MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

【爆発的人気で初期生産分はすでに完売!?】アルファード/ヴェルファイアが新型となって登場

執筆者:

アルファード/ヴェルファイアが新型となって登場

この記事の画像一覧を見る(12枚)

トヨタからLLクラス ミニバンのアルファード/ヴェルファイアが新型となって登場した。アルファードはよりラグジュアリーに、ヴェルファイアはよりアグレッシブな方向に進化しており、その個性が明確化されたのも注目点となる。すでにいずれも好調な受注を記録しているようで、新型への期待の大きさがわかる。なお、プラグインハイブリッド車(PHEV)は遅れての登場となる。

「世界が再注目するFCEV」長い航続距離&水素充填時間の短さが話題に! ホンダ“CR-V e:FCEV”がついに日本で販売開始

究極のホスピタリティを盛り込んだ「大空間高級サルーン」

「性能を世界基準に昇華させる」を開発テーマに定め、プラットフォームを刷新アルファードは、ミニバンブームの2002年に「トヨタの最高級ミニバン」として誕生。2008年にはアルファードが2代目に進化し、それと同時に、より個性を求めるユーザーに向けてヴェルファイアが登場した。2015年の3代目では、リアにダブルウィッシュボーン式サスペンションを採用して上質な乗り心地に磨きをかけ、最上位グレード「Executive Lounge」を新設するなど、ミニバンから「大空間高級サルーン」へと進化してきた。

乗員すべてが相手を思いやり感謝し合える空間という価値をさらに追求「Forceful×IMPACT LUXURY」というデザインキーワードをもと、突進するような力強さ&躍動感を実現車内に究極のホスピタリティを盛り込んだ「大空間高級サルーン」という発想は、まさに日本ならではで、当初、海外からは戸惑いの目で見られていたが、いまや北米や中国をはじめ、全世界で根強い人気を獲得するに至っている。

今回のモデルチェンジでは、従来から受け継がれる、乗員すべてが相手を思いやり感謝し合える空間という価値をさらに追求して開発を進めたという。そのために「性能を世界基準に昇華させる」を開発テーマに定め、プラットフォームを刷新。「高級サルーン」として、振動・騒音対策、燃費や走りといった基本性能を向上させながら、内外装デザイン、ゆとりの室内空間、使い勝手などをさらに向上させた。

「快適な移動の幸せ」の追求のため、「性能を世界基準に昇華させる」を開発テーマに定めたなお、現時点ではアルファード/ヴェルファイアはすべて2-2-3の7人乗りとなっている。

上質な空間として、とくに後席の快適性向上に取り組む

風切音発生の対策などにより、「森の中にいるような」心地の良い静けさを追求ボディサイズは一般的な機械式駐車場の制限(全長5,000mm×全幅1,850mm以下)に収まる大きさにとどめながら、サイド部分の意匠に抑揚を持たせることで、力強く堂々としたスタイルを実現。「箱型ではないワンボックス」として、カタマリ感のある、あたかも闘牛が躍動しているかのようなモチーフのデザインとしている。

上質なプライベートルームとしても利用できるよう、とくに後席の振動・騒音の低減に徹底して取り組んでいるのも注目点。車体底部の後方にブレースをV字型に設け、後席足元付近には高減衰タイプの構造用接着剤を、車両後方のねじれなどが生じやすい箇所付近には高剛性タイプの構造用接着剤を使用。スライドドアの開口部の剛性を強化した上で、サスペンションはフロントのストラット式、リアのダブルウィッシュボーン式を新たに設計、地面から伝わる微細な振動を吸収する周波数感応型ショックアブソーバーも採用している。

また、ロードノイズや風切り音については、新開発の低騒音タイヤの採用や、エンジンフードの先端やドアミラー、フロントピラーといった風圧を強く受ける部分の形状を最適化するなど風切音発生の対策などを行っている。

照明や各種スイッチ類などを天井中央に集約した、スーパーロングオーバーヘッドコンソール

サイドサンシェードはトヨタ初の下降タイプを採用。「日差しを遮りながらも景色を楽しみたい」といった要望に応えたインテリアでは、天井中央にスーパーロングオーバーヘッドコンソールを装備し、反対側の窓を開閉したり照明を調節できるなど後席のどこにいても使いやすい操作性を実現。さらに、スライドドア部のユニバーサルステップをトヨタとして初めて右側にも採用するなど、快適な乗り降りをサポートする。

この記事のタグ

この記事を書いた人

近藤暁史

ライター近藤暁史

男だてらにお堅く学習院大学文学部国文学科卒。ファッション誌から一気に転身して、自動車専門誌の編集部へ。独立後は国内外の各媒体で編集・執筆、動画製作なども。新車、雑ネタを中心に、タイヤが付いているものならなんでも守備範囲。AJAJ(日本自動車ジャーナリスト協会)会員。自身のYouTubeチャンネル「こんどう自動車部」では、洗車・自動車のメンテナンスなどを中心に、クルマに関わる裏技を紹介中!

執筆記事一覧


Website:https://monomax.jp/

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

「世界が再注目するFCEV」長い航続距離&水素充填時間の短さが話題に! ホンダ“CR-V e:FCEV”がついに日本で販売開始

「使い方無限大」車中泊が気軽に楽しめる移動基地、3大人気ブランドの“業界最高峰”シューズ ほか【アウトドアの人気記事ランキング】(2024年6月版)

「跳ね馬のDNAを完璧に体現」フェラーリ新型車、レクサスの“遊べる注目車”徹底解説 ほか【クルマの人気記事ランキング】(2024年6月版)

「最新世代のガソリンエンジン採用」電動化、運転支援、デジタル化の領域でさらに進化!フォルクスワーゲン“ゴルフ”8.5世代に注目必至

「9月の注文開始に向けて先行公開」フォルクスワーゲン パサートが激進化、ボディタイプはヴァリアントに一本化

「220台が日本上陸」史上最もタフで、最も走破性が高く、最もラグジュアリーな究極のディフェンダー“オクタ(OCTA)”がワールドデビュー!

「メンズシャンプーシェア15年連続No.1!」皮ふ医学に基づいた知見が生きる“スカルプDのスカルプシャンプー”で夏の頭皮環境を整えよう!

【世界が認めたプレミアムシューケアブランド】ジェイソンマークが毎日の生活を豊かにしてくれる!

これぞTシャツコーデの男の作法! グンゼ「in.T(インティー)」があれば気分よくキマる!

今月のモノマックス特別付録

「豪華すぎる2点セット付録」チャムスのマルチツール&ブリキケースは日常、アウトドア、防災グッズとして超使える!

「豪華すぎる2点セット付録」チャムスのマルチツール&ブリキケースは日常、アウトドア、防災グッズとして超使える!