MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

【メルセデスの新型SUV「GLC」が上陸】最新技術満載で2代目も人気確実!?

執筆者:

メルセデス・ベンツのSUVの中核を担う「GLC」がフルモデルチェンジ

この記事の画像一覧を見る(10枚)

メルセデス・ベンツのSUVの中核を担う「GLC」がフルモデルチェンジされて登場した。2022年9月に本国ドイツで発表されて以来、日本導入が待たれていたが、生産体制が整い、いよいよ販売が開始されることになった。2015年に初代モデルがデビューしたGLCはプレミアムミドルサイズSUVとして世界的に人気で、早くも大きな注目を集めている。

「世界が再注目するFCEV」長い航続距離&水素充填時間の短さが話題に! ホンダ“CR-V e:FCEV”がついに日本で販売開始

伸びやかでスポーティなシルエット

全方面で大きく進化した新型GLC2代目となった新型「GLC」でまず注目したいのが伸びやかでスポーティなシルエット。全長×全幅×全高は4,720×1,890×1,640mm、ホイールベースは2890mmと、全長を50mm、ホイールベースを15mm延長。メルセデスの最新のデザイン基本思想のもと、曲線を描く彫刻的な面により、プロポーションが強調された力強いデザインとなっている。

伸びやかでスポーティなシルエットの新型「GLC」

曲線を描く彫刻的な面で力強いデザインインテリアのデザインも特徴的。ダッシュボードは上下2つに分かれていて、上部は翼のような形状に航空機エンジンのナセルを想わせる丸みをつけたやや横長の角型エアアウトレットが配置され、下部には大きなインテリアトリムが広がる。そのインテリアトリムは仕様によって3種類が用意されている。

ラゲッジルームカバーはフロア下に格納可能ドアのインナーパネルは垂直面からアームレストが水平方向に張り出す形状で、浮遊しているように見える。このアームレストはドアを閉めるときのグリップになるだけでなく、助手席においてはグラブハンドルにもなるアイデアだ。

ディスプレイは、12.3インチと11.9インチのふたつを装備。運転席正面に備わる12.3インチディススプレイは浮かんでいるように配され、縦型11.9インチのセンターディススプレイはドライバー側に6度傾けられている。コックピットディスプレイとメディアディスプレイは3つのスタイル(ジェントル、スポーティ、クラシック)と4つのモード(ナビゲーション、アシスタンス、サービス、オフロード)の中から選択することでカスタマイズすることができる。

スポーティかつ新型「GLC」流の上質さが表現されているインテリア

リアシートのバックレストを約10度起こすことでラゲッジルームの容量が先代モデルより約70~80L増加ステアリングホイールは最新世代のものを装備。ナビゲーションやインストルメントクラスター内の各種設定や安全運転支援システムの設定を全て手元で完結することができるほか、ハンズオフ検知機能を静電容量式センサーに変更することで、より正確にドライバーの操作を認識するようになった。

また、室内を彩る「アンビエントライト」は、全64色から選択可能となったほか、単色の発光に加えて色の連続変化も可能となり、エアコンの温度設定に連動して青や赤に点灯したり、乗車時には乗員を迎え入れるといった演出も設定された。

インテリアの全体のイメージはスポーティなものだが、そこにさまざまなデザインを盛り込むことで、新型「GLC」流の上質さが表現されている。

ラゲッジルームが620〜1680Lと大容量なのも魅力で、ラゲッジルームカバーはフロア下に格納することができる。

620L~1680Lと大容量のラゲッジルームを備え、実用性が大きく向上

ラゲッジルームカバーはフロア下に格納可能

この記事のタグ

この記事を書いた人

近藤暁史

ライター近藤暁史

男だてらにお堅く学習院大学文学部国文学科卒。ファッション誌から一気に転身して、自動車専門誌の編集部へ。独立後は国内外の各媒体で編集・執筆、動画製作なども。新車、雑ネタを中心に、タイヤが付いているものならなんでも守備範囲。AJAJ(日本自動車ジャーナリスト協会)会員。自身のYouTubeチャンネル「こんどう自動車部」では、洗車・自動車のメンテナンスなどを中心に、クルマに関わる裏技を紹介中!

執筆記事一覧


Website:https://monomax.jp/

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

「世界が再注目するFCEV」長い航続距離&水素充填時間の短さが話題に! ホンダ“CR-V e:FCEV”がついに日本で販売開始

「使い方無限大」車中泊が気軽に楽しめる移動基地、3大人気ブランドの“業界最高峰”シューズ ほか【アウトドアの人気記事ランキング】(2024年6月版)

「跳ね馬のDNAを完璧に体現」フェラーリ新型車、レクサスの“遊べる注目車”徹底解説 ほか【クルマの人気記事ランキング】(2024年6月版)

「最新世代のガソリンエンジン採用」電動化、運転支援、デジタル化の領域でさらに進化!フォルクスワーゲン“ゴルフ”8.5世代に注目必至

「9月の注文開始に向けて先行公開」フォルクスワーゲン パサートが激進化、ボディタイプはヴァリアントに一本化

「220台が日本上陸」史上最もタフで、最も走破性が高く、最もラグジュアリーな究極のディフェンダー“オクタ(OCTA)”がワールドデビュー!

「メンズシャンプーシェア15年連続No.1!」皮ふ医学に基づいた知見が生きる“スカルプDのスカルプシャンプー”で夏の頭皮環境を整えよう!

【世界が認めたプレミアムシューケアブランド】ジェイソンマークが毎日の生活を豊かにしてくれる!

これぞTシャツコーデの男の作法! グンゼ「in.T(インティー)」があれば気分よくキマる!

今月のモノマックス特別付録

「豪華すぎる2点セット付録」チャムスのマルチツール&ブリキケースは日常、アウトドア、防災グッズとして超使える!

「豪華すぎる2点セット付録」チャムスのマルチツール&ブリキケースは日常、アウトドア、防災グッズとして超使える!