MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

    2023/01/20 20:00

    【コスパ最高の街乗りE-バイク】ヤマハ「PAS」シリーズ 2023年モデルが見逃せない!

    【コスパ最高の街乗りE-バイク】ヤマハ「PAS」シリーズ 2023年モデルが見逃せない!

    この記事の画像一覧を見る

    もはや一般的な生活モビリティとして定着しているE-BIKE。流行りのスポーツE-BIKEも魅力的だが、気軽に乗れて、扱いやすく、コスパを重視するのではあれば、やはりシティサイクルモデルが最適。業界でもトップクラスのシェアを誇り、今年誕生から30周年を迎えるヤマハのシティE-BIKE「PAS」シリーズ。
    そこで今回紹介するのが、PASシリーズの中でもレトロ&シャープなデザインで男性にも人気の「CITY-V」と「CITY-X」の2023年モデル。どちらもコンパクトで扱いやすく、スタイリッシュで街中にも映え、普段使いからちょっとしたサイクリングまでフレキシブルに使えるのが魅力。新たな年を迎え、心機一転、E-BIKEの購入を考えている人や乗り換えをしたいと思っている人は、是非その候補に入れて欲しい一台となっている。

    レトロ+スポーティが魅力のCITY-V

    【コスパ最高の街乗りE-バイク】ヤマハ「PAS」シリーズ 2023年モデルが見逃せない!
    直線的なデザインが際立つV字型フレームにスポーティなフラットバー、そして軽快な走りと快適な乗り心地を実現する24インチのタイヤを組み合わせ、バランスの良いサイズ感と本格的な走りを備えたレトロスポーツモデル。

    【コスパ最高の街乗りE-バイク】ヤマハ「PAS」シリーズ 2023年モデルが見逃せない!   【コスパ最高の街乗りE-バイク】ヤマハ「PAS」シリーズ 2023年モデルが見逃せない!  【コスパ最高の街乗りE-バイク】ヤマハ「PAS」シリーズ 2023年モデルが見逃せない! 
    砲弾型のバッテリーランプやレザーテイストのグリップ&サドルがデザインポイントとなっている。スタイリッシュなボディに搭載されるモーターは、登坂時などの高回転ペダリング時の際ものびやかで快適な乗り心地と坂道の状況等に合わせて自動でアシスト力を制御してくれる「スマートパワーアシスト」を採用。またフロントブレーキには優れた操作感と制動力を発揮するモジュレーター付きのVブレーキを採用し、内装5段変速と最適なアシスト制御によってスムーズな加速とスポーティな走りを実現してくれる。

    新たにスマートクロックスイッチを搭載

    【コスパ最高の街乗りE-バイク】ヤマハ「PAS」シリーズ 2023年モデルが見逃せない! 【コスパ最高の街乗りE-バイク】ヤマハ「PAS」シリーズ 2023年モデルが見逃せない! 【コスパ最高の街乗りE-バイク】ヤマハ「PAS」シリーズ 2023年モデルが見逃せない!

    新搭載の「スマートクロックスイッチ」は、ハンドルに沿ったコンパクトなサイズと日常生活での使いやすさを考慮して機能的にデザインされたものとなっている。実際の活用シーンで特に確認することの多い時計の表示を大きくし、走行モード切替ボタンはアシストダウンボタンよりもアシストアップボタンを大きくし、上下非対称とすることで走行中に操作しやすい形状としている。気になるバッテリー残量に関しても、バッテリーの残量が20%を切るとお知らせランプが点灯して同時にブザー音が鳴り、目と耳でバッテリーの残量確認ができるようになっている。

    またバッテリー残量表示も10段階のインジケーター+%表示とすることで従来モデルよりも残量を確認しやすくしているところもポイントだ。その他、素早い変速操作が可能な5速ラピッドファイヤーシフトの採用や1つの鍵で車輪とバッテリーの2箇所を各々ロックでき、盗難抑止力にも優れるディンプルキーの採用するなど、スマート&安心感も与えてくれる。

    コンパクト&スマートさを求める人向きのCITY-X

    【コスパ最高の街乗りE-バイク】ヤマハ「PAS」シリーズ 2023年モデルが見逃せない!
     【コスパ最高の街乗りE-バイク】ヤマハ「PAS」シリーズ 2023年モデルが見逃せない! 【コスパ最高の街乗りE-バイク】ヤマハ「PAS」シリーズ 2023年モデルが見逃せない! 【コスパ最高の街乗りE-バイク】ヤマハ「PAS」シリーズ 2023年モデルが見逃せない!
    CITY-Vよりもコンパクトかつ軽量なボディとなるCITY-Xは、シャープかつスタイリッシュな印象を与えるワイヤー内蔵の直線的なX字型のフレームとスポーティな走りを実現する20インチのセミスリックタイヤにセミストレートハンドル、そしてスポーティサドルを備えたモデルとなっている。モーターはCITY-Vと同様の高回転ペダリング時の際ものびやかで快適な乗り心地と坂道の状況等に合わせて自動でアシスト力を制御してくれる「スマートパワーアシスト」を搭載、スイッチも日常的な使い勝手を追求した新設計の「スマートクロックスイッチ」を採用している。家族やパートナーと一緒に使いたい人にとっても最適な一台となっている。

