MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

最新号のご案内

3月号通常号

3月号通常号

2024年2月8日(木)発売
特別価格:1,280円(税込)

最新号を見る

モノマックス最新情報をSNSでチェック!

  • MonoMax Web YouTubeチャンネルはこちら!
  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

【年間100台以上を試乗する乗り物ライターが厳選】初めてからベテランライダーまでおすすめバイク6選

執筆者:

「レブル250」をベースとしたスクランブラーモデルのホンダ CL250

この記事の画像一覧を見る(14枚)

初夏になり、街中で気持ちよく走っているバイクの姿に刺激を受けて、新たにバイクライフを始めたい、または再開させたいと思う人にとって、安全かつ快適に使える車両というのは心強いもの。そこで今回ピックアップしたのが国産の新型モデル。扱いやすく、先進機能も搭載、そしてコストパフォーマンスも高いときている。後は自身のライフスタイルに合わせたモデルをチョイスするだけです!

モデル1:長距離ツーリングが快適なミドルアドベンチャー

スズキ V ストローム 800DEはミドルクラスのスポーツアドベンチャーツアラー

スズキ V ストローム 800DE
¥1,320,000 
問い合わせ:スズキお客様相談室 TEL:0120-402-253

●全長×全幅×全高=2,345×975×1,310mm ●シート高=855 mm ●車両重量=230kg ●総排気量=775 cc ●エンジン型式=水冷4サイクル直列2気筒/DOHC4バルブ ●最高出力=60kW(82PS)/8,500rpm ●最大トルク=76N・ⅿ(7.7kgf・ⅿ)/6,800rpm ●燃料消費率(WMTCモード値)=22.6㎞/L(クラス3、サブクラス3-2)1名乗車時

ミドルクラスのスポーツアドベンチャーツアラー。実用性や快適性を追求した軽量コンパクトな車体に、安定感のあるハンドリング、そして新開発のパラレルツインエンジンが滑らかな走りを実現。旅をしたくなる一台です。

Vストロームのアイコン的デザインといえる「クチバシ」「クチバシ」デザインを高い位置にし、サスペンションのストローク量を強調することで幅広い対応力を視覚的に表現。

Vストロームは、視認性に優れる5インチのカラーTFT液晶マルチインフォメーションディスプレイを装備5インチのカラーTFT液晶マルチインフォメーションディスプレイは視認性に優れ、豊富な情報をライダーに提供します。

モデル2:ワンランク上のデザインと走りを備えるスクーター

小さすぎず、大きすぎない程よいサイズ感にエレガントなスタイリングのスズキ バーグマン ストリート 125EX

スズキ バーグマン ストリート 125EX
¥317,900
問い合わせ:スズキお客様相談室 TEL:0120-402-253

●全長×全幅×全高=1,905×700×1,140 mm ●シート高=780 mm ●車両重量=112 kg ●総排気量=124 cc ●エンジン型式=空冷4サイクル単気筒/SOHC2バルブ ●最高出力=6.1kW(8.3PS)/6,500rpm ●最大トルク=10N・ⅿ(1kgf・ⅿ)/5,500rpm ●燃料消費率(WMTCモード値)=56㎞/ L(クラス1)1名乗車時

平均的な体格の男性が乗っても、小さすぎず、大きすぎない程よいサイズ感にエレガントなスタイリング。そして快適な走りを実現してくれるスクーターは、スーツスタイル等にもマッチするので大人ライダーにもおすすめです。

バーグマンはちょっとした手荷物をスマートに収納できるシート下のトランクスペースを持つちょっとした手荷物をスマートに収納できるシート下のトランクスペースが便利。その容量は21. 5Lとなっている。

力強さをキープしつつ低燃費を実現したSEP-αエンジンを搭載するバーグマン力強さをキープしつつ低燃費を実現したSEP-αエンジンを搭載。アイドリングストップを備えつつ、静かな始動性も実現。

この記事のタグ

モノマックス2024年3月号のご案内

3月号通常号

モノマックス2024年3月号

特別付録は「アーバンリサーチ 6つのスペースで荷物を整理できる!3WAYショルダーバッグ」!

2024年2月8日(木)発売
特別価格:1,280円(税込)

モノマックス2024年3月号を見る

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

【スズキの使える軽ワンボックス】クラストップレベルの積載能力でアウトドアでも◎ 「エブリイ」が一部改良で新登場

【400ccクラス最強のバイク】「ホンダ CBR400R」は普通二輪免許で味わえる“最高峰レベルの走り”を手に入れられる一台だ

【“欲張り派”注目の新型バイク】街も旅も林道も楽しめるホンダのクロスオーバーモデル「NX400」が使える!

【絶大な人気を誇るスズキの本格派】スズキ「ジムニー/ジムニー シエラ」が仕様変更、法規対応に伴う改良で安全性が向上!

【Xスポーツ譲りの電動バイク】eパルクーラーってナンダ!? BMW「CE 02」をリスボンで体験してみた!

話題沸騰中の“ハーレー”を体験、カワサキの“注目必至”電動モデル ほか【バイクの人気記事 月間ベスト3】(2024年1月)

“災害や停電”の備えでも、“性能”で選んでも、ポータブル電源は「Jackery」一択!

【このビジネスバッグが高コスパすぎる!】シーンによって拡張できるジャック・ウルフスキンの新作!

【設置が簡単すぎて感動!※】パナソニックの壁掛けテレビで部屋が激変した![BEAMSスタッフの自宅改造計画!]

今月のモノマックス特別付録

【この付録のバッグが便利すぎる!】6つの仕切りでバッグの中身がすっきり美しい!

【この付録のバッグが便利すぎる!】6つの仕切りでバッグの中身がすっきり美しい!