MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

【話題のE-バイク】先進かつスタイリッシュな“CAKE”の電動バイクをショールームで体感!

執筆者:

ショールームは期間限定となりオープンは8月末まで

この記事の画像一覧を見る(13枚)

近年、新たな電動バイクが次々と登場する中、今年スポーツアパレルメーカーであるゴールドウインが新たな展開として開始したのが、スウェーデンのプレミアム電動バイクメーカーCAKE社が展開するプレミアム電動バイクの販売。この春に開催されたバイクの一大イベント“モーターサイクルショー”でも広く大胆なレイアウトで多くの人の目を引き、注目されていた。

5月からWEBでの販売が開始されたが、イベント以外で実車を見れたり、触れたり、また試乗したりする機会はまだまだ少ない。そこでCAKEの車両をより身近に感じ、体験してもらえるようにと日本初の公式ポップアップショールーム「CAKE Tokyo」が丸の内ビルディングにオープンした!8月末までの期間限定となっているので、先進かつスタイリッシュな電動バイクに興味を持った人はぜひ足を運んで見てほしい!

「今最もアツいバイクメーカー」トライアンフの大注目モデル“スピード400&スクランブラー400X”を乗り物ライターが体験レポート

クリーンでスタイリッシュなスウェーデン発のプレミアム電動バイク

静かな走りで自然の音を感じ、一体感を得られるのが魅力CAKE社はスウェーデンのプレミアム電動バイク/自転車メーカーで、「エキサイティングなモビリティ体験」と「環境への責任」の両立をテーマに、ゼロエミッション社会への移行を目指している。CAKE社にとっての持続可能性とは、人と自然の共生をよりスマートで、環境に優しく、健康的かつ平和的に実現すること。そのために年齢や性別にサイズ、そしてスタイルを問わず、誰もが敬意をもって自然と都市を冒険できる製品を生み出している。

CO2を排出しない地球に優しいモビリティ CAKEの電動バイクは、時代を超えて愛される普遍的な美しさを追求されたミニマルなデザインのボディに革新的な技術と新しいテクノロジーを搭載したモデルとなり、静かな走りで自然や都市の風景に溶け込み、また走行中にCO₂を排出することもないクリーンでサステナブルを考慮したものとなっている。

この記事のタグ

この記事を書いた人

安室淳一

ライター安室淳一

クルマ、バイク、自転車専門誌の編集を経てフリーランスに。現在は乗り物とそれに関連するギアやファッション、遊び方等を中心に、雑誌、WEB、カタログ、広告等で編集・執筆活動中。

執筆記事一覧


Instagram:@freerider1226

Website:https://monomax.jp/

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

「箱型に変形する話題の電動バイク」デスク下にも収納可!? トランスフォームするスゴい“タタメルバイク”を乗り物ライターが体験レポート

10万円台で買える「間違いない」電動アシ自転車、ヤマハの最新作「パス クレイグ」ほか【自転車の人気記事ランキング】(2024年5月版)

「親子ペアで楽しめるe-BIKE」パナソニックのゼオルトシリーズから子供向けの希少な“SJF”、日常使いに嬉しい“S3F”がデビュー!

【体験レポート】電動バイクを屋内で楽しめる国内最大規模のアクティビティ施設「ASAMA PEAKs 」が北軽井沢にオープン!

【こんなe-BIKEが欲しかった】シーンレスに使えるヤマハの最新作「パス クレイグ」なら街乗りが楽しすぎる!

【電動アシスト自転車のベストバイ】高性能&オシャレなのに10万円台で買える「間違いない」鉄板ブランドの名車4選

「メンズシャンプーシェア15年連続No.1!」皮ふ医学に基づいた知見が生きる“スカルプDのスカルプシャンプー”で夏の頭皮環境を整えよう!

【世界が認めたプレミアムシューケアブランド】ジェイソンマークが毎日の生活を豊かにしてくれる!

これぞTシャツコーデの男の作法! グンゼ「in.T(インティー)」があれば気分よくキマる!

今月のモノマックス特別付録

「豪華すぎる2点セット付録」チャムスのマルチツール&ブリキケースは日常、アウトドア、防災グッズとして超使える!

「豪華すぎる2点セット付録」チャムスのマルチツール&ブリキケースは日常、アウトドア、防災グッズとして超使える!