MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

最新号のご案内

3月号通常号

3月号通常号

2024年2月8日(木)発売
特別価格:1,280円(税込)

最新号を見る

モノマックス最新情報をSNSでチェック!

  • MonoMax Web YouTubeチャンネルはこちら!
  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

【アウトドア好きにたまらないe-BIKE】デイトナモビリティの新モデル「DE04」はこだわり感満載の一台

執筆者:

デイトナモビリティ4年ぶりの新モデルとなる「DE04」はアウトドアシーンにマッチするデザイン

この記事の画像一覧を見る(15枚)

日常の移動手段として一般化してきた感のあるe-BIKE。ママたちの子乗せモデル以外にも自転車メーカー各社からさまざまなモデルが続々と登場し、選ぶ方にとっては確かに嬉しい状況となってきている。デザインの好みや活用用途等、人それぞれ選ぶ基準は異なるが、スマート&アクティブにe-BIKEを使いたいという人に向けて新たに登場予定のデイトナモビリティ「DE04」をご紹介。

トラディショナルなデザインに高い走破性をプラス

デイトナモビリティはオートバイ乗りであれば、その大半が知っているアフターパーツメーカーが2012年に立ち上げたブランド。これまでにシンプル&スタイリッシュな3つのモデルを展開していて、そのブランドが4年ぶりに発表したのがこの「DE04」。“ちょこっとアウトドア”というコンセプトを基に開発されたモデルとなり、街乗りだけでなく、週末は自然の中での走りを気軽に満喫したい、そんな人にとって最適な一台となっている。

アクティブな印象のスタイルとなっているデイトナモビリティの新型モデル「DE04」”ちょこっとアウトドア”というコンセプトを基に開発されたモデルで足元にはファットタイヤを備える軽くて丈夫なアルミニウム製のフレームは、トップチューブをハンドルからサドル下まで二本のチューブとした男女問わずまたがりやすいミキストスタイル。またDE01の楕円形パイプを踏襲したことで骨太感もプラス。そして足元には3インチの太めのタイヤが採用され、これによってアウトドアに映える見た目とともにDEシリーズ随一の走破性も得ている。前後にはマットガードも標準で装備され、ちょっとしたダートも気兼ねなく、楽しくことができるようになっている。

この記事のタグ

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

話題沸騰中の“ハーレー”を体験、カワサキの“注目必至”電動モデル ほか【バイクの人気記事 月間ベスト3】(2024年1月)

【電動バイク、キックボードのおすすめ】今乗るべき「最新&大注目の乗り物」ベスト5!移動が楽しくなること間違いなし

【自転車・オブ・ザ・イヤー】大賞は「スマートでパワフル、全方位で使えるe-BIKE」に決定!注目ベスト4選

【免許不要】メカ好きにはたまらない……安定感バツグンの3輪電動キックボード「AINOHOT ST3」が予約開始!

【日本初上陸のサイクルウェア】ヨーロッパを代表する「ファウデ」の快適で環境に優しい豊富なラインナップが見逃せない!

【カワサキの注目必至バイク】スポーツタイプでは初!電動モデル「Ninja e-1」「Z e-1」がいよいよデビュー

“災害や停電”の備えでも、“性能”で選んでも、ポータブル電源は「Jackery」一択!

【このビジネスバッグが高コスパすぎる!】シーンによって拡張できるジャック・ウルフスキンの新作!

【設置が簡単すぎて感動!※】パナソニックの壁掛けテレビで部屋が激変した![BEAMSスタッフの自宅改造計画!]

今月のモノマックス特別付録

【この付録のバッグが便利すぎる!】6つの仕切りでバッグの中身がすっきり美しい!

【この付録のバッグが便利すぎる!】6つの仕切りでバッグの中身がすっきり美しい!