MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

最新号のご案内

5月号通常号

5月号通常号

2024年4月9日(火)発売
特別価格:1,280円(税込)

最新号を見る

モノマックス最新情報をSNSでチェック!

  • MonoMax Web YouTubeチャンネルはこちら!
  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

【キャラ変!?】トヨタ新型「プリウス」がダイナミックな走りを追求してスポーツカーに変身!

執筆者:

プリウス イメージ画像

トヨタ自動車が新型プリウスを正式に発表した。昨年11月16日にワールドプレミアされたが、このときはあくまでも世界初公開というもので、国内での販売価格や詳しい装備ついてはアナウンスされず、今回、満を持しての国内発売となった。このところ、48Vマイルドハイブリッドや、日産のeパワー、ルノーのE-TECHハイブリッドなどさまざまなハイブリッドが登場するなど、幅広い車種にハイブリッド技術の搭載が進む一方で、電気自動車も続々登場して、ハイブリッドの普及を牽引してきたプリウスへの関心がやや薄れてきた感もあるだけに、新型がどんなクルマとなったのか興味深い。

狙いは乗った人を虜にする走りの実現

プリウス イメージ画像

世界初の量産型ハイブリッドカー、圧倒的な低燃費性能を備えた新世代のエコカーとして人気を誇ったプリウスも、こと燃費データの数値ではコンパクトなヤリスやアクアの後塵を拝し、欧米のEV攻勢に立ち向かわなければならないという状況。元祖ハイブリッドとして「ハイブリッドの今後の可能性」をどう示すかに注目が集まっていた。

そこで新型プリウスが目指したのは、「プリウスならではの高い環境性能と、胸のすくような加速感やドライバーの思い通りに反応するレスポンスの良さで、乗った人を虜にする走りを実現」すること。

プリウス 走行イメージ

プリウス 走行イメージ

最新の第5世代ハイブリッドシステムを搭載し、2L 直4モデルのFF仕様でWLTCモード燃費28.6km/L(総合)を達成しながら、システム最高出力は144kW(196ps)と従来比1.6倍の力強さを実現。レスポンスの向上など、ドライバビリティの良さにもこだわり抜いた。またエモーショナルな走りを実現するためにTNGAプラットフォームにも磨きをかけた。

2.0Lハイブリッドシステム

その一方で、プリウス本来のエコカーとしての魅力を感じさせる1.8Lユニットを搭載するモデルも2グレード設定。ただし、Xグレードは法人向け、Uグレードはサブスクリプションサービスの「KINTO Unlimited」専用となっているので、一般向けは2L 直4モデルということになる。ちなみに、1.8LモデルのFF仕様でWLTCモード燃費32.6km/L(総合)の低燃費を達成している。

1.8Lハイブリッドシステム

身近な存在であるというところも魅力

しかし、実はこのKINTO Unlimited専用仕様の設定も、新型プリウスの大きな魅力のひとつとなりそうだ。

新型プリウスから始まる新しいサブスクリプションサービス「KINTO Unlimited」は、さまざまな諸経費と新しいアフターケアシステムを月額利用料に含める形で「愛車として使う」という試み。保険や税金などの諸経費を月額利用料に含める従来のサービスに、「ソフトウェアとハードウェアの『進化』=アップグレード」と、「ユーザーの運転データを活用したクルマと人、双方の『見守り』=コネクティッド」という新しい2つの付加価値を加えることによってクルマの価値を維持して、その分を月額利用料の引き下げにあらかじめ充当することが可能になった。

この結果、プリウス Uグレードの月額利用料(税込)は月々1万6610円からと、ちょっとした 衝撃的な金額となっている。保険や税金などの諸経費などもこの中に含まれると考えると、お買い得感はかなり大きいと言えそうだ。

また法人向け仕様のXグレードの275万円(FF車)という車両価格も魅力的で、業務用としての使われ方も新型プリウスは注目されるところだ。

新型プリウスの走りの良さを予感させる前衛的なスタイリングはプレミアムさを感じさせるが、実は身近な存在であるというところも魅力なのだろう。なお、PHEV仕様は少し遅れて3月に正式発表される予定となっている。

プリウス 外観

プリウス 内装

プリウス センターコンソール

プリウス パノラマルーフ

新型プリウスラインナップ
X:¥2,750,000
X E-Four(4WD):¥2,970,000
U:¥2,990,000
U E-Four(4WD):¥3,210,000
G:¥3,200,000
Z:¥3,700,000
G E-Four(4WD):¥3,420,000
Z E-Four(4WD:¥3,920,000

「トヨタ プリウス Z FF仕様」スペック
全長×全幅×全高 4,600×1,780×1,430mm
ホイールベース 2,750mm
車両重量 1,580kg
エンジン 直列4気筒DOHC横置+モーター
総排気量 1,986cc
最高出力 112kW(152PS)/6,000rpm
最大トルク 188Nm(19.2kgf・m)/4,400-5,200rpm
フロントモーター最高出力:83kW(113PS)
フロントモーター最大トルク:206Nm
トランスミッション 電気式無段変速機
駆動方式 FF
メーカー希望小売価格 ¥3,700,000(税込)

写真/トヨタ自動車

この記事のタグ

この記事を書いた人

ライター/近藤暁史

ライター/近藤暁史

男だてらにお堅く学習院大学文学部国文学科卒。ファッション誌から一気に転身して、自動車専門誌の編集部へ。独立後は国内外の各媒体で編集・執筆、動画製作なども。新車、雑ネタを中心に、タイヤが付いているものならなんでも守備範囲。AJAJ(日本自動車ジャーナリスト協会)会員。自身のYouTubeチャンネル「こんどう自動車部」では、洗車・自動車のメンテナンスなどを中心に、クルマに関わる裏技を紹介中!

Website:https://monomax.jp/

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

【トヨタのコンパクトHEV】一部改良のアクアに上質な特別仕様車「Z“ラフィネ(Raffine)”」が登場!

【ワイルドなクラウン!?】こうでなくちゃ!クラウン クロスオーバーに特別仕様車「 RS “ランドスケープ”」が登場

プロが解説「対向車のハイビーム」急増中の理由、ホンダのSUV「ヴェゼル」が上質モデルに移行!? ほか【クルマの人気記事 月間ベスト3】(2024年3月)

【お値段以上の作戦がすごい】スズキ新型「スイフト」は衝撃の“ノー”ストロングハイブリッド!自動車ジャーナリストが徹底解説『小沢コージの遊べるクルマ』

【限定200台のコンパクトSUV】自由な非日常を楽しもう!ジープ コンパスに限定車「ブラック シャーク」が登場

【さまざまなニーズに柔軟に対応】日産「アトラス」にダブルキャブ仕様、1.55t仕様が登場

【コスパも最高!】シャツ感覚で羽織れて清涼感がスゴイ! MK ミッシェルクランオムの“大人のウエア”を発見!

本格派か!? 機能性派か!? イオンのスーツ&ジャケパンは三拍子そろった傑作だった!

【手ぶら派の味方】便利でタフでチルできる!グラミチの「最新ボトム」コレクション3選

今月のモノマックス特別付録

【昨年完売!ナンガのコラボ付録が再び降臨!】12個のポケット搭載のショルダーバッグ付録がすごい!

【昨年完売!ナンガのコラボ付録が再び降臨!】12個のポケット搭載のショルダーバッグ付録がすごい!