MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

特集本当に使える!新・三種の神器

【G-SHOCK 周年モデル3選】今しか手に入らない?誕生40周年のレアモデルを一挙公開!

執筆者:

2.アートを落とし込んだ周年モデル“GMW-B5000EH-1JR”

GMW-B5000EH-1JR

GMW-B5000EH-1JR ¥96,800

NYを拠点にするグラフィティアーティストのエリック・ヘイズ氏とコラボしたのがこちらのモデル。初代モデルであるDW-5000Cをフルメタル化したGMW-B5000をベースにコラボモデルとして仕上がっています。

40周年ロゴ
コラボ相手でもあるエリック・ヘイズ氏とは? 70年代にSE3という名前でグラフィティとして活動をスタートし、ダイナミックな作風で現代的な作品を多く輩出して行きます。ビースティ・ボーイズのロゴデザインを始め、ハイブランドとのコラボまで手掛け、グラフィティ界のパイオニアとして今なお活躍している人物です。そんなビッグアーティストが手がけた40周年ロゴが裏蓋に刻印されているのが今作。

エリック・ヘイズのデザイン
エリック・ヘイズ氏のシグネチャーとも言える“矢”をモチーフにしたアート作品をドットパターンのレーザー彫刻で点描し、バンドに表現しています。モノトーンで構成されているため、すんなりと腕元になじんでくれるのもポイントです。シャツなどに合わせてラフに着こなすのもいいかもしれません。

ケースサイズ:H49.3×W43.2×D13 mm
素材:ステンレススチール(ケース・ベゼル・バンド)、無機ガラス
重量:115g
主な機能:耐衝撃構造/耐遠心重力性能/耐振動構造、標準電波受信機能、デュアルタイム、スマートフォンリンクなど
その他:20気圧防水、タフソーラー

この記事のタグ

この記事を書いた人

小林知典

スタイリスト小林知典

1982年生まれ、福島県出身。スタイリスト栃木雅広氏に師事し独立。以後、雑誌・WEB・カタログを中心にスタイリングを手掛ける。最近ではアウトドアやインテリアにも興味を持ち、もっぱら収集する日々を送っている。

執筆記事一覧


Website:https://monomax.jp/

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

「大人が狙うべきG-SHOCK」12年ぶりの新マッドマンほか DIYやランニング……“大人の趣味時間に超使える”G-SHOCK3選をスタイリストが徹底解説

「争奪戦必至」カシオ50周年モデル、世界最大の時計展帰りのプロが語る“最新トレンド” ほか【時計の人気記事ランキング】(2024年6月版)

「人気ブランドの絶対満足ウォッチ」ハミルトン、セイコー5スポーツほか “20万円以下”の最新4モデルを徹底解説【2024年最新腕時計スクープ】

「帰ってきたG-SHOCK」進化に驚くグラビティマスターの新作“GR-B300”はスリムでオン・オフ使いたくなる出来/編集長のお墨付き『コレ買いです』Vol.66

「G-SHOCKの“純正商品”」人気ブランド・ブラックアイパッチとのコラボモデルは初号機の角型を受け継いだDW-5610がベース

「争奪戦必至の腕時計」シチズン、セイコー、カシオが同時に周年突入!国内3大ブランドの“今しか買えない記念ウォッチ”3傑

「メンズシャンプーシェア15年連続No.1!」皮ふ医学に基づいた知見が生きる“スカルプDのスカルプシャンプー”で夏の頭皮環境を整えよう!

【世界が認めたプレミアムシューケアブランド】ジェイソンマークが毎日の生活を豊かにしてくれる!

これぞTシャツコーデの男の作法! グンゼ「in.T(インティー)」があれば気分よくキマる!

今月のモノマックス特別付録

「豪華すぎる2点セット付録」チャムスのマルチツール&ブリキケースは日常、アウトドア、防災グッズとして超使える!

「豪華すぎる2点セット付録」チャムスのマルチツール&ブリキケースは日常、アウトドア、防災グッズとして超使える!