あなたに合う新作オーブンレンジ診断! 3メーカーのうちどれを買う?

image

新作家電が多数発売されるこの時季。オーブンレンジもそのうちの一つです。本日発売の新作も含め、今年の新製品はどのメーカーも力が入っていて、新機能搭載が目白押し。ボーナスで買い換えたい家電の一つですよね。

しかし、どれも優れているのはわかっていても、機能が多岐にわたりすぎて「一体どれを買えばいいのか……」「違いってあるの?」なんていう方もいらっしゃるのでは?

そこで、今季発売された3メーカー、パナソニック・東芝・シャープの新作オーブンレンジを徹底比較! どんなタイプの人がどのメーカーに合っているのかをご紹介します。

 

では、ますパナソニックから。ご紹介するのは3つ星ビストロ NE-BS1200

pana

実勢価格¥170,000前後

問:パナソニックお客様ご相談センター 0120-878-365

 

こちらは「毎日忙しいビジネスマンや、短時間で調理したい時短派の方」におすすめです。

なぜなら・・・

■食材の両面をすばやく焼くことができる、光ヒーターとグリル皿の搭載

_MG_7791→→→_MG_7806

ハンバーグをグリル皿にセットし、調理メニューを液晶画面で選ぶだけで裏返すことなく、両面がしっかり焼けます。

その秘密は、天井に設置された、表面をパリッと焼くことができる遠赤外線ヒーターと脂を効果的に落として焼ける近赤外線ヒーターを組み合わせた光ヒーター。また、マイクロ波を吸収して発熱し、フライパンのように焼き上げることができるグリル皿。その2つの効果で、オーブンレンジにセットするだけで、あとは20分ほど他の用事を済ませていればおいしい料理の出来上がりです。

もちろんメニューは多彩で、10分で作れる100レシピ集を付属するなど、その時短機能の高さは右に出るものがいません。

 

■上手に食材を解凍・加熱するサイクロンウェーブと64眼スピードセンサー

_MG_7783 →→→_MG_7788

続いてこちらはひき肉の解凍。従来のマイクロ波では解凍したときに真ん中が解凍しきれていないこともありました。しかし、サイクロンウェーブ加熱は中央部から解凍するため、解凍ムラが避けられます。

さらに、64眼スピードセンサーが食材の量や温度をすばやく見分けるので、自動で量を把握し効率よく解凍できます。(もちろん加熱も同様)

 

次におすすめするのが、東芝の「石窯ドーム ER-ND500」

toshiba

実勢価格¥135,000前後

問:東芝生活家電ご相談センター 0120-1048-76

 

こちらは「本格調理とお手軽料理のどちらも楽しみたい方」におすすめです。

なぜなら・・・

■最高350℃の石窯トルネードエンジン

piza

石窯ドームといえば、パンのイメージが強い方も多いのでは? それだけ本格調理に向いているオーブンレンジなのですが、その秘密は、なんと最高350℃で食材を加熱できるから。温度が高いからこそ、周囲はパリッとモチモチ生地のピザが焼けます。また、全国のABCクッキングスタジオに導入されているなど、パンを焼くユーザーからは昔から高い支持を得ています。

また、熱風の向きを左右に切り替えてくれるので、庫内どこに置いた食材も焼きムラなく仕上がります。

 

■一度に、たっぷり・簡単・本格調理ができる深皿が付属

_MG_8134→→→_MG_8136

もちろん本格調理だけではありません!

オーブンレンジの基本は「焼く」でしたが、今季から新搭載の深皿を使うことで、煮込む、茹でるなどの幅広いメニューに対応するようになりました。写真のように、乾燥パスタを水に浸し、トマトソースや具材を投入するだけでトマトソースパスタが完成。ボタンを押すだけで、パスタやアクアパッツァなど、本格調理までもが簡単にたっぷり作れるんです。

 

最後におすすめするのは、シャープの「ヘルシオ AX-XP200」

AX-XP200-R

実勢価格¥183,830前後(本日発売!)

問:シャープお客様相談窓口 0120-078-178

 

最後は「健康に気を遣い、細かいレシピも見たくない!という方」におすすめの商品です。

なぜなら・・・

■赤外線ムーブセンサー&温度センサー&ウォーターヒート技術により、解凍不要! レシピ不要! はかり不要!

_MG_8387→→→_MG_8450

ヘルシオといえば、過熱水蒸気だけで調理することで、余分な脂や塩分を落としつつ、食材の栄養素を多く残せるウォーターオーブンということで、健康に気を遣う方にはもってこいのオーブンレンジですよね。

さらに今季からは、そのウォーターオーブンの特性を生かした新機能として、好みの材料・分量・異なる温度の食材をまとめて調理できる「まかせて調理」メニューを搭載しました。なにがすごいって、この機能、常温の野菜・冷蔵のお肉・冷凍のシーフードを一気にそのまま並べてボタンを押すだけで、すべての食材がちょうどいい仕上がりになるんです! その秘密はヘルシオならではの「過熱水蒸気」にあり、その特性としてより低温のものから温めるので、常温と冷凍の食材が混ざっていても問題ないとのことです。

 

scene04_02_re02scene04_02_re02scene04_02_re02

また、写真のように赤外線ムーブセンサーが庫内の食材の量をはかり、温度センサーがそれぞれの温度を認識するので、はかりやレシピも不要です。庫内も以前より大きくなり、使い勝手がアップしました。

 

 

以上がMonoMax的今季おすすめオーブンレンジです。ほしい商品は見つかりましたか?

それぞれのライフスタイルに合わせた家電選びをぜひご検討ください。

 

編集部/小野

 

 

【関連記事】

氷点下ストッカーDでさらに美味しく解凍【三菱冷蔵庫】

写真の新しい楽しみ方「写プライズ」でスマホの写真をプリントしよう!

すでに売り切れ続出! Bose新作スピーカーSoundLink Miniとイヤホンに注目

 

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグから探す

MonoMax Webを購読する

Twitterでフォロー

@MonoMaxWEB

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読