【食べてみた】市場拡大する冷凍食品! 最新の注目はこれだ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コンビニでの売場スペースの拡大や、新規ブランドの参入など、冷凍食品の市場拡大が進み、個性的な新商品が登場しています。その中でこれは要注目!というメニューを食べてみました。

無印良品/うますぎ!キンパ(韓国風のりまき)

昨年から冷凍食品に参入した無印良品。中でも各店舗で売り切れ続出しているのが、キンパ(韓国風のりまき)です。中の具材は、厚焼玉子、味付き牛肉、ごぼう・にんじん煮、塩蔵大根、ほうれん草。
無印良品 キンパ(韓国風のりまき) 1本(8切れ)

無印良品
キンパ(韓国風のりまき) 1本(8切れ)
¥490(税込)

 

ちょうどいい甘じょっぱさと歯ごたえ

袋を開封し、袋ごと電子レンジで解凍(500W 2分50秒/600W 2分20秒)した後、15分ぐらいおいて、熱が均一になじんでから食べます。直径が3cm程度と小ぶりで、一口サイズに切られているので、手軽につまめますが、1本を1人で食べると、結構お腹にたまります。食べてみると、具材の甘じょっぱさのバランスがちょうどいい感じ。ご飯のもちもちさと、塩蔵大根のスッと歯が入る感じも心地良く、次々と食べられます!
無印良品 キンパ(韓国風のりまき) 1本(8切れ)

パーティーメニューにしても楽しそう

日本製粉/朝食向けのパンケーキとホットサラダ

主食とおかずがワンプレートになっており、いっぺんに食べられる「よくばりシリーズ」の新作。卵ソースのパンケーキとソーセージ。ホットサラダは、かぼちゃ、コーン、ブロッコリー、スナップえんどう、赤ピーマンの5種類。忙しい朝でも、1回電子レンジで温めるだけで朝ご飯ができます。
日本製粉 オーマイ よくばりプレートモーニング パンケーキ&ホットサラダ

日本製粉
オーマイ よくばりプレートモーニング パンケーキ&ホットサラダ
参考価格¥570(税込)

 

ふんわりパンケーキで優雅な朝食気分

パンケーキは、甘さ控えめながら、ふんわりとした食感が心地よく、満足感があります。ホットサラダは薄めのコンソメ味仕立てで、野菜本来の味が楽しめます。ブロッコリーのさっくりした歯ごたえとかぼちゃのホクホク感が気に入りました。甘党の人はパンケーキにメープルシロップをかけても美味しいかも。
日本製粉 オーマイ よくばりプレートモーニング パンケーキ&ホットサラダ

フォークでもスッと切れる柔らかさ。

日清食品冷凍/シビれる大盛りの麻婆焼そば

本格中華が冷凍食品で手軽に食べられる、日清中華シリーズの新作。コク豊かな特製麻婆あんと蒸し麺に、別添の特製花椒(ホアジャオ)をふりかけるスタイル。特製花椒は、ふりかける量によって、シビれ具合の調節ができます。
日清食品冷凍 日清中華 麻婆焼そば 大盛り

日清食品冷凍
日清中華 麻婆焼そば 大盛り
実勢売価¥228前後

シビれ感とボリュームがインパクト大

今回は特製花椒を全部ふりかけて食べてみました。一口すすっただけで口の中がシビれます! 甜麺醤がきいた麻婆あんもなかなか辛めで刺激的。辛い味に弱い自分には、トッピングの豆腐がオアシスのよう。蒸し麺はしなやかな舌ざわりでスルスルといけるのですが、330gと大盛りなだけに食べ応えも十分です。完食後は爽快なシビれと麻婆あんの豊かなコクが口の中に残り、満腹になりました。
日清食品冷凍 日清中華 麻婆焼そば 大盛り

シビれマニアなら、必食です!

明治/黒い! 冷凍ドライカレー

人気のレトルト商品、「男の極旨 黒カレー」をベースにした、電子レンジで調理できる冷凍ドライカレー。おろしにんにく・フライドガーリック・ローストガーリックの3種類のにんにくと、焦がしにんにく油をブレンド。南米の活力素材「マカ」を配合しており、ガツガツ食べられるクセになる旨さとなっています。
明治 男の極旨 黒カレー飯

明治
男の極旨 黒カレー飯
実勢売価¥250前後

辛さより旨み! 意外な食べやすさ

300gと大人の男性でも満足できるボリュームに加え、とにかく黒い見た目がすごい! 一口含むと、辛さはそれほどでもなく、炒めたまねぎのコクがきいた旨みとスパイシーな味わい。ガーリック感もあまり強くなく、食欲をそそる香ばしさを最も強く感じました。食べるうちに体がアツくなってきたように感じたのは気のせいでしょうか。
明治 男の極旨 黒カレー飯

ご飯も適度なパラパラ加減でした。

大阪王将/人気の焼き小籠包が自宅でできる!

専門店などが続々出店している人気の焼き小籠包が冷凍食品になって登場。油いらず・水いらずで、フライパンで焼くだけで、羽根つきの小籠包が焼き上がります。中の具材は、豚肉、鶏肉、たまねぎ、ねぎ、おろししょうが。
大阪王将 羽根つき焼き小籠包

大阪王将
羽根つき焼き小籠包
実勢売価¥198前後

パリパリでジューシー!

羽根は薄くパリッパリで、香ばしいかおり。小籠包はもちもちで、箸で半分に切れるほど柔らかく、中からジュワッとスープが出てきて本格的! 羽根の香ばしさを味わい、次に小籠包の柔らかい歯ごたえ、そして具材のスープとコクを楽しむ、三段構えの味わいは、ご飯にもお酒にも合います。家飲みのつまみに出したら盛り上がりそう。

大阪王将 羽根つき焼き小籠包

並べて焼くだけで、羽根ができるのがすごい。

 

文・撮影/金山 靖

関連記事

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新号のご案内

MonoMax 8月号

7月9日(火)
980円(税込)

MonoMax お得な定期購読はこちらから

今月の特別付録

ビームス ライツ ボストンバッグ

キャリーバッグに入り切らない荷物は、1,000円以下のボスト…