MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

最新号のご案内

3月号通常号

3月号通常号

2024年2月8日(木)発売
特別価格:1,280円(税込)

最新号を見る

モノマックス最新情報をSNSでチェック!

  • MonoMax Web YouTubeチャンネルはこちら!
  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

【日本逆輸入もある!?】トヨタがタイで発表した新型ピックアップトラック「ハイラックス チャンプ」に期待!

執筆者:

タイで発表されたIMVシリーズの新型ピックアップトラック「ハイラックス チャンプ」

この記事の画像一覧を見る(7枚)

トヨタ自動車とトヨタ・モーター・タイランドは、11月27日、IMVシリーズの新型ピックアップトラックの発表会をタイ・バンコクで行ない、現地モデル名「ハイラックス チャンプ」として受注を開始した。車両価格は45.9万〜57.7万バーツで、トヨタ・モーター・タイランドのサムロン工場で生産される。そのカッコ良さに早くも日本逆輸入を期待する声が上がっている。

タイで開発・生産が行われるグローバルカー「IMVシリーズ」

今回は3タイプのエンジンのほか、フラットデッキ仕様など8つのグレード/11の架装モデルが発表されたIMVとは「Innovative International Multi-purpose Vehicle」の略で、アジア本部長だった現会長の豊田章男氏が指揮をとり、「アジアの人々とともに、アジアの経済に貢献したい」という想いを込めて、現地のエンジニアとともに「現地現物」で開発されるモデルのこと

IMVシリーズはジャパンモビリティショー2023のトヨタブースでも紹介されているので、ご存知の人も多いことだろう。

IMVシリーズは2004年にタイでピックアップトラックが登場して以来、世界180以上の国と地域に導入され、地域のニーズに即してミニバンやSUVに形を変えるなど進化。タイでは「国民車」として暮らしの基盤となり、タイ国内で累計270万台以上を販売したほか、累計400万台以上を世界各国へ輸出し、タイ経済に貢献してきた。

その一方で、自動車市場環境の変化やニーズの多様化に伴い、タイの暮らしも大きく変化してきたため、IMVシリーズも「真にお求めやすく、お客さまのニーズに寄り添うIMVピックアップトラックをつくる」という原点に立ち返り、現地のエンジニアが中心となってユーザーのライフスタイルを徹底的に調査しながら、今回の新型車を開発した。

この記事のタグ

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

【漆黒のボディカラー】シトロエンの特別仕様「エディション ノアール」は人気シリーズとなるか!

【絶大な人気を誇るスズキの本格派】スズキ「ジムニー/ジムニー シエラ」が仕様変更、法規対応に伴う改良で安全性が向上!

【三菱の世界戦略車がついに】新型「トライトン」販売開始!先行予約好調で日本でピックアップトラックの人気再燃か

【脅威の高コスパモノ】大バズり中“泡洗車用フォームガン”がついに電動化 ほか 「コメリの価格破壊」最新アイテム3選

最高傑作!ホンダの新型「N-BOX」、洗練された“黒”のフィット ほか【クルマの人気記事 月間ベスト3】(2024年1月)

「パーキングメーターの料金は払わなくていい!?」意外と知らない有料駐車場のルールと抜け道

【このビジネスバッグが高コスパすぎる!】シーンによって拡張できるジャック・ウルフスキンの新作!

【設置が簡単すぎて感動!※】パナソニックの壁掛けテレビで部屋が激変した![BEAMSスタッフの自宅改造計画!]

【ギフトにも自分へのご褒美にも最高!】ピエールラニエのスケルトンモデルを選ぶ5つの理由とは?

今月のモノマックス特別付録

【この付録のバッグが便利すぎる!】6つの仕切りでバッグの中身がすっきり美しい!

【この付録のバッグが便利すぎる!】6つの仕切りでバッグの中身がすっきり美しい!