MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

最新号のご案内

MonoMax 11月号

10月8日(金)
890円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

家族皆で使えるコンパクトな電動アシスト自転車

都会の暮らしにフィットするエナシスコンパクト!

 新たな生活様式となり、以前にも増して、快適かつ安全な交通手段として人気となっている電動アシスト自転車。様々な種類のモデルが登場し、選択肢も増えてきている。スポーツバイクスタイルの電動アシスト自転車は男心をくすぐり、走行性能も高く、機能も充実している。がしかし、いかんせん車体として大ぶりなものが多く、自宅や出先で駐車スペースを取り、また家族で共用することも難しい。今回は、スポーティなスタイルのものもよいが、それよりもコンパクトで使い勝手も良く、走りもパワフルなものはないかと人にマッチするモデルをご紹介。それが、全国に450店舗以上を構える自転車専門店「あさひ」のオリジナル電動アシスト自転車ブランド「ENERSYS(エナシス)」シリーズの最新モデル「ENERSYS compact(エナシスコンパクト)」。都心の暮らしでの使いやすさを考えられ、価格もリーズナブル、日々の生活を便利かつ快適にしてくれる一台となっている。

使い勝手の良いコンパクトボディ

  

全長約156cm、高さ約99cmのコンパクトなボディに20インチのホイールを組み合わせ、小回りが利き、狭い街中や道路でも操作がしやすいように設計されている。また、マンションの玄関や室内での保管も楽にでき、コンパクトでありながらも、背の高い人が乗っても窮屈にならないよう設計されたフレームを採用。スマートなデザインかつカラーリングも男女気にせず使える落ち着いた雰囲気のマットカラーをラインナップし、夫婦や家族で共用することもできる。

小型モデルの走りを変えるパワフルなユニット

都心の暮らしでの使いやすさを考えられた小型サイズの電動アシスト自転車は人気であるも「長い距離を走ると疲れる」や「坂道が辛い」という走りに関して不満を持っている人も多い。そこでエナシスコンパクトは、小さなボディとタイヤによる小回りが利くメリットを活かしながら、ダイレクトドライブ方式を採用したオリジナルの電動アシストユニット「PLUS-D」と大容量のバッテリーも採用することで、パワフルな走りと長い航続距離を手に入れ、坂道走行や長距離乗車も快適。

快適な装備とオプションパーツ

ハンドル横に見やすく、操作性も高いスイッチパネルを装備。スイッチパネルにはUSBポートが設けられ、携帯電話等への充電も可能となっている。フロントには、荷物がしっかりと載せられる大きなバスケッットが標準で装備され、またさらに荷物を載せたいという人には、オプションで専用リヤキャリア(価格2,200円(税込))も用意されている。

ENERSYS compact

【スペック】

サイズ:20インチ(身長145cm〜)

フレーム:アルミ

変則:内装3段変速

重量:22.8kg

タイヤ:20×1.75

バッテリー:リチウムイオンバッテリー

バッテリー容量:36V×10.3Ah(25.2V換算14.7Ah相当)

航続可能走行距離:

エコモード約80km、標準モード約60km、パワーモード約50km

価格:¥99,980(税込)

カラー:マットブラック、マットカーキ、マットマスタード

【問い合わせ】

www.cb-asahi.jp/contact/contact05/

公式ホームページ www.cb-asahi.co.jp/lp/products/ownbrand/enersys/compact/

取材・文/安室淳一 写真提供/株式会社あさひ

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

この記事のタグ

今月のモノマックス特別付録

monomax,モノマックス,付録,特別付録,豪華付録,ジムニー,ミニチュア,収納ボックス

【特別付録】タイヤ付きでコロコロ動かせる!あのSUZUKI …