• MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから

最新号のご案内

MonoMax 10月号

9月9日(水)
900円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

ヤマハスポーツE-BIKEのフラッグシップモデルが登場!

モーターサイクル開発で培った知見と技術を導入

 免許がいらず、快適に走れ、地球にも優しい、そして最近は、密を避ける移動手段としても注目されるE-BIKE。年々その需要は高まり、一般的なシティサイクルモデルだけでなく、スポーツモデルも注目をされている。数あるメーカーの中でも早い段階からスポーツ電動アシスト自転車シリーズ「YPJ」を発表し、クロスバイク、ロードバイク、マウンテンバイク(MTB)とラインナップを充実させているのがヤマハ。そんな「YPJシリーズ」の中でも一際存在感を放つ存在となっているのが、ビッグボディとメカニカルなスタイルが魅力のマウンテンバイク。今回は、ニューモデルであり、「YPJ」シリーズのフラッグシップモデルとなる「YPJ-MT Pro」をご紹介。モーターサイクル等の開発で培われた知見を注入し、スタイルも走りも最先端。一般的のものでは納得のできない人やワンランク上の走りを求める人を満足させてくれる一台となっている。

新たなスポーツモビリティを目指す「YPJ」シリーズ

YPJというシリーズ名はヤマハ(Y)プロジェクト(PJ)の略称で、電動アシスト自転車を再定義するをコンセプトとしている。「実用的で便利な乗り物」から「乗り物を使って楽しむ」へとテーマを変え、電動アシストの良さを活かしつつ、自転車本来の爽快感を感じられる、”走る”楽しみを追求した新しい乗り物を目指している。パワフルなアシストでオフロードライドを楽しむYPJ-XCモデルをはじめ、快適なロングライドを満喫するYPJ-ER、YPJ-EC、YPJ-TC、そして基本性能をできる限りスポーツバイクに近づけ、パートタイムアシストを組み合わせたYPJ-RとYPJ-Cといった様々なスポーツモデルを展開している。

優れた車体剛性と重量バランスを実現するフレーム

メインフレームには、トップチューブとダウンチューブが、それぞれ2本に分かれた独自構造となる「YAMAHA Dual Twin Frame」を採用。2本のトップチューブの間にリアサスペンションを配置、シート高や地面からトップチューブ上面の高さを低減させ、レース等における足つき性を向上させている。またダウンチューブには、バッテリーを2本の閉断面チューブで挟み込むレイアウトとし、適正な剛性を確保するとともに車体の重量バランスを最適化、操縦性や取りまわし性をアップさせている。カラーリングもブルー×シアンのヤマハレーシングカラーを基調に、モーターサイクルレースシーンとも共通するイメージとして、ライダーの気分を盛り上げてくれる。

高いクランク係数に対応したドライブユニット&大容量バッテリー

ドライブユニットは小型・軽量の「PW-X2」を搭載。上級ライダーの走りをしっかりとサポートしてくれる高いクランク回転数(ケイデンス)に対応。また車両には、スピード、クランク回転、ペダリングトルク、角度の4つのセンサーから得た情報を瞬時に演算し、常にライダーが求める適切なアシストパワーを提供するクワッドセンサーシステムも採用されている。モードは、「プラスエコ」、「エコ」、「スタンダード」、「ハイ」、「エクストラパワー」、「オートマチックサポート」、「アシストオフ」の7種類を設定。険しいアップヒルから平坦なトレイルランまで、オールマウンテンをカバーしてくれる。バッテリーは、13.1Ahの大容量バッテリーを備え、プラスエコモードでは197km、最もパワフルなエクストラパワーモードでも73kmを走ることができ、ロングライドも安心して楽しめる。

様々なオフロードを走破可能にする本格的&機能的装備が充実

ハンドル手前にレイアウトされた視認性に優れる液晶ディスプレイを搭載したメーターは、走行アシストモード(カラーランプ表示もアリ)をはじめ、速度、ケイデンス、ペダリングパワー、消費カロリーなど様々な情報を表示してライダーの走りをサポート。エルゴノミック形状のスイッチはグローブをしたままでも操作がしやすく、マイクロUSBポート搭載でスマートフォンの充電も可能となっている。その他の装備としても、減衰力の調整が可能なフロントサスペンションに強力かつ安定した制動力を誇るドイツのブレーキメーカーMAGURA製の油圧式ディスクブレーキ、様々なオフロードライドに対応するシマノ製のリヤディレーラーや正確なハンドリングに貢献するMAXXIS製のMTB用セミファットタイヤ、そして優れた操縦性と操作性を発揮してくれるワイドハンドルバーなど、装備も本格仕様となっている。

YAMAHA  YPJ-MT Pro

【スペック】

フレームサイズ:S/M/L

フレーム:アルミニウム

変則:シマノ社製11SPEED

タイヤ:27.5×2.8

走行可能距離:197km(*プラスエコモード使用時)

バッテリー容量:13.1Ah

充電時間:約3.5時間

カラー:ポディウムブルー/ニッケル

価格:¥660,000(税込)

*2020年9月25日発売予定

【問い合わせ】

問:ヤマハ発動機カスタマー コミュニケーション センター ■0120-090-819

公式ホームページ https://www.yamaha-motor.co.jp/pas/ypj/

取材・文/安室淳一 写真提供/ヤマハ発動機

この記事をシェアする

関連記事

この記事のタグ

今月の特別付録

monomax モノマックス 付録 特別付録 オロビアンコ orobianco porch ポーチ

【速報】オロビアンコの豪華ポーチ3個セットが登場します!