オッス! オレ主役! 「ドラゴンボールヒーローズ」でカードバトル

ライター/望月哲史

昨年から再編集版アニメ「ドラゴンボール改」が放送され、
広い世代に現役ファンがいる「ドラゴンボール」。

「親子でファンです」というご家庭も多いと思いますが、
大人と子どもがいっしょになって遊べるカードゲームが誕生します。

e7deefd1-sf1e42904-s298e9abf-s808d29e3-s

バンダイ
ドラゴンボールヒーローズ
11月11日稼動開始
1プレイ(カード1枚)¥100
ヒーローライセンスセット ¥630

23インチの大画面を独り占め!
玩具売り場やアミューズメントスポットで遊ぶデジタルカードゲームです。

 


4c8cba23-s

手前のフラットパネルリーダーにキャラクターのカードを置くと、
画面にアニメでおなじみのキャラが登場し、バトルに参加するという仕組み。

原作のイメージどおりに、ベジータとナッパ、ピッコロと孫悟飯など、
一緒に戦う仲間によって攻撃が変化することも。

74f2f2ad-s

しかも、別売りの「ヒーローライセンスセット」に入っている「ヒーローアバターカード」を使うと、
なんと自分の分身(アバター)となるキャラをゲームに登場させることもできます。

遊ぶほど、レベルやキャラとの友情度がアップして強くなれますよ!

第一弾のカードは全58種。
好きなキャラの組み合わせでバトルを楽しめるわけです。
2台設置してあるお店なら、対戦も可能!

大人の経済力で強いカードを集めても、
カードの配置や組み合わせの作戦を失敗すると負けちゃうかも。

子どものゲーム勘に負けないよう、会社帰りに1日1プレイ!
子どもプレーヤーの邪魔にならないくらいのペースでがんばりましょう!

「ドラゴンボールヒーローズ」ホームページ

(C) バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
(C) BANDAI 2010

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新号のご案内

MonoMax 1月号

12月7日(金)
890円(税込)

MonoMax お得な定期購読はこちらから