MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

最新号のご案内

3月号通常号

3月号通常号

2024年2月8日(木)発売
特別価格:1,280円(税込)

最新号を見る

モノマックス最新情報をSNSでチェック!

  • MonoMax Web YouTubeチャンネルはこちら!
  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

【話題のE-バイク】先進かつスタイリッシュな“CAKE”の電動バイクをショールームで体感!

執筆者:

本国の店舗と同様のクリーンでスタイリッシュな店内

店内は本国のショップと同様の雰囲気で作られている バイクだけでなく、その他のアイテムも展示されている 店舗は東京駅の丸の内口の目の前にある丸の内ビルディングの1Fにあり、ホワイトを基調とした店内にミニマムながらも存在感を放つ車両が飾られていて外側からも一目で分かる外観となっている。

一歩店内に足を踏み入れるとホワイトカラーに包まれる感じと、近未来的な雰囲気に少し不思議な感覚を覚える。ホワイトを基調とした店内はスウェーデン本国の店舗と同じイメージで仕上げられ、スペースを広く使って車両を見やすくレイアウトされている。店舗正面には大きなモニターがあり、手前側の壁にはシンプルな棚が設けられ、ブランドのキャップやTシャツ、ブック、そして車両のフィギュアなどが飾られている。

試乗可能な車両はカルクアンドとマッカレンジの2種類入口横にはブランドや主なモデルを分かりやすく説明したパネルが設置されていた。店内に置かれているモデルは、不定期ではあるが、入れ替わる予定ということ。また試乗できる車両としては、オフロードスタイルのカルクアンド(普通自動二輪モデル)とスクータースタイルのマッカレンジ(原付一種モデル)の2モデルとなっている。試乗の方法はホームページの「Test ride」で車両を選択してから日にち(曜日は水木土日)と時間(12時〜16時の5枠*試乗時間は30分)を選び、連絡先等を入力して完了という流れ。

CAKE  試乗モデルスペック

オフロードスタイルのモデル、カルクアンド

■Kalk& (カルク アンド)
車両本体価格:¥2,915,000(税込)
最高速度:90km/h 
航続距離:86km
最大瞬間出力/定格出力:10kW/5.8kW
車両重量:79㎏
免許:普通自動二輪(AT限定含む)
カラー:グレー

スクータースタイルのモデル、マッカレンジ

■Makka range (マッカ レンジ)
車両本体価格:¥869,000(税込)
最高速度:30km/h (※2)
航続距離:66km
最大瞬間出力/定格出力:1kW/0.6kW
車両重量:70㎏
免許:原動機付自転車免許(原付)
カラー:ホワイト、グレー

電力をエネルギーとし、モーターの静寂性を特長としているCAKEの電動バイクは、走行中に自然や都市の音をしっかりと体感しながら移動することができ、移動を通して自然や都市と繋がりを感じることができる。エンジンバイクとはまた違った体験ができるので、興味のある方は是非一度、試乗してみることをおすすめしたい。

CAKE Tokyo(ケイク トウキョウ)
住所:東京都千代田区丸の内二丁目4番1号 丸の内ビルディング 1F
TEL:090-6001-5922
営業時間:平日・土曜 11:00~21:00、日曜・祝日 11:00~20:00
定休日:不定休(丸の内ビルディングに準ずる)
期間:2023年8月末まで
ホームページ:https://ridecake.jp

取材・文/安室淳一 写真提供/ゴールドウイン

この記事の画像一覧
  • ショールームは期間限定となりオープンは8月末まで
  • 静かな走りで自然の音を感じ、一体感を得られるのが魅力
  • CO2を排出しない地球に優しいモビリティ
  • 洗練されたミニマルなスタイリングが特長となっている
  • 外側からもすぐに見つけられるホワイトカラーで統一されたショールーム
  • アパレルブランドショップのようなスタイリッシュな雰囲気
  • スウェーデン生まれのプレミナム電動バイクブランド「CAKE」
  • 店内には子供用のモデルも展示
  • 試乗可能な車両はカルクアンドとマッカレンジの2種類
  • バイクだけでなく、その他のアイテムも展示されている
  • 店内は本国のショップと同様の雰囲気で作られている
  • オフロードスタイルのモデル、カルクアンド
  • スクータースタイルのモデル、マッカレンジ

この記事の画像一覧を見る(13枚)

12

この記事のタグ

この記事を書いた人

ライター/安室淳一

ライター/安室淳一

クルマ、バイク、自転車専門誌の編集を経てフリーランスに。現在は乗り物とそれに関連するギアやファッション、遊び方等を中心に、雑誌、WEB、カタログ、広告等で編集・執筆活動中。

Instagram:@freerider1226

Website:https://monomax.jp/

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

話題沸騰中の“ハーレー”を体験、カワサキの“注目必至”電動モデル ほか【バイクの人気記事 月間ベスト3】(2024年1月)

【電動バイク、キックボードのおすすめ】今乗るべき「最新&大注目の乗り物」ベスト5!移動が楽しくなること間違いなし

【自転車・オブ・ザ・イヤー】大賞は「スマートでパワフル、全方位で使えるe-BIKE」に決定!注目ベスト4選

【免許不要】メカ好きにはたまらない……安定感バツグンの3輪電動キックボード「AINOHOT ST3」が予約開始!

【カワサキの注目必至バイク】スポーツタイプでは初!電動モデル「Ninja e-1」「Z e-1」がいよいよデビュー

最新e-BIKEの実力をガチリポート、待ち遠しいシンプル派の最適解 ほか【自転車の人気記事 月間ベスト3】(2023年11月)

“災害や停電”の備えでも、“性能”で選んでも、ポータブル電源は「Jackery」一択!

【このビジネスバッグが高コスパすぎる!】シーンによって拡張できるジャック・ウルフスキンの新作!

【設置が簡単すぎて感動!※】パナソニックの壁掛けテレビで部屋が激変した![BEAMSスタッフの自宅改造計画!]

今月のモノマックス特別付録

【コールマンのバッグ付録がすごい!】水に強い、5つのポケット付きで最強説!

【コールマンのバッグ付録がすごい!】水に強い、5つのポケット付きで最強説!