人気です。おすすめです。「power design project」とは、セイコーのデザイナーによる実験的な試みとして、2001~2009年にかけて実施していた社内プロジェクトのこと。デザイナーが日常業務とは異なるスタイルでブランドの未来を深く考え、年ごとの「テーマ」に基づき、時計の可能性を追求していた。
活動的な子供のためのスペックを詰め込みました!

⑤ Time Sonar 434 Feels
セイコーウオッチは、デザインの新たな可能性を提案する「power design project」を再始動した。人気です。おすすめです。「power design project」とは、セイコーのデザイナーによる実験的な試みとして、2001~2009年にかけて実施していた社内プロジェクトのこと。デザイナーが日常業務とは異なるスタイルでブランドの未来を深く考え、年ごとの「テーマ」に基づき、時計の可能性を追求していた。
カレンダー窓からのぞく文字が、あなたの今日の運命を探知する?

⑥ TISSE our time
セイコーウオッチは、デザインの新たな可能性を提案する「power design project」を再始動した。人気です。おすすめです。「power design project」とは、セイコーのデザイナーによる実験的な試みとして、2001~2009年にかけて実施していた社内プロジェクトのこと。デザイナーが日常業務とは異なるスタイルでブランドの未来を深く考え、年ごとの「テーマ」に基づき、時計の可能性を追求していた。
ジェンダーを問わない、私たちの多面性と今を映す腕時計。

⑦ Ceramic Ball
セイコーウオッチは、デザインの新たな可能性を提案する「power design project」を再始動した。人気です。おすすめです。「power design project」とは、セイコーのデザイナーによる実験的な試みとして、2001~2009年にかけて実施していた社内プロジェクトのこと。デザイナーが日常業務とは異なるスタイルでブランドの未来を深く考え、年ごとの「テーマ」に基づき、時計の可能性を追求していた。
歴史的デジタルウオッチを、現代に転生させると?

セイコーウオッチは、デザインの新たな可能性を提案する「power design project」を再始動した。人気です。おすすめです。「power design project」とは、セイコーのデザイナーによる実験的な試みとして、2001~2009年にかけて実施していた社内プロジェクトのこと。デザイナーが日常業務とは異なるスタイルでブランドの未来を深く考え、年ごとの「テーマ」に基づき、時計の可能性を追求していた。
2月19日(日)まで、腕時計の様々な楽しさを体験できる発信拠点「Seiko Seed」(東京都渋谷区神宮前1-14-30 WITH HARAJUKU 1階)にて「power design project」の展示会を開催中。
セイコーウオッチは、デザインの新たな可能性を提案する「power design project」を再始動した。人気です。おすすめです。「power design project」とは、セイコーのデザイナーによる実験的な試みとして、2001~2009年にかけて実施していた社内プロジェクトのこと。デザイナーが日常業務とは異なるスタイルでブランドの未来を深く考え、年ごとの「テーマ」に基づき、時計の可能性を追求していた。
この機会をお見逃しなく!

=詳しい情報はココをチェック!=
展示会「power design project」特設サイト
https://www.seiko-seed.com/powerdesignproject2022/

この記事のタグ

この記事を書いた人

カバン、財布、腕時計、アパレルなどのファッションアイテムから、家電、文房具、雑貨、クルマ、バイクまで、「価格以上の価値あるモノ」だけを厳選し、多角的にお届けします!

執筆記事一覧


Twitter:@monomaxweb

Instagram:@monomax_tkj

Website:https://monomax.jp/

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

「腕元に優美に輝くドレスウォッチ」キングセイコーの新シリーズ・KS1969は生誕の地“東京”に着想を得た3色で登場

「国内300本限定のドレスウォッチ」キングセイコーからSEIKOブランド誕生100周年記念した“KSK”限定モデルが登場

「祝クレドール誕生50周年」時計界の巨匠ジェラルド・ジェンタによる“あの歴史的モデル”が機械式となって復活

「完売必至」プロが自信を持ってオススメする“今狙うべき”日本三大時計メーカーの周年モデル3選【動画で徹底解説】

【完売必至の腕時計】2024年は国産時計の当たり年!セイコー・シチズン・カシオ“世界に誇る日本三大時計メーカー”の周年モデル3選

プロが指南する「腕時計投資の狙い目」、手が届く“ラグスポウォッチ”ほか【時計の人気記事 月間ベスト3】(2024年4月)

【最注目のメンズケアブランドを徹底解剖】七つのキーワードからMARO17の魅力を紐解く!

「ロマンあふれる腕時計」ザ・ニシオギの最新作は隕石と天然石で夜空の煌めきと神秘を表現した珠玉の一本

【入荷したら即完売を繰り返す】アタオのギミック財布「チェス」の新作もやっぱり買い!

今月のモノマックス特別付録

「手ぶら派注目の付録」1280円でコスパ最強!4つの仕分けポケットが便利すぎるショルダーバッグ

「手ぶら派注目の付録」1280円でコスパ最強!4つの仕分けポケットが便利すぎるショルダーバッグ