MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

特集体験レポート

「ドンキの驚き商品」カレーうどんの汁も弾く!? 汚れに立ち向かうネクタイを実験レポート

執筆者:

「汚れに立ち向かうネクタイ」にカレーうどんの汁が!

この記事の画像一覧を見る(18枚)

ドンキの衣料品コーナーで発見したのは「汚れに立ち向かうネクタイ」。特に汁物のメニューを食べる際に最も汚れてしまいやすいネクタイですが、なんとこちらの商品は「カレーうどんの汁も弾く!」とのこと。本当に弾いてくれるのか?どこまで汚れに立ち向かうのか?検証してみました。

ローソン限定「ハズれなし」クリーム爆盛り、グルメライターが推す無印良品の“リピ確”ほか【スイーツの人気記事ランキングベスト3】(2024年5月版)

撥水効果がすごい!

「汚れに立ち向かうネクタイ」

ドン・キホーテ 情熱価格
汚れに立ち向かうネクタイ
¥1,419(税込)

「汚れに立ち向かうネクタイ」ネクタイなんて基本的にはどれも同じでしょ……と思ってしまいがちですが、こちらは「カレーうどんの汁も弾く!」と書いてあり、目を惹かれました。筆者もコンビニ勤務時代はネクタイを着用していましたので(男女問わずネクタイ必須でした)、油断すると食事中にスープや汁が飛び散ってしまった経験があります。

「汚れに立ち向かうネクタイ」見た目は特に他のネクタイと変わりません。ほかにも黒に白いドット・白と黒のストライプなどカラーバリエーションがありました。

手触りは普通触った感じも一般的なネクタイと特に変わった様子はありません。

水滴をかなり弾く!水滴を垂らしてみると、かなり弾きました。なるほど、撥水力が強いのですね。ラベルには「防汚・撥水テフロン加工」がされていると記載されていました。

「汚れに立ち向かうネクタイ」さらにラベルの取扱方法には「水滴状になった汚れを素早くティッシュ等で吸い取ります。擦りこまないで軽くたたくようにしてください」と書かれていました。あくまで水滴状程度のものなら……ということなのでしょうか。

この記事のタグ

この記事を書いた人

松本果歩

ライター松本果歩

インタビュー記事から食レポ記事までジャンルを問わず執筆するフリーランスライター。コンビニを愛しすぎるあまり、OLから某コンビニ本部員となり、店長を務めた経験あり。

執筆記事一覧


Twitter:@KA_HO_MA

Website:https://monomax.jp/

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

ローソン限定「ハズれなし」クリーム爆盛り、グルメライターが推す無印良品の“リピ確”ほか【スイーツの人気記事ランキングベスト3】(2024年5月版)

カルディ「即買い必須」のパンのお供、ドンキで見つけた“ハンパない”商品 ほか【グルメの人気記事ランキングベスト3】(2024年5月版)

「無印良品の大ヒット神3」超人気収納シリーズ、人をダメにするソファ……無印良品の超ロングセラーが愛され続ける理由

「ドン・キホーテの高コスパ家電」手のひらサイズで5千円台、防犯・ペット見守りカメラの性能は?懸念点もぶっちゃけレポート

「無印良品のヒット商品」ムジラーがおすすめする“最強の日用品”ベスト3選

「夏でも涼しい」ニトリで狙うべき接触冷感アイテム、イケア“超快適リビング”の傑作 ほか【インテリア・雑貨の人気記事ランキングベスト3】(2024年5月版)

【最注目のメンズケアブランドを徹底解剖】七つのキーワードからMARO17の魅力を紐解く!

「ロマンあふれる腕時計」ザ・ニシオギの最新作は隕石と天然石で夜空の煌めきと神秘を表現した珠玉の一本

【入荷したら即完売を繰り返す】アタオのギミック財布「チェス」の新作もやっぱり買い!

今月のモノマックス特別付録

「手ぶら派注目の付録」1280円でコスパ最強!4つの仕分けポケットが便利すぎるショルダーバッグ

「手ぶら派注目の付録」1280円でコスパ最強!4つの仕分けポケットが便利すぎるショルダーバッグ