MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

「ケータハムセブンの電気自動車が登場」試作段階だが市販化の可能性は高い!?

執筆者:

英国ケータハムがEVのコンセプトカー「EVセブン」を発表

この記事の画像一覧を見る(4枚)

英国のケータハムがコンセプトカー「EVセブン」を発表した。「EVセブン」は将来の完全電気自動車セブンの技術開発コンセプトモデルとして、7月に英国で開催されるグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードで一般公開される。ケータハムは、EVセブンとは別に、完全電気自動車のスポーツカーコンセプトも開発している。

「使い方無限大」車中泊が気軽に楽しめる移動基地、3大人気ブランドの“業界最高峰”シューズ ほか【アウトドアの人気記事ランキング】(2024年6月版)

もっとも重要なのは軽量であることだった

ケータハムは、1973年にロータスの創始者コーリン・チャップマンから「セブン」の製造・販売権を獲得して以来、この軽量で2人乗りのスポーツカーを生産。チャップマンへのオマージュとして、ケータハムは今日も、ドライビング・エクスペリエンスと楽しさをすべての活動の中心に据えることを哲学としている。

今回発表されたコンセプト「EVセブン」は将来にわたってこの軽量で2人乗りのスポーツカーを継続する可能性を検証するもので、その実現に向けて大きな一歩を踏み出したと言える。

7月に英国で開催のグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードで一般公開

「EVセブン」の開発でもっとも重要なのは、軽量であることだったという。ケータハムのCEOであるボブ・レイシュリー氏は「私たちが将来生産するEVモデルは、ケータハムのDNAである、軽量で、ファントゥドライブ、ドライバーに焦点を当てたものでなければなりません。このプロジェクトの主な目的は、従来のセブンに比べて乗客一人分の重量差しかない車両を開発することです。1トンのセブンを発売することは決してありません」と語っている。

車両重量はベースとなるセブンからわずか70kgの重量増

その車両重量はベースとなる市販のセブンからわずか70kgの重量増(総重量700kg弱)で、ケータハム流に表現すれば、「EVセブン340」(340bhp/トン)ということになる。

この記事のタグ

この記事を書いた人

近藤暁史

ライター近藤暁史

男だてらにお堅く学習院大学文学部国文学科卒。ファッション誌から一気に転身して、自動車専門誌の編集部へ。独立後は国内外の各媒体で編集・執筆、動画製作なども。新車、雑ネタを中心に、タイヤが付いているものならなんでも守備範囲。AJAJ(日本自動車ジャーナリスト協会)会員。自身のYouTubeチャンネル「こんどう自動車部」では、洗車・自動車のメンテナンスなどを中心に、クルマに関わる裏技を紹介中!

執筆記事一覧


Website:https://monomax.jp/

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

「使い方無限大」車中泊が気軽に楽しめる移動基地、3大人気ブランドの“業界最高峰”シューズ ほか【アウトドアの人気記事ランキング】(2024年6月版)

「跳ね馬のDNAを完璧に体現」フェラーリ新型車、レクサスの“遊べる注目車”徹底解説 ほか【クルマの人気記事ランキング】(2024年6月版)

「最新世代のガソリンエンジン採用」電動化、運転支援、デジタル化の領域でさらに進化!フォルクスワーゲン“ゴルフ”8.5世代に注目必至

「9月の注文開始に向けて先行公開」フォルクスワーゲン パサートが激進化、ボディタイプはヴァリアントに一本化

「220台が日本上陸」史上最もタフで、最も走破性が高く、最もラグジュアリーな究極のディフェンダー“オクタ(OCTA)”がワールドデビュー!

「この出っ張り、いったい何?」ドアミラーの付け根…ほか “トヨタ車にほぼ付いている”小さな突起の効果を自動車ライターが解説

「メンズシャンプーシェア15年連続No.1!」皮ふ医学に基づいた知見が生きる“スカルプDのスカルプシャンプー”で夏の頭皮環境を整えよう!

【世界が認めたプレミアムシューケアブランド】ジェイソンマークが毎日の生活を豊かにしてくれる!

これぞTシャツコーデの男の作法! グンゼ「in.T(インティー)」があれば気分よくキマる!

今月のモノマックス特別付録

「豪華すぎる2点セット付録」チャムスのマルチツール&ブリキケースは日常、アウトドア、防災グッズとして超使える!

「豪華すぎる2点セット付録」チャムスのマルチツール&ブリキケースは日常、アウトドア、防災グッズとして超使える!