MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

    2023/03/12 22:00

    【傑作SUV注文受付再開!】レクサスNXが内容をさらに充実して再登場、待ってたぞ!

    注文受け付け再開を機に基本性能から見直す大幅な改良が図られたレクサスNX

    この記事の画像一覧を見る

    レクサスがクロスオーバーSUVの「NX」の一部改良を発表、3月2日より、しばらく中止していた注文の受け付けを再開した。新型コロナウイルス感染拡大の影響や半導体などの部品供給不足により一時的に受注を停止し、すでに注文を受けていた車両の生産をできるだけ早く行うことを目指していた。新しいレクサスNXとはどんなモデルなのだろうか。

    現行型の2代目は次世代レクサスの第1弾モデルとして登場

    2014年に、SUVらしい力強さを兼ね備えたコンパクトクロスオーバーとして誕生した初代「レクサスNX」は、高い走行性能が好評を博し、レクサスのグローバルコアモデルとして、90以上の国と地域で累計121万台(2022年12月時点)を販売してきた。

    そして2021年には次世代レクサスの第1弾モデルとして、現行型の2代目「NX」が登場。電動化への明確なビジョンを打ち出して、レクサスで初めて導入したPHEVモデルとHEVモデルを合わせたグローバルでの電動車比率は50%を超えている。

    注文受け付け再開を機に、基本性能から見直す大幅な改良

    今回の改良ではクルマの基本性能から見直し、レクサスならではの走りの味をさらに味わい深いものとしている。具体的には、フロントまわり(ラジエターサポートまわり)やリアまわり(リアサス メンバーブレースの追加)のボディ剛性強化、前後ボディ剛性配分変更による空力バランス調整を行い、それに合わせてサスペンションもセッティングし直し、コイルスプリング/ダンパー/EPSのチューニングなどにより、操縦安定性と乗り心地を向上させた。

    また、NX350では、発進時のレスポンス、トルク感を向上させ、エンジンやトランスミッションの制御を変更することで、ドライバビリティの向上を図った。

    エクステリアはハイマウントストップを面発光タイプに変更。インテリアではカラーの配色を刷新し、華やかさと上質感を高めたのがポイントとなる。

    また、安全で快適なドライブに寄与する「レクサス セーフティシステム+」は、低速時の衝突回避・被害軽減をサポートする低速時加速抑制機能を拡充。直前の歩行者、自転車運転者、車両に加え、壁のような構造物も認識すなど、より幅広いシーンに対応する。

    さらに、運転をさりげなく支援するプロアクティブドライビングアシスト[PDA]に、歩行者/自転車運転者/駐車車両に対する操舵・減速支援、先行車に対する減速支援、カーブに対する減速支援に加え、信号交差点に対する右左折時減速支援を追加。運転状況に応じて適切な操作をサポートするなど、安全支援機能はさらに充実したものになった。

    この記事のタグ

    モノマックス2023年4月号のご案内

    4月号通常号

    モノマックス2023年4月号

    MonoMax4月号

    2023年3月9日(木)発売
    特別価格:1,250円(税込)

    モノマックス2023年4月号を見る

    モノマックスの記事をシェアする

    関連記事

    今月のモノマックス特別付録

    【5大機能を搭載!】豪華すぎるレザー調が美しいBIGボストンバッグが付録に!?

    【5大機能を搭載!】豪華すぎるレザー調が美しいBIGボストン…