MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

    【キノコが財布に⁉】環境に優しい土屋鞄の“キノコレザー財布”は風合いも質感もまさに本革!

    菌糸体が革に

    この記事の画像一覧を見る

    今や、誰しもが欠かすことのできない“SDGs”への配慮がなされた、魅力的なモノやサービスを紹介していく当連載。第19回に取り上げるのは「土屋鞄製造所の代替レザーバッグ」です。

    『SDGs』を今一度おさらい!
    2015年9月の国連サミットで採択された持続可能な開発目標。
    「貧困」「持続可能な消費と生産」「気候変動」など17のゴールと169のターゲットから構成される。2030年が達成年限。

    キノコの菌糸体が原料の新時代の代替レザー

    土屋鞄のMylo™ ハンディLファスナー

    TSUCHIYA KABAN
    Mylo™ ハンディLファスナー
    ¥48,400
    W11.6×H8.7×D2cm
    問:土屋鞄製造所 TEL:0120-907-647 公式サイト

    環境負荷の低減に配慮したエコレザーやアニマルフリーのヴィーガンレザーなど、私たちになじみ深い革素材においても、サステナブルな取り組みは加速している。
    そうした中、業界で大きな注目を集めたのがバイオテクノロジー企業ボルトスレッズ社が開発した「マイロ™」だ。
    なんとキノコの菌糸体から生まれたというレザー代替素材で、100%再生可能なエネルギーで稼働する最先端の垂直農法施設において2週間ほどで生育できるうえ、革素材と同じような風合いや質感を備えているのが特長だ。

    菌糸体とは?

    菌糸体とは?
    キノコなどの菌類の体を構成する菌糸の集合体。植物の根のように見える糸状・繊維状の組織体。

    2018年に発表され、その後アディダスやステラ・マッカートニーといった先見性のある世界的ブランドから関連商品が発表・発売されている。

    こうした動向に強い関心を寄せていた土屋鞄は、日本ブランドとして初めてボルトスレッズ社との共同開発を実施。
    昨年末に初の製品となる「マイロ™ハンディLファスナー」が販売されるに至っている。
    内部にオープンポケットやカード入れを備えた定番のコンパクト財布がベースで、本革のような風合いを身近に感じることができる。
    さらには土屋鞄の別ブランドobjcts.ioでも同素材を使った製品を展開中だ。
    大きな一歩を踏み出した新時代の代替レザーの今後に期待したい。

    キノコの菌糸体から生まれた新素材「Mylo™」ができるまで

    ①菌糸体を生育

    菌糸体の加工

    ②基材を製造

    菌糸体の点検

    ③加工・仕上げ

    菌糸体が革に

    モノマックス2023年3月号のご案内

    3月号通常号

    モノマックス2023年3月号

    MonoMax3月号通常号

    2023年2月9日(木)発売
    特別価格:1,090円(税込)

    モノマックス2023年3月号を見る

    モノマックスの記事をシェアする

    関連記事

    この記事のタグ

    今月のモノマックス特別付録

    【付録】毎日これ一つでお出かけ可能! 機能もデザイン性も抜群な「スマホショルダーバッグ」が1090円で付いてくる!

    【付録】毎日これ一つでお出かけ可能! 機能もデザイン性も抜群…