• MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから

最新号のご案内

MonoMax 10月号

9月9日(水)
900円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

これならずっと使える!”永久保証モノ アウトドア編”

前回の日用品編に続き、今度はアウトドアアイテムの永久保証モノを紹介していきます。
タフに使えるアイテムばかりなのに、きちんと責任を持って各メーカーがそれぞれ保証しています。
では、アウトドア編スタートです!

5 寝袋といったらコレでしょう!“ナンガ”。

アウトドア

1941年に前身の会社が創業し、1995年にダウンメーカーとして設立されたのがナンガ。
今や数多くのキャンパーに愛されているブランドですが、今年26周年を迎えるとあって新たな試みを始めていました。
NANGA MOVEMENTと称しエコロジー活動に力を入れ、その一環として発売されるリサイクルスリーピングバッグ。
それがこの“エコバッグ 350”です。

アウトドア

羽毛に使われるのはリサイクルダウンで、古くなったダウンを回収し再洗浄して、新しいダウンアイテムと生まれ変わっています。

アウトドア

特徴ですが、まずはフード部分。
頭部を優しく包み込んでくれ、効率よく保温してくれます。
ファスナーの引き手が顔の近くにあるので、使いやすいですよ!

アウトドア

寒さを感じやすい足元には羽毛が多めに封入されているので、足元も暖かいです。

アウトドア

紡績の段階で出た廃材をリユースし織り上げて作られたのが、本体に使われているリサイクルナイロンです。
リサイクル素材をふんだんに使用しながら、ナンガの持つ技術力によってパフォーマンスを落とすことなく、作り出されたのがこのモデルになります。

アウトドア

最後に保証について。
ナンガのスリーピングバッグであれば永久保証の対象になり、修理費用も無料で、期間を設けずに保証してくれるそうです。
ただし、修理可能の判断についてはメーカーの確認が必須らしいので、そこは問い合わせてみてください。
一部有料での修理になるみたいですが、新しいものを購入するより経済的で、お気に入りのモデルを長く使えるのは嬉しいですよね!

ブランド名:NANGA(ナンガ)
モデル名:エコバッグ350
素材:10dhリサイクルナイロン(生地)、リサイクルダウン(上面)、プリマロフトエコ(下面)
羽毛量:350g
内部構造:ボックスキルト構造(上面)、シングルキルト構造(下面)
保証内容:https://nanga.jp/knowledge/warranty/
¥35,000(税抜き)
4月末発売予定

[問い合わせ先]
ナンガ
TEL:03-6384-5988
URL:https://nanga.jp/

6 全ての製品に責任と誇りを持つ“スノーピーク”。

アウトドア

新潟県三条市に本社を置くアウトドアブランドであるスノーピーク。
自分たちが本当に欲しい商品を作るという信念のもと、生み出されたギアやアパレルは人気を呼び、今や日本を代表とするアウトドアブランドの1つであります。
そんなスノーピークですが、気になる保証内容は、驚きの全商品に対応しています。
メーカーが自社の製品の品質に責任を持つのは当然という考えのもと、保証を全商品に対応し、すべてのプロダクツに一切の保証書を付けないというスタンスを取っています。
本当に素晴らしい会社ですね。。。
全部のメーカーがこうなればいいのに笑。
そんな素晴らしい考えを持つスノーピークには、数々の人気商品がありますが、今回ピックアップするのは、こちらの”FDチェアワイドRD”です。

アウトドア

特徴としては、背もたれに角度を設けて体をあずけやすくしたデザイン。

アウトドア

座っている時に後方への転倒防止のために、後ろに大きなアーム状に膨らむ形状にデザインしてある、高い安定性がウリのフレーム形状。

アウトドア

そして何と言っても簡単に設営できること!
折りたたまれた背もたれを持ち上げ開き、脚を左右に開き、背もたれを起こせばゆったり座れるワイドチェアの完成です。

アウトドア

背もたれを固定できるスナップボタンも完備されているので、持ち運びやすく収納しやすいのが嬉しいですよね!

アウトドア

キャンプのみならず、家でも仕事場でも使う人もいるほどファンの多い大定番モデルです。
満足度もかなり高い上に、安心の製品保証もついたチェアですので、気になった方は是非とも座ってみましょう!

ブランド名:Snow Peak(スノーピーク)
モデル名:FDチェアワイドRD
素材:アルミニウム合金(本体)、ポリエステル帆布(シート)、ポリエステル帆布・ウレタンフォーム(アームレスト)
サイズ:W59.5×H84×D58cm/シート高は46cm(設営時)、W58×H11×D69cm(収納時)
重量:3.6kg
保証内容:https://ec.snowpeak.co.jp/snowpeak/ja/guide/security
¥9,900(税抜き)

[問い合わせ先]
スノーピーク
TEL:0120-010-660
URL:https://ec.snowpeak.co.jp/snowpeak/ja

7 足元に欠かせないのが“チャコ”。

アウトドア

1989年マーク・ペイジェンにて設立されたのが、チャコサンダルです。
元々アメリカのコロラド州でラフティングガイドとして働いていた彼は、アウトドアスポーツに適する満足したフットウェアが少ないと思い、シューズメーカーで働いた経験を生かし、自分でサンダルを作ったのが始まりと言われています。
そのプロトタイプが口コミで広がり大ヒットし、今日まで数々のプロダクトを世に送り出しているのがこのブランドです。

アウトドア

様々な路面から大事な脚を守ってくれるのがチャコのサンダルですが、サンダルメーカーではかなり珍しい“Rechaco(リチャコ)”と呼ばれるリペア保証をしています。

アウトドア

対象となるのはまずはアウトソール。
3.5mmの溝の深さがウリのトラクション性とグリップ力に優れたChaco grip™ソールですが、すり減っても安心。
有料で交換できます。

アウトドア

親指部分にループがあり、安定感があり脱げにくいZ2は、サップやカヤックなどのリバーアクティビティに重宝されるみたいですが、もしベルトがダメージを受けても大丈夫です。
ウェビングベルトに関しては現在工場にあるものに限るみたいですが、確認できるだけも20種類以上ありました。
2代目はチェックのベルトにして見た目を変えてみる!
そんな楽しみ方ができるのもこのブランドのいいところです。

アウトドア

通常使用の範囲内であれば、年に2回回収し、リペアしてくれるのがリチャコ。
修理対象モデルと回収期間も決まっているみたいなので、詳細はHPを確認してみてください。
1つ1つの製品と向き合い、自社工場にて責任を持ってリペアし、プロダクトを守り続けている。
古くなったから捨てるのではなく、修理して長く履いてもらうという環境にも配慮したモノづくりをしているのがこのブランドです。
お持ちのチャコサンダルがあれば是非とも活用してみては?

ブランド名:Chaco(チャコ)
モデル名:メンズ Z2 クラシック
サイズ展開:7〜10(25〜28cm相当)
保証内容:http://www.chacos.jp/explore/repair/
¥9,500(税抜き)

[問い合わせ先]
エイ アンド エフ
TEL:03-3209-7575
URL:http://www.chacos.jp/

日用品編、アウトドア編と2つに渡って永久保証モノを集めてみました。
有料、無料問わず、自社製品の責任を持つメーカーのプロダクトならば、安心して使用できるのではないでしょうか?
気になった方は是非ともチェックしてみてください!

構成・文章 スタイリスト 小林 知典
※写真はすべてメーカー提供

この記事をシェアする

関連記事

この記事のタグ

今月の特別付録

monomax モノマックス 付録 特別付録 オロビアンコ orobianco porch ポーチ

【速報】オロビアンコの豪華ポーチ3個セットが登場します!