MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

最新号のご案内

3月号通常号

3月号通常号

2024年2月8日(木)発売
特別価格:1,280円(税込)

最新号を見る

モノマックス最新情報をSNSでチェック!

  • MonoMax Web YouTubeチャンネルはこちら!
  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

【傑作SUV注文受付再開!】レクサスNXが内容をさらに充実して再登場、待ってたぞ!

執筆者:

受注停止から9カ月、待ちに待った再登場で人気爆発か

NXはレクサスの主力車種で注文が多かったことに加え、新型コロナウイルス感染拡大の影響や半導体などの部品供給不足により供給能力が追いつかず、2022年7月から実質的に受注を停止していた。

しかしようやくここに来て、供給の目処が立ってきたことから、一部改良を行い、内容をさらに充実させて再スタートを切ることになったという。現時点では、納期はおおむね3~6カ月ということだ。正式なアナウンスはないが、部品供給不足に対応した改良も行われているはずだ。

主なグレードと車両価格(税込)は、NX250(2.5L+8速AT)が2WD(FF)の455万円~バージョンL(4WD)の579万6000円。NX350(2.4Lターボ+8速AT)がFスポーツ(4WD)の608万6000円。NX350h(2.5L+モーター)は2WDの520万円~バージョンL/Fスポーツ(4WD)の644万6000円。プラグインハイブリッドのNX450h(2.5L+モーター+4WD)はバージョンLの729万5000円~Fスポーツの753万5000円となっている。

レクサスNX  ラインナップ

NX2508 ¥4,550,000
NX250 バージョンL ¥5,526,000
NX250(4WD) ¥4,820,000
NX250 バージョンL(4WD) ¥5,796,000

NX350 F スポーツ(4WD) ¥6,086,000
NX350h ¥5,200,000
NX350h バージョンL ¥6,176,000
NX350h F スポーツ ¥6,176,000
NX350h(4WD) ¥5,470,000
NX350h バージョンL(4WD) ¥6,446,000
NX350h F スポーツ(4WD)¥ 6,446,000

NX450h+ バージョンL(4WD) ¥7,295,000
NX450h+ F スポーツ(4WD) ¥7,535,000

「レクサスNX450h Fスポーツ」スペック

全長×全幅×全高 4,660×1,865×1,660mm
ホイールベース 2,690mm
車両重量 2,020kg
エンジン 直列4気筒DOHCターボ横置+2モーター
総排気量 2,487cc
最高出力 140kW(190PS)/5,500rpm
最大トルク 243Nm(24.8kgf・m)/4,300~4,500rpm
モーター最高出力 前134kW(182PS)/後40kW(54PS)
モーター最大トルク 前270Nm(27.5kgf・m)/後121Nm(12.3kgf・m)
トランスミッション 無段変速
駆動方式 4WD
メーカー希望小売価格 ¥7,535,000(税込)

文/近藤暁史 写真提供/トヨタ自動車

この記事の画像一覧
  • 注文受け付け再開を機に基本性能から見直す大幅な改良が図られたレクサスNX
  • ブラック&リッチクリームなど、インテリアのカラー配色を刷新
  • インテリアカラー : ダークローズ
  • インテリアカラー : ヘーゼル
  • インテリアカラー : “F SPORT”専用フレアレッド
  • インテリアカラー : “F SPORT”専用ホワイト

この記事の画像一覧を見る(6枚)

12

この記事のタグ

モノマックス2024年3月号のご案内

3月号通常号

モノマックス2024年3月号

特別付録は「アーバンリサーチ 6つのスペースで荷物を整理できる!3WAYショルダーバッグ」!

2024年2月8日(木)発売
特別価格:1,280円(税込)

モノマックス2024年3月号を見る

この記事を書いた人

ライター/近藤暁史

ライター/近藤暁史

男だてらにお堅く学習院大学文学部国文学科卒。ファッション誌から一気に転身して、自動車専門誌の編集部へ。独立後は国内外の各媒体で編集・執筆、動画製作なども。新車、雑ネタを中心に、タイヤが付いているものならなんでも守備範囲。AJAJ(日本自動車ジャーナリスト協会)会員。自身のYouTubeチャンネル「こんどう自動車部」では、洗車・自動車のメンテナンスなどを中心に、クルマに関わる裏技を紹介中!

Website:https://monomax.jp/

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

【スズキの使える軽ワンボックス】クラストップレベルの積載能力でアウトドアでも◎ 「エブリイ」が一部改良で新登場

【NEXCOが事故映像配信&記者会見も……】高速道路で工事現場への突っ込みが多発!原因はやっぱりアレだった

【日常使いにちょうどイイ】ひとり乗り電気自動車「EV-eCO」のお手軽さがすごい!

【アルファロメオのミドルサイズSUV】通常モデルよりもお得に!「トナーレ」に台数限定の特別仕様車が登場

【漆黒のボディカラー】シトロエンの特別仕様「エディション ノアール」は人気シリーズとなるか!

【絶大な人気を誇るスズキの本格派】スズキ「ジムニー/ジムニー シエラ」が仕様変更、法規対応に伴う改良で安全性が向上!

“災害や停電”の備えでも、“性能”で選んでも、ポータブル電源は「Jackery」一択!

【このビジネスバッグが高コスパすぎる!】シーンによって拡張できるジャック・ウルフスキンの新作!

【設置が簡単すぎて感動!※】パナソニックの壁掛けテレビで部屋が激変した![BEAMSスタッフの自宅改造計画!]

今月のモノマックス特別付録

【コールマンのバッグ付録がすごい!】水に強い、5つのポケット付きで最強説!

【コールマンのバッグ付録がすごい!】水に強い、5つのポケット付きで最強説!