    CITY-V

    【コスパ最高の街乗りE-バイク】ヤマハ「PAS」シリーズ 2023年モデルが見逃せない! 【コスパ最高の街乗りE-バイク】ヤマハ「PAS」シリーズ 2023年モデルが見逃せない! 【コスパ最高の街乗りE-バイク】ヤマハ「PAS」シリーズ 2023年モデルが見逃せない!

    CITY-X

    【コスパ最高の街乗りE-バイク】ヤマハ「PAS」シリーズ 2023年モデルが見逃せない! 【コスパ最高の街乗りE-バイク】ヤマハ「PAS」シリーズ 2023年モデルが見逃せない! 【コスパ最高の街乗りE-バイク】ヤマハ「PAS」シリーズ 2023年モデルが見逃せない!

    【YAMAHA PAS CITY-V スペック】
    全長×全幅(mm):1765×575
    サドル高(mm):800-945
    車両重量(kg):22.4
    変則:リヤハブ内装5段
    タイヤ:24インチ
    走行可能距離(強/スマートパワー/オートエコ(km)):48/55/78
    バッテリー容量:12.3Ah
    定格出力(W):240
    充電時間:約3.5時間
    カラー:マットアンバー2、ミラーシルバー、ノーブルネイビー
    価格:¥150,700(税込)

    【YAMAHA PAS CITY-X スペック】
    全長×全幅(mm):1585×520
    サドル高(mm):795-925
    車両重量(kg):21.1
    変則:リヤハブ内装3段
    タイヤ:20インチ
    走行可能距離(強/スマートパワー/オートエコ(km)):54/65/90
    バッテリー容量:12.3Ah
    定格出力(W):240
    充電時間:約3.5時間
    カラー:ディープレイクグリーン、マットグレイッシュベージュ、ミラーシルバー
    価格:¥145,200(税込)

    【問い合わせ】
    問:ヤマハ発動機カスタマー コミュニケーション センター TEL:0120-090-819
    公式ホームページ https://www.yamaha-motor.co.jp/pas/lineup/

    取材・文/安室淳一 写真提供/ヤマハ発動機

    この記事の画像一覧
    • レトロ+スポーティが魅力のCITY-V
    • レトロ+スポーティが魅力のCITY-V
    • レトロ+スポーティが魅力のCITY-V
    • レトロ+スポーティが魅力のCITY-V
    • レトロ+スポーティが魅力のCITY-V
    • レトロ+スポーティが魅力のCITY-V
    • レトロ+スポーティが魅力のCITY-V
    • レトロ+スポーティが魅力のCITY-V
    • レトロ+スポーティが魅力のCITY-V
    • レトロ+スポーティが魅力のCITY-V
    • レトロ+スポーティが魅力のCITY-V
    • コンパクト&スマートさを求める人向きのCITY-X
    • コンパクト&スマートさを求める人向きのCITY-X
    • コンパクト&スマートさを求める人向きのCITY-X
    • コンパクト&スマートさを求める人向きのCITY-X
    • コンパクト&スマートさを求める人向きのCITY-X
    • コンパクト&スマートさを求める人向きのCITY-X
    • コンパクト&スマートさを求める人向きのCITY-X
    • コンパクト&スマートさを求める人向きのCITY-X
    • コンパクト&スマートさを求める人向きのCITY-X
    • コンパクト&スマートさを求める人向きのCITY-X
    • コンパクト&スマートさを求める人向きのCITY-X
    • コンパクト&スマートさを求める人向きのCITY-X

    この記事の画像一覧を見る

    ライター/安室淳一

    ライター/安室淳一

    クルマ、バイク、自転車専門誌の編集を経てフリーランスに。現在は乗り物とそれに関連するギアやファッション、遊び方等を中心に、雑誌、WEB、カタログ、広告等で編集・執筆活動中。

    Instagram:@freerider1226

    モノマックスの記事をシェアする

    関連記事

    この記事のタグ

    今月のモノマックス特別付録

    【付録】毎日これ一つでお出かけ可能! 機能もデザイン性も抜群な「スマホショルダーバッグ」が1090円で付いてくる!

    【付録】毎日これ一つでお出かけ可能! 機能もデザイン性も抜群…