MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

最新号のご案内

MonoMax 11月号

10月8日(金)
890円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

日産キックスe-POWERの魅力を増したオーテックVerが待望のデビュー

今、自動車で最も人気 & 注目のジャンルと言えばコンパクトSUV。

トヨタ・ヤリス クロスやマツダCX-3など国産メーカーだけでなく、欧州メーカーも魅力的なモデルを多数用意しています。

その中から1台を選ぶことをさらに楽しく、そして難しくする注目のモデルがデビューしました。

それが日産キックス オーテック(AUTECH)です。

キックスの特徴といえば、ガソリンエンジンは発電用で駆動はモーターが行うというe-POWERシステムを搭載していること。

エンジンで発電するため給油の必要はありますが、充電不要で自宅に充電システムを装備しなくてもEV(電気自動車)のようなモーターによる力強い走りを体験できます。

またアクセルペダルのオンオフでスピードの加減速ができる「ワンペダルドライブ」など、運転感覚も独特で大きな魅力となっています。

そんなキックスをベースとして、インテリアの質感向上や専用のボディカラーを設定したカスタムカーが日産キックス オーテックなのです。

オーテックとは日産の関連会社で、これまでに「セレナ」、「ノート」、「エクストレイル」、「リーフ」、「ルークス」、「エルグランド」が発売されていてキックスはオーテックブランドの第7弾。

スポーティでありながら高級感漂うスタイリングを特徴とするブランドで、細部にまでこだわりを持つユーザーに支持されています。

オーテックジャパン創業の地である湘南・茅ヶ崎の「海」と「空」のイメージから想起したブルーがブランドのアイコニックカラーで、そのボディカラーをまとったモデルを街中で見かけた方も多いことでしょう。

上はインテリアの写真です。

随所にオーテックブランドを象徴するブルーステッチが施されていて、上質な素材と細部へのこだわりでワンランク上のエレガントな室内空間を演出。

シート地には、柔らかな手触りで体に馴染むレザレットを採用すると同時に、海面の波の動きをモチーフにした模様が施されています。

ハンドルやシート、ドアトリムにはブルーの素材を配し、インテリア全体をブルーとブラックでコーディネートされている点も特長です。

ボディカラーは、ダークブルーにピュアブラックのルーフを組み合わせた2トーンカラーをオーテック専用カラーとして設定。

そのほか、ブリリアントホワイトパール×ピュアブラック 2トーン、ブリリアントホワイトパール、ピュアブラックの全4色のカラーバリエーションとなっています。

コンパクトSUVの中でもひと際強い個性と上質さをまとった日産キックス オーテックは、3月3日より販売開始となります。

気になる方は、お近くの日産ディーラーへ!

日産キックス  オーテック

¥3,114,110

●全長×全幅×全高=4330×1760×1610㎜

●エンジン=直列3気筒DOHC

●総排気量=1198㏄

●エンジン最高出力=60kW【82PS】/6000rpm

●エンジン最大トルク=103Nm【10.5kgf・m】/3600-5200rpm

●モーター最高出力=95kW【129PS】/4000-8992rpm

●モーター最大トルク=260Nm【26.5kgf・m】/500-3008rpm

【問い合わせ】

日産お客様相談室 0120-315-232

AUTECH公式ホームページ https://www.autech.co.jp/

モノマックスの記事をシェアする

この記事のタグ

今月のモノマックス特別付録

monomax,モノマックス,付録,特別付録,豪華付録,ジムニー,ミニチュア,収納ボックス

【特別付録】タイヤ付きでコロコロ動かせる!あのSUZUKI …