MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

最新号のご案内

3月号通常号

3月号通常号

2024年2月8日(木)発売
特別価格:1,280円(税込)

最新号を見る

モノマックス最新情報をSNSでチェック!

  • MonoMax Web YouTubeチャンネルはこちら!
  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

レトロでスタイリッシュなeバイク!環境先進国・ドイツ生まれの「ユニモーク」が魅力ありすぎ

執筆者:

レトロでスタイリッシュなeバイク!環境先進国ドイツ生まれの「ユニモーク MK」販売開始

この記事の画像一覧を見る(5枚)

eバイクが環境にやさしいことは重々承知。でも購入までの1歩を踏み出せない理由が、そのスタイリングという方も少なくないはずだ。高性能を謳うeバイクは、どれもスポーティなモデルばかり。確かに、1度のフル充電で航続距離が50kmもあれば遠出したくなる気になる。だからといってドロップハンドルが装着され、いつも前屈みで乗っていたら競輪選手みたいだ。それこそ自分の愛車に乗るのに、遠出しようというのに、着るファッションはeバイクに主導されてしまう。それでいて行き先は郊外のショッピングモールだったりすると、ちょっと恥ずかしい。

乗る姿勢も着る服も、行き先も使い方も、もっと自由にしたいからこそeバイクに手がでない……。なんて思ってたら、ちょい乗りやタウンユースにもぴったりなレトロでスタイリッシュなeバイク、「Unimoke MK(ユニモーク MK)」が新たに登場した。

アートの街、ベルリン発祥の電動自転車

「ユニモーク MK」はアートの街、ベルリン発祥の電動自転車メルセデスベンツ、BMW、ワーゲン、アウディなどのクルマを生み出すドイツ。自動車産業だけに特化しているのではなく、筆記用具のモンブランやラミー、髭剃りなどで馴染みのあるブラウン、カメラのライカ、プレミアム家電のミーレなどすべてが世界トップレベルだ。それでいて工業先進国のドイツは最先端の環境先進国でもある。

ずいぶん堅物なイメージのあるドイツではあるが、一方でベルリンは世界に知られた先進アートの街。自由な表現方法のアートが街中に溢れ、アートによって街が埋め尽くされている。そんなベルリン発祥の電動自転車ブランドが「URBAN DRIVESTYLE(アーバン ドライブスタイル)」だ。

レトロなスタイルに最新機能搭載

「ユニモーク MK」はレトロなスタイルに最新機能を搭載「次世代のために自然を守る責任がある」とドイツの基本法には記載があるようだ。そこで市民は一丸となって環境に配慮し、マイカーの利用率を減らすことにしている。もちろんその発展には政府のチカラも必要で、歩道の隣に自転車専用道が整備され、石油や電力に対する税金を課す環境税の導入や電力事業者へ再生可能エネルギーの買い取りを義務付けている。また環境都市と呼ばれるフライブルクでは、大胆な交通政策として市内へのクルマの乗り入れを規制するなど環境への取り組みが力強い。

そんな環境先進国生まれのeバイクブランド、「アーバン ドライブスタイル」にニューモデルが登場した。二酸化炭素を排出しない環境に配慮したサステナブルな次世代モビリティであるeバイクの最新モデル「Unimoke MK(ユニモーク MK)」だ。コンポーネンツはSHIMANO製 7段変速機。48V/16AhのリチウムイオンバッテリーはPanasonic製。環境先進国生まれの最新モデルを日本のブランドが陰で支えている。

この記事のタグ

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

話題沸騰中の“ハーレー”を体験、カワサキの“注目必至”電動モデル ほか【バイクの人気記事 月間ベスト3】(2024年1月)

【電動バイク、キックボードのおすすめ】今乗るべき「最新&大注目の乗り物」ベスト5!移動が楽しくなること間違いなし

【自転車・オブ・ザ・イヤー】大賞は「スマートでパワフル、全方位で使えるe-BIKE」に決定!注目ベスト4選

【免許不要】メカ好きにはたまらない……安定感バツグンの3輪電動キックボード「AINOHOT ST3」が予約開始!

【日本初上陸のサイクルウェア】ヨーロッパを代表する「ファウデ」の快適で環境に優しい豊富なラインナップが見逃せない!

【カワサキの注目必至バイク】スポーツタイプでは初!電動モデル「Ninja e-1」「Z e-1」がいよいよデビュー

“災害や停電”の備えでも、“性能”で選んでも、ポータブル電源は「Jackery」一択!

【このビジネスバッグが高コスパすぎる!】シーンによって拡張できるジャック・ウルフスキンの新作!

【設置が簡単すぎて感動!※】パナソニックの壁掛けテレビで部屋が激変した![BEAMSスタッフの自宅改造計画!]

今月のモノマックス特別付録

【この付録のバッグが便利すぎる!】6つの仕切りでバッグの中身がすっきり美しい!

【この付録のバッグが便利すぎる!】6つの仕切りでバッグの中身がすっきり美しい!