• MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから

最新号のご案内

MonoMax 4月号

3月13日(金)
891円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

ジョウボーン「UP 24」で生活のすべて丸裸にされちゃいました!

編集部/小野

 

生活管理ツールとして、ヘルスケアがジェットを使う人が増えています。

健康を気にする年齢になった私も、ジョウボーンから発売された「U24」を使ってみました!

photo1

 

まず、私が使ってみた、「UP24」で出来ることを紹介します。

・腕につけているだけで、睡眠時間と状態、歩数、消費カロリーが記録される。アプリで食事管理もでき、それがが可視化される。

・スマホを開けばBluetooth経由でデータが自動的に同期される。手間なし。

・「スリープアラーム」機能で、目標時刻の30分前以内で眠りが浅いとき起こしてくれる。ありがたい。

・「アイドル」機能で、活動していない時間が長いと振動して教えてくれる。

 

そして、これらを使ってわかったこと。

まず、平日の運動量を増やす!

photo5

7月11日(金)の私の運動量です。

歩数は4,166歩とあまりにも少なすぎ。

自分でも、運動量が少ないとなんとなーく気付いてはいたけど、それだけで終わっていたことが

可視化されることで「やっぱりそうなんだ……」と理解することができます。

そのおかげで、エレベーターじゃなくて階段を使おうとか、散歩しようとか、自分なりに改善していくことができました。

 

次に、平日もっと早く寝る!

photo3

同じく7月11日(金)の私の睡眠時間。

寝る時間、遅すぎ。

濃い青色が深い眠りで、水色が浅い眠りなのですが、ちょっと深い眠り時間が少ないのかな。

お肌にも悪いです、気をつけます。

 

最後に「UP24」からのアドバイスを生かす!

photo9

「UP24」はその人に合ったアドバイスをくれます。

「もっと歩こう」「寝る前に携帯いじると身体に悪い」などなど、

「え、そんなことまでバレてんの……」ってことまで教えてくれます。

それを見て、「はーい! すみませんでした!」と真摯に受け止め、生かすことで健康的な生活に繋がるんですね。

 

以上を踏まえてわかったのは、

「UP24」はアクティブに身体を動かすためのツールというより、自己管理をすることに特化したガジェットだということ。

「UP24」を身につける意味は、自分自身の“生活”に気付くことだと思いました。

これらのログを生かして生活を改めるのか、もしくは睡眠時間を削って仕事や趣味に没頭するのか、使い方はその人次第。

まずは、使ってわかってからがスタートです。

ぜひお試しあれ!

 

以上、私の“「UP24」で生活丸裸にされちゃった記録”でした!

 

10日に発売されたばかりのMonoMax8月号の表紙はこちら。

こっちもぜひぜひチェックしてみてくださいね!

hyoshi_8gatsu

この記事をシェアする

今月の特別付録

MonoMax モノマックス マーモット Marmot 保冷保温バッグ

マーモットの保冷・保温バッグが使えすぎるんです!