低燃費系調理器具ジェットボイルに最新作が登場! さらにレシピ本も発売です!

そろそろ秋の行楽シーズンが到来する季節、キャンプや山登りの計画を立てている人も多いのではないでしょうか。アウトドアの醍醐味といえば食事! アウトドア先でもおいしい料理が作れると、登山者やキャンパーから評判なのがモンベルの「ジェットボイル」です!

人気の理由は2つの技術にある!

独創的なデザインにより、わずかな燃料で素早く湯沸かしや調理のできるアウトドアクッカーのジェットボイル。クッカーとバーナーを一体収納型にし、大幅なコンパクト性も実現。発売以来、アウトドアでの調理スタイルを一変させたジェットボイルには特徴的な2つの機能が備わっています。
1つ目の機能は、クッカーの底に取り付けられた「フラックスリング」
フィン状のリングが熱喪失を最小限に抑え、素早い沸騰と少ないガスの消費量を可能にする革新的な機能です。

一般のクッカーの熱効率(30~40%)に比べてジェットボイルのクッカーは80%以上の高い熱効率を発揮し、ガスの消費量は約1/2ほど。下のサーモグラフィー画像を見ると違いは一目瞭然です! 左が一般的なバーナー、右がジェットボイル。一般的なバーナーは熱がカップの回りに拡散しているのに比べ、ジェットボイルのほうは熱が閉じ込められているのがわかります。

 

 

2つ目の機能は冬季や高所などの低温環境でも安定した火力を可能にする「サーモレギュレーター」。一般的なガスバーナーが苦手とする低温環境や長時間使用において、ボンベ内の圧力が低下した際も自動的に常温の際と同じ安定した火力を発揮します。

また、高性能バーを搭載しているので細かな火力調節も可能です。強火での急速沸騰から小さな炎が安定的に必要な“とろ火”での煮込み料理まで幅広く楽しめます。
ジェットボイルシリーズは全部で6モデルがあり、用途に合わせて使い分けることもできます。

 


JETBOILフラッシュ
\14,800(+税)
容 量:1.0L
重量:440g (ガスカートリッジを除く)
サイズ:直径104mm×高さ180mm(収納時)
カラー:カーボン(CARB)、マトリックス(MTRX)、ウィルダネス(WLDNS)、ジェットカモ(JETCM)
2018年8月発売の最新モデル! 高い火力と高いエネルギー効率を両立させ、0.5リットルの水を約1分40秒で沸騰させる驚異の沸騰スピードを実現したシリーズ最速沸騰モデル。


ジェットボイルマイクロモ
\18,500(+税)
容 量:0.8L
重量:400g(ガスカートリッジを除く)
サイズ:直径104mm×高さ165mm(収納時)
圧倒的な急速沸騰性能に加え、繊細に調節可能な火加減で料理も難なくこなす「とろ火」機能、マイナス6℃の低温化でも安定した火力を発揮するサーモレギュレーターを搭載。 JETBOILが辿りついた尖鋭かつ高次元の機能を盛り込んだハイエンドモデル。


ジェットボイルミニモ
\19,500(+税)
容 量:1.0L
重量:500g(ガスカートリッジを除く)
サイズ:直径127mm×高さ152mm(収納時)
従来のパーソナル・クッキング・システムのカップに比べ、口を23mm広く、高さを45mm低く設計し、調理用に最適化。マイナス6度まで安定した火力を発揮するサーモレギュレーター搭載モデル。

 

さらに、ジェットボイルを使った料理のレシピ本「ジェットボイル クイックレシピ 55」が発売されました! ジェットボイル クイックレシピ 55ではジェットボイルで作ることができる55のレシピを紹介。サラダ、ご飯もの、煮込み料理やスイーツなどさまざまなジャンルのレシピが載っています。王道のレシピからエスニック料理や餃子まで、手間がかかりそうな料理でもジェットボイルを使えば短時間でできるのです。

作り方以外にもカロリー、調理時間や3段階に分かれた難易度が書かれているので作りたい料理がすぐに見つかる上、初心者にもわかりやすく解説されています。
さらに、レシピ以外にもアウトドアへ食材を持っていく方法やキノコの採り方、タケノコの掘り方など、ためになる内容が盛りだくさん!


これ一冊でアウトドアでの料理、そして食事が格段に楽しくなること間違いなしです!

モンベルブックス
ジェットボイル クイックレシピ55
¥1,200

JETBOIL ブランドサイト:http://www.jetboil.jp/
モンベルHP:https://www.montbell.jp/

モンベル・カスタマー・サービス TEL 06-6536-5740

関連記事

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新号のご案内

MonoMax 11月号

10月9日(火)
950円(税込)

MonoMax お得な定期購読はこちらから