今こそバイクにETCを付けなくちゃ! お得なキャンペーン実施中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ETC&ETC2.0が先着5000台限定で取付がお得に!

クルマの世界ではすでに当たり前となっているETC。がしかし、まだ高速道路の料金所で周りの目を気にしながら、ポケットやバッグからチケットとお金を取り出し、支払いをしているライダーを見かけることがある。無論、ETCを搭載している方が安全&スピーディーに料金所を通ること可能。百歩譲ってクルマであれば、まだ便利かつ安全に財布や小銭、チケットを置くスペースがある分、割とスムーズに料金の支払いができる。しかし、バイクの場合は、クルマのようなスペースもなく、毎度、車両を停め、脚を下ろし、バッグまたはポケットからチケットやお金を取り出す。これを繰り返すことは非効率かつ面倒なこと極まりない。車両の形態からもクルマよりもバイクの方が断然ETCによる恩恵が大きい。ツーリングを快適かつ楽しく、さらにお得にしてくれるETC。今なら二輪車だけのキャンペーンも行われている。この機会を生かし、次のバイクシーズンに備えてETCの導入を検討してみてはいかがでしょうか!

二輪がお得なキャンペーン開催中!

現在、東京、神奈川、埼玉、千葉のETCを取扱店(*キャンペーン実施店)にて、ETCまたはETC2.0対応の車載器を購入する際、なんと車載器の価格から10,000円(税込)割引した価格で手に入れることができるというキャンペーンが実施されている。対象となるのは、平成31年3月31日(日)までのキャンペーン期間中、ETC未設置の二輪車に新規でETC車載器を購入、セットアップ、取付を行う人となっている。対象台数は先着5000台、期間中であっても対象台数に達した時点で終了となってしまうので、高速道路をよく活用する人、ロングツーリング好きな人であれば一刻も早く手に入れた方が絶対にお得!現在、ETCの購入を検討中のライダーは是非、お近くの店舗へ足を運んでみてください!

ETC2.0にするともっと快適かつお得に!

最近よく耳にする機会が増え、気になっている人も多いETC2.0。簡単に言えば、これまで料金を収受するだけの役割を担っていたETCが、高速道路を賢く使うためのものに進化したもの。全国の高速道路、約1700ヵ所に設置された通信アンテナ「ITSスポット」とETC2.0対応車載器&カーナビがDSRC通信方式によって双方向通信を可能とすることで、多彩な情報サービスを行うことができるようになった。最大1000km分の道路交通情報をキャッチ。広い範囲の渋滞情報と通過所要時間を図と音声で提供して渋滞の回避を助けたり、先の見えない急カーブや事故、落下物、渋滞の末尾などを事前に図と音声で注意喚起して安全なドライブをサポートしたり、また災害発生時に、発生状況と取るべき行動の情報提供をしてくれる。さらに現在、圏央道の料金が約2割引きとなるETC2.0割引も実施されている。

ETC2.0の切り替えはいたってシンプル

ETC2.0の切り替えって少し面倒なのでは…。と思っている方、それは間違い。切り替えの手続きはいたって簡単で、カードは現在使用しているETCカードがそのまま使え、切り替えたい人はETC2.0対応車載器を購入し、取付、セットアップするだけ。気になっていた人は是非、ETC2.0を導入し、来年はさらに快適かつお得なツーリングを楽しんでください!

 

二輪車ETCキャンペーン

キャンペーン期間:開催中〜平成30年3月31日(日)

*対象台数に達した時点で終了

対象台数:先着5000台

対象店舗:助成地域内(東京・神奈川・埼玉・千葉)のキャンペーン取扱店

対象者:キャンペーン期間中、ETC未設置の二輪車に新規でETC車載器の購入、セットアップ、取付行う人

割引内容:車載器価格から10,000円(税込)の割引

【問い合わせ】

首都高二輪車ETCキャンペーン事務局 TEL.03-6262-5235

公式ホームページ www.shutoko.jp/ss/etc2portal/campaign/etc/index.html

関連記事

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新号のご案内

MonoMax 12月号

11月9日(土)
891円(税込)

MonoMax お得な定期購読はこちらから

今月の特別付録

大好評!SHIPSのコイン仕切り財布の使い方を動画で解説しま…