MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

【国産初の腕時計開発から110周年】セイコー プレザージュから4地域の伝統工芸をフィーチャーした限定モデルが登場

執筆者:

4 地域の名工と造り上げた、 セイコー腕時計110 周年記念限定モデル
セイコーは、セイコー プレザージュのクラフツマンシップシリーズより、先人から継承するモノづくりの技法を生かした、セイコー腕時計110周年記念限定モデル(4機種)をローンチ。6月23日(金)より発売を予定している。

この記事の画像一覧を見る(9枚)

セイコーは1881年に時計の修繕と販売から事業を開始し、1892年に掛時計の製造に着手。大正初期、懐中時計が主流の時代、やがて来るであろう腕時計の時代に備え、腕時計の試作・研究を続け、1913年ついに国産初の腕時計「ローレル」を完成させた。

編集長のお墨付き“オールブラック”のダイバーズ、「胸アツ秘話がたまらない」映画にまつわる名ウォッチほか【時計の人気記事ランキングベスト3】(2024年5月版)

本品はセイコーが腕時計を開発してから110周年を迎えたことを記念した限定モデル。
日本のモノづくりを牽引してきた先人に敬意を示し、地域社会と共に発展してきた伝統産業である琺瑯、漆、有田焼、七宝といった、それぞれの技法を用いて表現したという。

「クラフツマンシップシリーズ 琺瑯ダイヤル」¥198,000/自動巻(手巻つき)

「クラフツマンシップシリーズ 琺瑯ダイヤル」¥198,000/自動巻(手巻つき)
40.2㎜径/日常生活用強化防水(10 気圧)/世界限定1500本(うち国内300本)

何を隠そう、セイコーが生んだ国産初の腕時計「ローレル」のダイヤルに用いられたのが琺瑯だ。
調理器具に用いられるほど耐久性に優れた琺瑯は、鉄系材料のダイヤルに不純物のきわめて少ない粘土・純水・ガラス等を原料とする釉薬を塗布し、高温で焼成する。

「クラフツマンシップシリーズ 琺瑯ダイヤル」¥198,000/自動巻(手巻つき)
気温や湿度により釉薬の各成分比率を調整するなど、高い技量が求められる琺瑯ダイヤルは、先人からの技術伝承と琺瑯職人・横澤満氏の飽くなき探求心によって、今なお手作業で丁寧に焼き上げられている。セイコーグローバルブランドコアショップ専用モデル。

「クラフツマンシップシリーズ 漆ダイヤル」¥242,000/自動巻(手巻つき)

「クラフツマンシップシリーズ 漆ダイヤル」¥242,000/自動巻(手巻つき)
40.2㎜径/日常生活用強化防水(10 気圧)/世界限定1500本(うち国内300本)

金沢で丁寧に作られる漆ダイヤルを用いた本品は、金属と漆を直接結びつける革新的な製造手法と、平滑面を生み出す古来伝承の技を組み合わせ作られている。

「クラフツマンシップシリーズ 漆ダイヤル」¥242,000/自動巻(手巻つき)
漆芸家・田村一舟氏の監修により、多くの漆器職人が携わり、何十回も塗りと研ぎを繰り返すことで、特有の美意識が育む金沢の美しい街並みを、漆独特の艶やかな赤茶色の色彩で表現している。セイコー プレザージュ取扱店にて販売。

「クラフツマンシップシリーズ 有田焼ダイヤル」¥242,000/自動巻(手巻つき)

「クラフツマンシップシリーズ 有田焼ダイヤル」¥242,000/自動巻(手巻つき)
40.6㎜径/日常生活用強化防水(10 気圧)/世界限定1500本(うち国内300本)

自然の恵みをもたらした有田の泉山磁石場の情景を、磁器特有の艶やかな色彩と立体形状で表現。
腕時計に求められる耐久性を実現するため、従来の4 倍以上の強度を持つ強化磁器素材を用い、高精度の鋳型による鋳込み工程を経て、1300℃の高温で焼成。

「クラフツマンシップシリーズ 有田焼ダイヤル」¥242,000/自動巻(手巻つき)
施釉と複数の焼成を重ねるなど、難度の高い複雑な工程は、創業190年の老舗「しん窯」に所属する陶工・橋口博之氏監修のもと制作されている。セイコー プレザージュ取扱店にて販売。

この記事のタグ

この記事を書いた人

カバン、財布、腕時計、アパレルなどのファッションアイテムから、家電、文房具、雑貨、クルマ、バイクまで、「価格以上の価値あるモノ」だけを厳選し、多角的にお届けします!

執筆記事一覧


Twitter:@monomaxweb

Instagram:@monomax_tkj

Website:https://monomax.jp/

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

編集長のお墨付き“オールブラック”のダイバーズ、「胸アツ秘話がたまらない」映画にまつわる名ウォッチほか【時計の人気記事ランキングベスト3】(2024年5月版)

「4万円台の機械式腕時計」マリンな青×白が映える夏おすすめダイバーズ!“阿波藍染レザー”を付属したオープンハートに注目

「今さら聞けない時計の基礎知識」クロノグラフ、3針モデル……機械式腕時計の“パーツの呼び名”を知る

「腕元に優美に輝くドレスウォッチ」キングセイコーの新シリーズ・KS1969は生誕の地“東京”に着想を得た3色で登場

「カレラ×ポルシェ963」タグ・ホイヤーがモータースポーツのレガシーとイノベーションの架け橋となるタイムピースをローンチ

「男心をくすぐる激アツコラボ時計」今年140周年を迎えたブライトリングがトライアンフとコラボした“クロノマット”をローンチ

【最注目のメンズケアブランドを徹底解剖】七つのキーワードからMARO17の魅力を紐解く!

「ロマンあふれる腕時計」ザ・ニシオギの最新作は隕石と天然石で夜空の煌めきと神秘を表現した珠玉の一本

【入荷したら即完売を繰り返す】アタオのギミック財布「チェス」の新作もやっぱり買い!

今月のモノマックス特別付録

「手ぶら派注目の付録」1280円でコスパ最強!4つの仕分けポケットが便利すぎるショルダーバッグ

「手ぶら派注目の付録」1280円でコスパ最強!4つの仕分けポケットが便利すぎるショルダーバッグ