MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

最新号のご案内

3月号通常号

3月号通常号

2024年2月8日(木)発売
特別価格:1,280円(税込)

最新号を見る

モノマックス最新情報をSNSでチェック!

  • MonoMax Web YouTubeチャンネルはこちら!
  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

【ヤマハの新型バイク】肩肘張らないバイクライフを楽しめるライトスーパースポーツ「YZF-R125&R150」に注目!

執筆者:

気軽に楽しく、アクティブに使えるヤマハロードスポーツモデルの第一弾となる「YZF-R125&R150」

この記事の画像一覧を見る(12枚)

オートバイの免許は持っていても「バイクに乗る」ことへの一歩をなかなか踏み出せない人は意外と多い。その理由として考えられるのは、バイク自体の運転への不安や上手く想像できない不透明な活用シーン、そして車両の価格であろう。確かに大排気量のバイクは見た目も良く存在感もあって魅力的に映るが、運転するには体力や技術もある程度必要で、街でのチョイ乗りにはやや不向き。そして車両自体の価格も高価だ。それをいきなり手に入れて生活に取り入れるというのは結構ハードルが高い。

まずは気軽に楽しくバイクライフをはじめたいという人におすすめしたいのが、これから登場するヤマハの125ccオンロードモデルシリーズ。そして今回ご紹介するのが、その第一弾となるスーパースポーツモデルの「YZF-R125」とその兄弟モデルの「YZF-R150」だ。肩肘張らず、まずは気軽にバイクライフをはじめることができるファーストバイクにピッタリの一台となっている。

RシリーズのDNAをしっかりと継承するデザイン

MotoGPマシンYZR-M1やスーパースポーツモデルYZF-Rシリーズを受け継ぎ、水平基調のデザインを継承したシルエットその見た目は、MotoGPマシンYZR-M1やスーパースポーツモデルYZF-Rシリーズを受け継ぎ、水平基調のデザインを継承したシルエットや空力性能に優れるエアマネージメントカウル、そしてM字型のダクトやシングルヘッドライト&2眼のポジションランプなど、スーパースポーツならではの“速さ”を感じさせる。

また一目で“YZF-Rシリーズ”であると分かるスタイリングとなっている。カラーリングは、ヤマハモーターサイクルのシンボルであり、高い技術をパフォーマンスをイメージさせる「ブルー」をはじめ、ライダーの様々なファッションや訪れる場所にも馴染む「ブラック」、そしてヤマハの新たなトレンドの提案となる「グレー」の3色が用意されている。

非日常を楽しめる軽快な走りを生み出すエンジンと足まわり

優れたパワーと加速を発揮する124ccの水冷単気筒エンジンを搭載。

リヤタイヤに140mm幅のワイドな17インチタイヤを備えることでグリップ性と耐摩耗性を両立させ、快適な走りを支える。シャープなボディと最適化がおこなわれたフレームに搭載されているのは、優れたパワーと加速を発揮する124ccの水冷単気筒エンジン。中低速での操作性を高めてくれるVVA(可変バルブ)が採用され、幅広い回転数域で扱いやすいパワーを引き出してくれる。

軽量なアルミ製のリアアームを採用することでサスペンションの性能を最大限に引き出し、リヤタイヤに140mm幅のワイドな17インチタイヤを備えることでグリップ性と耐摩耗性を両立させ、快適な走りを支えている。

この記事のタグ

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

【400ccクラス最強のバイク】「ホンダ CBR400R」は普通二輪免許で味わえる“最高峰レベルの走り”を手に入れられる一台だ

【“欲張り派”注目の新型バイク】街も旅も林道も楽しめるホンダのクロスオーバーモデル「NX400」が使える!

【Xスポーツ譲りの電動バイク】eパルクーラーってナンダ!? BMW「CE 02」をリスボンで体験してみた!

話題沸騰中の“ハーレー”を体験、カワサキの“注目必至”電動モデル ほか【バイクの人気記事 月間ベスト3】(2024年1月)

【電動バイク、キックボードのおすすめ】今乗るべき「最新&大注目の乗り物」ベスト5!移動が楽しくなること間違いなし

【ライダー待望のバイク】英国トライアンフの新型ミドルスーパースポーツ「デイトナ660」に注目必至!

“災害や停電”の備えでも、“性能”で選んでも、ポータブル電源は「Jackery」一択!

【このビジネスバッグが高コスパすぎる!】シーンによって拡張できるジャック・ウルフスキンの新作!

【設置が簡単すぎて感動!※】パナソニックの壁掛けテレビで部屋が激変した![BEAMSスタッフの自宅改造計画!]

今月のモノマックス特別付録

【この付録のバッグが便利すぎる!】6つの仕切りでバッグの中身がすっきり美しい!

【この付録のバッグが便利すぎる!】6つの仕切りでバッグの中身がすっきり美しい!