MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

最新号のご案内

MonoMax 8月号

7月9日(金)
890円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

留守中も家の中をカメラで確認できる「優秀ロボット掃除機」

 

ロボット掃除機「Roborock S6 MaxV」は、本来のゴミを吸引する機能に加えて、水拭き機能も搭載されているので、これ1台で掃除を完結することができる優れモノ! さらには、搭載された2つのカメラを通じて留守中も自宅の様子を確認することもできてしまうんです!

1台で掃き掃除から拭き掃除まで完結!

2,500Paの超強力な吸引力でフローリングやカーペットを取り残しなくゴミを除去! 専用アプリを連動させて、カーペットモードをオンにすればカーペットを自動で認識して吸引力を上げて掃除します。強吸引力ながらも静音設計なので、作動中もストレスを感じません。更に水拭き機能も搭載しているので、本体に水を入れてセットすればゴミを吸引した後にフローリングを水拭きするという普段なら手間な掃除の対応までも! 常に一定の圧力でムラなく拭きあげ、専用アプリから部屋ごとにお好みの吸引力・水量を設定することも可能です。もちろん、水拭き禁止エリアの設定ができるので、カーペットが濡れるのを防ぐこともできます! 

2眼カメラが高度な空間認識を実現!

ロボット掃除機のカメラは1機搭載が大半ですが、「Roborock S6 MaxV」は2 機のカメラを搭載しています。人の目のように、周囲の物体との三次元的な距離を測定することが可能となったことによって正しく物体を認識・回避してくれます!

見守り機能で外出先から自宅の様子を確認できる!

「Roborock S6 MaxV」 は搭載したカメラを活用し、専用アプリで留守中の部屋をリアルタイムで確認でき、更に音声を送信することも可能です。遠隔操作で本体を移動させることもできるので、留守中のペットなどの様子も確認できて安心! 

「Roborock S6 MaxV」はロボット掃除機としての機能性はもちろん、遠隔で見守り用のカメラとして使うこともできるなどユーザーの生活を豊かにしてくれます。ロボット掃除機から流れる音声案内も専用アプリで「京都弁」や「福岡弁」、「津軽弁」などマニアックな設定ができることも密かな人気の理由になっているそう(笑)。毎日の手間がかかる掃除をロボット掃除機に代わってもらえば、QOL(クオリティ・オブ・ライフ)の向上が期待できますよ!

 

¥87,780(税込み)

問い合わせ:Roborock カスタマーサポートセンター

Mail:support@roborock.jp

公式サイト:https://www.roborock.jp/pages/campaign

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

今月のモノマックス特別付録

monomax,モノマックス,特別付録,coleman,コールマン,ミニチュア収納ワゴン,豪華付録

\コロコロ/タイヤで部屋の中をスイスイ移動! コールマンのミ…