MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

【海外需要で高騰が止まらない!?】名作から迷作まで!レトロゲーム天国で再会した「懐かしのファミコンソフト」8選『僕らのホビー探訪』

執筆者:

4. 人気お笑い芸人が勢ぞろい!だけど中身は超本格アドベンチャー「さんまの名探偵」

「さんまの名探偵」「笑い」の世界と「ゲーム」の世界が融合した、コマンド選択式アドベンチャーゲーム「さんまの名探偵」。明石家さんまをはじめとする吉本興業所属の実在の芸人たちが、それぞれのユニークなキャラクターとして登場。ワタクシはいまだにマップ移動中ののんきなBGMや、新事実が発覚した時のゾッとするBGMが脳裏に焼き付いています。

5. Bボタンでジャンプでもいいじゃない「チャレンジャー」

「チャレンジャー」1985年にハドソンから発売された「チャレンジャー」は、冒険と危険が織り交ぜられた古代の秘密が待ち受ける、スリリングなアクションゲーム。ナイフを投げて敵を倒すアクションや、巧みなジャンプで敵の攻撃をかわしながら進むことが鍵となります。

6. クリア後も謎は謎だったサンソフトの名(迷)作?「アトランチスの謎」

「アトランチスの謎」サン電子株式会社が1986年に発売した横スクロールのアクションゲーム「アトランチスの謎」。難度は理不尽と言えるくらいのかなりのもの。当時ワタクシは無敵コマンドで全面クリアしました。

この記事のタグ

この記事を書いた人

ライター/本間 新

ライター/本間 新

スニーカーとアメ車、CODを愛するエディター/ライター。年間500足以上のスニーカーを取材し、400本以上のスニーカー記事を執筆している。

Twitter:@homart01

Instagram:@homart01

Website:https://monomax.jp/

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

ドンキで気になる「1回5000円ガチャ」を回してみたら…、激レアなファミコンソフト傑作選 ほか【ホビーの人気記事 月間ベスト3】(2024年4月)

【相撲の雑学】元関脇・豊ノ島が語る“幕内力士の夏場所ファッション”秘話とは?意外な交友関係も!?/『MonoMaxお相撲同好会』

【相撲人気好調】チケットは即完売!元関脇・豊ノ島が解説「大相撲夏場所はこの力士たちがアツい!」/『MonoMaxお相撲同好会』

【体験レポート】「ジムニー」のホビーラジコンが超遊べる!大人も夢中になりすぎた!!『YouTubeで徹底解説』

【“走り”もランクルらしさ抜群!?】1/12スケールのアウトドアラジコン「トヨタ ランドクルーザー79」の再現力がハンパない!

【爆上戦隊ブンブンジャーの主題歌担当】遠藤正明がボイトレをしない理由とは?“筋肉貯金”“同い年のギブソン”についても聞いた!

MonoMax編集長も太鼓判! 夏の不快感の原因は「汗」! それを打破してくれるのがずばり「アセドロン」なんです!

【新しい旅のカタチ】 JTBが提案する「アドベンチャーツーリズム」に注目!現地ガイドが案内するおすすめプランで新発見と感動の旅を!

【コスパも最高!】シャツ感覚で羽織れて清涼感がスゴイ! MK ミッシェルクランオムの“大人のウエア”を発見!

今月のモノマックス特別付録

【この付録が便利すぎる!】カード20枚収納&キーリング付き!ミニ財布の決定版!

【この付録が便利すぎる!】カード20枚収納&キーリング付き!ミニ財布の決定版!