MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

【“欲張り派”注目の新型バイク】街も旅も林道も楽しめるホンダのクロスオーバーモデル「NX400」が使える!

執筆者:

先進の機能搭載で快適かつ安心な走りを実現

走行時にも豊富な情報を見やすく、直感的に扱うことが可能な5.0インチのTFTフルカラー液晶メーターライダーは自身がより見やすい好みの表示をセレクトできる。こちらはシンプルバージョン

ライダーは自身がより見やすい好みの表示をセレクトできる。こちらはサークルバージョンライダーが気分良く、また快適に走ることをサポートしてくれる装備も充実。走行時にも豊富な情報を見やすく、直感的に扱うことが可能な5.0インチのTFTフルカラー液晶メーターを新たに採用し、ライダーは自身がより見やすい好みの表示をバー、サークル、シンプルの3タイプから選択することができる。また背景色もホワイト、ブラック、自動の設定を可能としている。

BluetoothでNX400とスマートフォンを連携させるシステム「Honda RoadSync」を搭載。手元のコントロールスイッチで操作をおこなう し、ハンドルスイッチやBluetooth接続されたヘッドセットを通じたライダーの音声等によって、スマートフォンの地図や音楽アプリ等の操作を可能とするHonda RoadSyncもまたNX400とスマートフォンをBluetoothで連携し、ハンドルスイッチやBluetooth接続されたヘッドセットを通じたライダーの音声等によって、スマートフォンの地図や音楽アプリ等の操作を可能とするHonda RoadSyncも採用され、快適なライディングシーンを実現してくれる。

アクティブ&モダンな印象のカラー「パールグレアホワイト」精悍かつ洗練された雰囲気を漂わせるカラー「マットバリスティックブラックメタリック」カラーリングは、アクティブ&モダンな印象の「パールグレアホワイト」と、シックで精悍かつ洗練された雰囲気を漂わせる「マットバリスティックブラックメタリック」の2色を展開。

ホンダ「NX400」スペック

全長×全幅×全高(mm):2150×830×1390
シート高(mm):830
車重(kg):196
排気量(cc):399
タンク容量(L):17
最高出力(PS/rpm):46/9000
最大トルク(kgf・m/rpm):3.9/7500   
価格:¥891,000(税込)

問い合わせ:ホンダお客様相談センター TEL:0120-086819
公式ホームページ:https://www.honda.co.jp/NX400/

取材・文/安室淳一 写真提供/本田技研工業株式会社

この記事の画像一覧
  • ホンダの新型クロスオーバーモデル「NX400」
  • 街乗りからツーリング、ロングライドも快適
  • 低・中回転域では力強いトルクを感じ、高回転では伸びのある加速を味わえる
  • フラットダートもこなし、キャンプツーリングも楽々
  • 塊感のある造形とレイヤー構造をシンプルに構成する形でタフさと軽快さを表現
  • アドベンチャー要素もありつつ、モダンな印象を与えるスタイリング
  • 排気量399ccの水冷直列2気筒エンジンを搭載
  • ヘッドライトは直線走行時のビーム到達距離を維持しつつも広い配光も実現
  • ストップランプ部をテールランプ発光部と分離することで点灯時の被視認性も高めている
  • ハザードランプを高速点滅によって急ブレーキをいち早く後続車に伝えることが可能なエマージェンシーストップシグナルを搭載
  • 走行時にも豊富な情報を見やすく、直感的に扱うことが可能な5.0インチのTFTフルカラー液晶メーター
  • ライダーは自身がより見やすい好みの表示をセレクトできる。こちらはシンプルバージョン
  • ライダーは自身がより見やすい好みの表示をセレクトできる。こちらはサークルバージョン
  • ライダーは自身がより見やすい好みの表示をセレクトできる。こちらはバーバージョンで背景色もホワイトとブラックの2色の選択が可能
  • BluetoothでNX400とスマートフォンを連携させるシステム「Honda RoadSync」を搭載。手元のコントロールスイッチで操作をおこなう し、ハンドルスイッチやBluetooth接続されたヘッドセットを通じたライダーの音声等によって、スマートフォンの地図や音楽アプリ等の操作を可能とするHonda RoadSyncも
  • アクティブ&モダンな印象のカラー「パールグレアホワイト」
  • 精悍かつ洗練された雰囲気を漂わせるカラー「マットバリスティックブラックメタリック」

この記事の画像一覧を見る(17枚)

123

この記事のタグ

この記事を書いた人

ライター/安室淳一

ライター/安室淳一

クルマ、バイク、自転車専門誌の編集を経てフリーランスに。現在は乗り物とそれに関連するギアやファッション、遊び方等を中心に、雑誌、WEB、カタログ、広告等で編集・執筆活動中。

Instagram:@freerider1226

Website:https://monomax.jp/

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

セクシーでお買得な“ホンダ新型”をプロが徹底解説、日本発売に期待膨らむ日産「キックス」ほか【SUVの人気記事 月間ベスト3】(2024年4月)

【EVの不安を一掃】ホンダが「N-VAN  e:」の販売開始に先立ちEV充電サポートサービスを開始!

【バイクライター厳選】試乗会で乗り比べた注目の「新型ミドルクラス輸入二輪」おすすめの3台とは?『試乗レポート』

話題沸騰中の“新・ランクル”、お値段以上のスズキ新型「スイフト」ほか【クルマの人気記事 月間ベスト3】(2024年4月)

【コンパクトミニバンの大本命】「新型ホンダ フリード」6月に正式発表が決定! 先行公開の内容に早くも期待値爆上がり!?

乗り物ライター注目の“ちょうどいいバイク”、SHOEIの優秀ヘルメット ほか【バイクの人気記事 月間ベスト3】(2024年4月)

【新しい旅のカタチ】 JTBが提案する「アドベンチャーツーリズム」に注目!現地ガイドが案内するおすすめプランで新発見と感動の旅を!

【コスパも最高!】シャツ感覚で羽織れて清涼感がスゴイ! MK ミッシェルクランオムの“大人のウエア”を発見!

本格派か!? 機能性派か!? イオンのスーツ&ジャケパンは三拍子そろった傑作だった!

今月のモノマックス特別付録

【この付録が便利すぎる!】カード20枚収納&キーリング付き!ミニ財布の決定版!

【この付録が便利すぎる!】カード20枚収納&キーリング付き!ミニ財布の決定版!